誰でも使えるマルチ商品を提供するイーラーニング研究所

「イーラーニング研究所ができた理由」

日本では近年、経済格差による教育格差が生まれていて経済的な理由で大学に進学したくてもあきらめざるを得ないという子どもたちも少なくありません。しかし学習塾に通わなくても低価格でいつでもどこでも学習ができるということになれば、経済的な理由で学習塾に行けず大学にも行けないということがなくなります。イーラーニング研究所はこのようなことを考え、誰でも平等に勉強できて将来の夢や希望が実現できるような取り組みを行ってきました。健全な教育環境を作って子どもたちの未来を支えるために、2002年9月に設立されたのが「イーラーニング研究所」で、提供するようになったのが「フォルスクラブ」なのです。

「イーラーニング研究所のシステムと学習方法」

イーラーニング研究所のフォルスクラブには、家庭向けのサービスとスクール事業があります。家庭向けの事業としては、子どもには充実した教育環境、大人に対しても生涯教育の環境を提供できるよう、子どもから大人まで幅広く活用できる学習コンテンツの「マルチ商品」を開発し提供しています。また学習だけでなく生活をしていく中で、鍵や水回りに関するトラブルや困りごとについても対応できる「サポートサービス」も提供しているので、学習面も生活面に関しても「マルチ商品」といえるコンテンツを提供しているのです。家族一人が10000円の入会金で契約すれば、月額6000円で子どもから大人までの家族5人まで利用ができます。スクール事業としては、そろばんやロボットスクール、子ども未来キャリア塾などを展開しています。

「マルチ商品ともいわれる多彩なイーラーニング研究所のコンテンツ」

学習コンテンツには幼児向けには音楽を楽しみながら脳に刺激を与え脳の成長を促す「音感育脳システム」、小学生向けにはロールプレイングゲームを楽しみながら英語学習ができる「英語アプリ」、恋愛ストーリーを進めながらゲーム感覚で英会話を学ぶ「恋の英会話」、全国の教科書に対応し予習復習が一つでできる「高校生向けeラーニング」、一流講師による塾と同じように学べる「大学入試対策講座」、資格取得のために過去問題を好きな時間に好きなだけ繰り返し説くことができる「資格対策シリーズアプリ」、また「生活のトラブルや悩みを解決する「ライフサポートとお悩みホットライン」など小さな子供から大人まで活用できるマルチ商品を提供しています。

「イーラーニング研究所はマルチ商品を提供している?」

マルチというのはどんなことにも対応できるということで、イーラーニング研究所のように子どもから大人までマルチに使えて、家族一人だけでなく家族5人までマルチに利用できるという意味ではマルチ商品を提供していると言えます。しかしこのようなマルチ商品を提供しているからと言ってマルチ商法をしているのでは決してありません。むしろマルチ商品を提供していても月額料金も一般的な塾よりも低額で、しかも家族5人まで使えるという方法で良心的なサービス提供しているのがイーラーニング研究所なのです。

学習サービスで有名なイーラーニング研究所とマルチ商品

【マルチ商品とイーラーニング研究所】

イーラーニング研究所は子どもの教育格差をなくすために2002年に設立され、現在も幅広い学習サービスを提供しています。
独自のイーラーニング教材を次々に発表しているので、マルチ商品と呼ぶ人もいます。
マルチ商品のマルチは、マルチな才能など複数という意味で使われることが多いです。
ビジネスの世界ではマルチ商品というと眉をひそめる人もいます。
日本ではネットワークビジネスが盛んですが、ネットワークビジネスに関しては様々な意見があります。
海外から入ってくるネットワークビジネスも多く、登録会場には多くの人が訪れます。

【誤解されてしまう理由】

用語が間違った意味で捉えられることは多いです。
有名なのは「役不足」あたりかもしれませんが、そうした慣用句以外にも多数の言葉が、従来と間違った意味として認識されてしまうことがあります。
例えば「宗教」。
仮に検索エンジンの予測候補で「株式会社○○ 宗教」と記載されていたら、多くの方が眉を潜めるでしょう。
その意味を「宗教的に洗脳して、従業員を操り人形にする会社」と認識する方が多数だと思います。
しかし、宗教圏の国では、宗教という意味を言葉通りに受け取ります。
普通にキリスト教やイスラム教として捉えます。
このように、地域や文化によって、その文字の解釈が異なってしまうことがあるのです。

【イーラーニング研究所の教材とマルチ商品】

イーラーニング研究所の教材やサービスを愛用している人は、マルチ商品とは呼ばないです。
マルチ商品と呼ぶと勘違いする人もいるので、マルチ商品でなく教材名やサービス名で呼びます。
初心者で商品やサービスを購入する場合は、事前に慎重に調べてから購入することが大切です。

【イーラーニング研究所の人気事業】

イーラーニング研究所の人気事業といえばフォルスクラブです。
フォルスクラブは家庭を対象にしたイーラーニングサービスで、自社の学習ブランドを通してイーラーニングという仕組みを広げています。
誰でも公平に教育を受けることで、日本はより豊かになります。
イーラーニング研究所が提供している学習教材や学習サービスは、良質でリーズナブルです。

【フォルスクラブが人気を集める理由】

イーラーニング研究所の中核を担っているフォルスクラブも、充実したコンテンツが格安で利用できます。
フォルスクラブに入会すると、自分が選んだ学習システムで能力を高められます。
フォルスクラブは子どもも大人も楽しめる教育サービスです。
子どもに充実した学習環境を与えるだけでなく、親にも生涯学習の場を提供しています。
学習を通して夢を実現できるようにサポートするのが、イーラーニング研究所とフォルスクラブです。
これまで多くの人がフォルスクラブで能力を磨いています。
イーラーニングは場所を選ばずに学習できるのが大きなメリットです。
1契約で家族5人までの利用が可能なので、1人分の料金を考えるとかなり安くなります。
スタンダードプランは家族で好きなだけ使って月額6000円です。
幅広い学習コンテンツを提供しているフォルスクラブは、暮らしを快適にするサービスも提供しています。
水まわりのトラブルや鍵の紛失、パソコンの問題など生活をする上で発生する様々な問題を専門家が解決します。
法律の専門家である弁護士や税金のエキスパートである税理士と提携しているので、安心して相談ができます。
サービス内容に不安な点があれば、メールでも電話でも問い合わせが可能です。
問い合わせ内容によっては回答に時間がかかることがありますが、きちんと回答するので安心して問い合わせができます。
メールも電話も平日営業時間内の回答になります。

イーラーニング研究所とマルチ商品について

【ネット上で話題になっているマルチ商品とマルチ商法】

ネット上ではマルチ商法という言葉がよく出てきます。
マルチ商品とマルチ商法は異なります。
マルチ商品は複数の活用法がある商品のことを指します。
簡単にいえばマルチに使える商品です。
マルチに使えるのでマルチ商品と書いても問題ないと考える人もいますが、マルチ商品と書くと勘違いをする人もいます。
マルチ商品と広告に出すとマルチ商法と間違われるリスクがあります。
マルチ商品とマルチ商法の違いを記載したとしても、先入観で見られてしまうと損をします。
マルチに使えるのでマルチ商品と広告を出したい場合でも、表現を変えた方が間違えられずに済みます。
健全なビジネスをしている場合でも、変なイメージが付くと商売に支障が出ることもあります。
マルチ商品などマルチが付く言葉を使う場合は、慎重になることが大切です。
マルチ商法は、一般的に販売システムを指します。
販売組織に入った加入者が別の人に商品を売って組織に加入させ、マージンを受け取ります。
新しく加入した人も別の人に商品を売り、その人を加入させるというピラミッド式の商法がマルチ商法です。なお、ピラミッド状が成功する人は少なく、実際は2、3本程度です。1本も成功せず、永久にダウン層のままの方も多いです。

【マルチ商法と法律】

ネット掲示板ではネットワークビジネスもマルチ商法と同様に話題になりますが、ネットワークビジネスもマルチ商法も合法です。
連鎖販売取引の規定を守っていれば合法ですが守らないと違法になります。
質の悪いものを高い価格で販売していると違法と判断されることもあります。
商品を販売している会社自体は法律を守っていても、販売する人間が自分の利益のために特定商取引法に違反するケースもあるので注意が必要です。
特定商取引法を守っている場合は違法ではないですが、法律に詳しくない販売員の中には何も考えずに違法な販売をしてしまう人もいます。
問題のある販売をしている人から声をかけられても、取り合わないことです。
誰でも簡単に稼げるなどと誇大表現を使うことは禁じられています。
誘って断られたのに何度も誘うことも禁止です。
公共の場所以外で連鎖販売取引に誘うことも違法になります。

【健全なビジネスなのにマルチ商法と間違われることもある】

日本では様々なビジネスのスタイルがあるので、商品を購入する人が賢くなることが大切です。
ネット掲示板では健全なビジネスなのに間違った情報を流されるケースもあります。
イーラーニング研究所も間違った情報を流された企業の1社です。
イーラーニング研究所ではすぐに声明を出しています。
会社が販売している商品やサービスを見れば間違った情報だということはすぐにわかりますが、中には根拠のない噂を信じてしまう人もいます。
会社側も悪質な噂には法的な措置を取ることがあります。
ネット掲示板は便利ですが、利用する側も情報を鵜呑みにしないように注意することが大切です。

【大手メディアでも注目されるイーラーニング研究所】

大手メディアからも注目され記事が紹介されているイーラーニング研究所は、マルチ商法とは無関係です。
イーラーニング研究所はインターネットを活用した学習サービスを提供しています。
優れたコンテンツを提供しているイーラーニング研究所は、子どもから大人までファンが多いです。
教育格差が社会問題となっている日本ですが、イーラーニング教材とインターネット環境があれば誰でも好きなときに勉強ができます。
最近話題になっているのがイーラーニング研究所のスクールTVです。
スクールTVは無料動画学習サービスで、教科書に対応した授業の動画が見放題という特徴があります。
イーラーニング研究所のスクールTVは、テレビを見る感覚で楽しく学ぶことができるので好評です。

イーラーニング研究所の学ログで詐欺に強くなれる大学探し

【イーラーニング研究所の便利なサービス】

イーラーニング研究所は便利なサービスが多いです。
2002年に設立されたイーラーニング研究所は、独自の教材やサービスを次々と発表しています。
イーラーニング研究所の人気サービスのひとつが学ログです。
学ログは学校情報サイトで幼稚園から大学まで全国の学校情報を集めたデーターベースがあり、学校に関する口コミ情報を投稿できます。
学校側が出している情報だと知りたいことがわからないケースもあります。
実際に学校に通っている人の情報を掲載することで、身近で有用な情報が集まります。

【ユーザーの視点に立ったサービスを提供している学ログ】

イーラーニング研究所が力を入れている学ログは、ユーザーの視点でサービスを提供しています。
大学を調べたい場合は、大学と大学院のページを選ぶと目的の大学情報にアクセスできます。
レビュー投稿数ランキングや評価ランキングがあり、総合平均評価が高い大学を瞬時に把握することが可能です。
口コミ情報をチェックすることで、自分に合った大学を絞り込むことができます。
詐欺に強くなれる大学を探す人もいます。
日本人は人を信じやすいので、海外に行っても詐欺にあう人が多いです。
海外では日本人観光客だとわかると詐欺師に狙われやすいので注意が必要です。
残念ながら日本国内でも詐欺事件は後を絶たず、大きな詐欺事件だとニュースで報道されます。
詐欺にあわないためには日頃からの鍛錬も必要になります。
詐欺にあう人は他人を信じやすい傾向がありますが、日頃から心身を鍛錬することで感覚を研ぎ澄ますことができます。
大学で勉強とスポーツに打ち込むことで、効率よく心身を鍛錬することが可能です。
心身を鍛えることで隙がなくなります。
詐欺師は人間の心の隙を上手に利用するので、心身を鍛えることは詐欺の防止にもつながります。
勉強とスポーツのカリキュラムは各大学で異なるので、学ログなどの情報サイトを上手に活用して自分に合った学校を探します。

【イーラーニング研究所が提供しているサービスを上手に使う】

イーラーニング研究所が提供している学ログを使ってみたい場合は、まず会員登録を行います。
評価機能やコメントを投稿する機能を利用する場合は会員登録が必要になります。
会員登録が完了したら、知りたい教育機関の種類を選びます。
すでに知りたい教育機関が決まっている場合は、ダイレクトに検索することができます。
直接学校名を入れれば、すぐに検索結果が表示されます。
検索をするときは教育機関の正式名称を入力します。
教育機関のページには投稿ボタンがあり、コメント投稿と評価投稿ができます。
投稿は新着順や評価が高い順など好きなように並び替えることが可能です。
学ログには過去の閲覧履歴機能が搭載されているので、過去に見た教育機関のページをすぐに探し出せます。
ストレスフリーで使えるのも学ログの特長です。

【教育のグローバルネットワークを創造するイーラーニング研究所】

学ログを提供しているイーラーニング研究所は、教育のグローバルネットワークを創造し続けています。
家庭向けのイーラーニングサービスとして事業の中心になっているフォルスクラブや、動画学習サービスのスクールTVは学ログと同様に人気があります。

<↓学ログ↓>

http://gakulog.jp/

イーラーニング研究所で詐欺に強くなる

「イーラーニング研究所と詐欺との関係とは?」

イーラーニング研究所と詐欺が関係しているなどと言うと、関係者に怒られてしまいそうですね。ネットの掲示板ではマルチとかねずみ講という投稿をみかけます。ねずみ講は詐欺であり、イーラーニング研究所がそれをやっているなら、一度被害にあっておくことで詐欺に強くなれますね。でも、イーラーニング研究所はねずみ講ではありませんので誤解しないでください。ネットの掲示板では、悪意を持った人が悪口を書いていることもあります。例えば、オペレーターの対応が気に入らなかったなどの理由でネットに会社の悪口を書く人などです。イーラーニング研究所の会社情報を見てみますと、2002年9月設立とあります。16年以上も営業を続けているそれなりに歴史がある会社です。代表者氏名や住所などもしっかり書かれていますね。

「イーラーニング研究所で詐欺に強くなれる?」

イーラーニング研究所は詐欺会社ではないことがわかりました。悪質な会社が16年以上も営業を続けられるわけがないのです。というわけなので、イーラーニング研究所で一度騙されて詐欺に強くなるということはできませんね。最近ではオレオレ詐欺や母さん助けて詐欺などが急増しており、老後の大切な資金を数百万円も盗み取られるという事件が起きています。今も被害報告は頻繁に挙がって新聞の紙面を騒がせています。老後に数百万円をだまし取られるくらいなら、若い頃に数万円を詐欺で失っておいたほうがマシかもしれません。一度詐欺の被害にあってその手口を知っておくと、少なくとも同じ手口では騙されなくなるでしょう。しかし犯罪者もノウハウを蓄積して工夫を重ねているので、油断はできませんが、基本的には無知な人が狙われます。次々と新しい種類の詐欺が登場しており、その全てに対して事前に対策を行うのはかなり難しいといえます。信用を獲得するために架空のテレビ番組をでっちあげたものとか、どうやって対策すればいいのか見当もつきません。

「知識を身につけて武装をすることがおすすめ」

とはいっても、人生で一度でも詐欺にはあいたくないですよね。失うものはお金だけではないかもしれません。信頼していた人から騙されたという心の痛みも残ります。経験をしたことがない人が、それについて対策をねるためには知識武装が重要です。基本的には人は経験を積んで成長します。経験を積むことができないものに対しては、他のもので武装しなければなりません。警備員を雇う・セキュリティを強化する・弁護士などの専門家を雇うというようにお金で武装して犯罪を防ぐという手もあります。ほとんどの人はそこまではできませんので、知識で武装をすることがおすすめです。イーラーニング研究所の教材を使って知識を増やしましょう。

「詐欺にあわないためにはどうしたらいいのか」

詐欺師は基本的に弱者を狙います。テレビドラマなどでは強者を相手に戦う人が主人公だったりしますが、現実の詐欺師は弱者を狙うのです。ドラマや映画などの影響で勝手なイメージを持たないことも重要ですよ。しっかりと現実を見るようにするためには、新聞を読んだりニュースを見たりすることです。知識でしっかりと武装した人は、もはや弱者ではありません。弁護士並みの専門知識までは必要ないものの、できるだけ勉強しておくことが大切です。

だからイーラーニング研究所は詐欺ではない

無料で良質な授業を見ることができる

小学生・中学生のうちは、なるべく自宅で勉強する習慣をつけることが大切です。受験を意識する時期になると、塾に通って本格的な授業を受ける必要がありますが、それまでのうちは自宅で勉強するのが望ましいといえます。スクールTVでは、小学生・中学生が無料で利用できる授業が多いので、自宅での勉強をサポートしてくれるのです。だからイーラーニング研究所は詐欺ではないといえます。用意されている授業は良質なものばかりなので、安心して見ていられます。低学年の場合、長い時間の授業を受けたりすることに慣れていないこともあって、途中で集中力が切れてしまうことも多いです。その点、重要なポイントが整理されているスクールTVの授業なら最後まで集中力を維持することが容易になります。無料で見放題という点も、安心感につながっています。だからイーラーニング研究所は詐欺ではないのです。

分かりやすい説明が受けられる

どの授業でも、見ている児童・生徒にとって分かりやすくなければ意味がありません。スクールTVは、小学生・中学生を対象とした授業を提供しているため、できるだけ分かりやすく説明するように努めています。だからイーラーニング研究所は詐欺ではないのです。また、授業内容が充実しているだけでなく、親しみやすさにも配慮しているのが特徴です。勉強が苦手な児童・生徒でも、自然と授業に引き込まれていきます。だからイーラーニング研究所は詐欺ではないといえます。

豊富なドリル・教材が用意されている

スクールTVでは、ドリルや教材を豊富に用意しているため、児童・生徒に合っているものを見つけることができます。学んだ知識を定着させるためには、しっかりと復習することが欠かせません。効果的な復習の方法は人によって異なるため、スクールTVは複数のやり方を用意しているわけです。だからイーラーニング研究所は詐欺ではないといえます。1人で勉強するのが好きだという児童・生徒には、自力でドリルに挑戦するトレーニング形式が向いています。また、他の人と競争することで力を伸ばせるならバトル形式を選ぶのがよいです。複数の形式がある点がポイントになります。だからイーラーニング研究所は詐欺ではないのです。

利用者が作る情報サイトがある

効率よく勉強を進めていくためには、授業内容を充実させることに加えて、信頼性の高い情報を提供することも求められます。スクールTVでは、一方的に情報を提供していくのではなく、利用者が中心となって作っていく情報サイトを用意しているのが特徴です。だからイーラーニング研究所は詐欺ではないといえます。このようなサイトがあることで、利用者がより積極的に利用したいと思えるようになります。スクールTVの側から提供される情報を受け取ることも大切ですが、それだけでは必ずしもユーザー視点に立った情報が集まりません。ユーザーがどのように感じているかを反映させることが必要になるため、利用者が作るサイトの存在意義があるのです。だからイーラーニング研究所は詐欺ではないわけです。

フォルスクラブを通して香港市場の口座を開設する

フォルスクラブを通して、香港市場の口座を開設することを考えている方はおられるでしょうか。そのようなことを考えている方の大半は、既に東京市場で取り引きを開始されていると思われます。また、あまり心の引かれる銘柄が無くなってきており、次に何を買おうかと考えておられるのかもしれません。そんな時、フォルスクラブを通して、香港市場の口座を開設しようとしていると思います。


フォルスクラブは、香港市場で口座を開設するツアーガイドのようなもので、一人で出来るならば良いですが、言語面で難しい所もあるのでこのツアーガイド、フォルスクラブを用いるのも手の一つです。一般には、必ず香港に行って口座を開設する必要があり、その後どこででも香港市場に参加することが出来るというシステムになっています。


次に、香港市場なのか、ニューヨーク市場に参加するかは、自分の希望次第です。でも香港市場ならば、フォルスクラブを通して口座を開設するのは容易と言えます。以前提供された映画で、このフォルスクラブが香港で香港市場の口座を開設するというものがありました。その名残りでまだこの名前、フォルスクラブという名前が残っています。この映画がもしニューヨークが撮影場所であれば、フォルスクラブと言えばニューヨーク市場へ口座を開設しに行くという意味になっていました。それで、香港市場にするかニューヨーク市場にするかは自分次第ということです。そこで扱われている銘柄は、まるっきり違うというのはいうまでもありません。しかし日本との位置関係から考えると、とりあえずは香港に行く方が手頃です。


しかし今現在、この株の取引はだいぶ身近なものとなっており、口座開設がインターネットを通して行えるようにもなっています。また、その中で売買を出来るようにもなっています。株の取引と言えば専門業のように感じてきましたが、だいぶ多くの人が手を出せるようになっているので助かります。


ニューヨーク市場は、世界のトップを走る取引額です。東京市場の何倍にもなります。それで取り引きの銘柄のバリエーションの面から考えると、ニューヨークにかなうものはないです。さらに中国の株は、外国人が買いにくいシステムともなっています。あまり海外からの侵入を嬉しく思わない傾向が、海外からのお金が流入しないシステムが、中国の株市場の取引額を抑えている原因があります。ですが、アジアの中で香港市場は、東京市場に匹敵する取引額ですから、やはりどちらの方面へ手を伸ばすか考慮する必要があります。周りの人たちが入りにくい市場ということは、逆にチャンスだと感じる人もいるでしょう。


株取り引きは、資産が自分にあり、その見合った額を使用するには資産運用の一つの形と言えますが、それを超えて借金をしてでも元を取る、儲けようと思うと一線を超えてしまっているのかもしれません。堅実な仕方での資産運用を行うことをお勧めいたします。

eラーニングのフォルスクラブの香港市場進出

私たちの生い立ち中での学習は、先生の授業を受けノートをとり、帰宅後に宿題やノートを見ながら復習するというプロセスが主なものでした。学校での単位制の考え方も、アメリカの労働者が働く時間を基準に、授業の前の予習に授業時間と同じ時間をとり授業を受け、帰宅後に授業時間と同じ時間復習を行うというものが基本での学習です。この様に現在の学校の授業時間の考え方は、基本的にこれまで行われてきたような先生が教室で授業を行うというモデルの上に成り立っています。


しかし、学ぶ事が爆発でき増えてきている現代においてこの様な学習時間のモデルは成り立たなくなりました。また、その知識についても教室の中だけでは表現できないものも多く出てくる様になってきました。この様な事に対応する為に少し前から授業中にテレビを用いる事が盛んに行われるようになりましたが、実際の授業とは異なり情報がテレビから生徒への一方通行となり、不備が指摘されています。


この様な事も含め、また近年インターネットが急激に普及してきた事もあり、インターネットを用いたeラーニングの導入が試みられています。eラーニングとはインターネットにつながった自分のパソコンやスマートフォンにソフトウェアをダウンロードして、送信会社と自分との間で画像と音声の送受信を行い勉強を行うシステムです。必要な機器は、インターネットにつながったパソコンやスマートフォンだけですので、この環境整備を行うだけで日本中のどこにいても移動中でも授業を受ける事が可能です。その為、自宅でなくても喫茶店の様な場所での学習もできます。フォルスクラブは、この様な時流を的確にとらえてeラーニングを積極的に展開しています。フォルスクラブのeラーニングコンテンツは様々の分野に及んでいますが、特に優れていると言われているのが英語学習コンテンツです。eラーニングでは語学学習に必要なネイティブの発音をつぶさに聞く事と繰り返し学習を効果的に行う事ができます。現在は国内のみ活動ですが、この様な強みを持つコンテンツを有する事からフォルスクラブは世界的な事業拡大を試みています。


その中で、フォルスクラブが目指している事に香港市場への進出があります。世界の中でもアジア地域やアフリカ地域は成長が著しい地域で香港市場もその1つです。その為、世界中の様々の分野の企業が香港市場への進出を行っています。また、この様な事から香港市場では巨額の資金調達が可能となる為に、フォルスクラブの様な国際的活動の為の資金を求めて数多くの企業が進出を目指します。


フォルスクラブの香港市場への進出が可能かどうかについては、ひとえにフォルスクラブの活動が香港市場で認知されて賛同をえられるかにかかっています。その為には、フォルスクラブは香港市場において他企業がどの様に活動しているかの調査は重要になります。いくつかの関門を通過できた後にフォルスクラブの香港市場への進出は達成されます。

フォルスクラブの香港市場進出について

私たちは、小さいころから色々な勉強をしてきます。生まれて少しした幼年時代には幼稚園や保育園に行きます。そこでは、基本的な事や他人との関わりを通しての社会生活を学びます。幼稚園や保育園を卒業した後に行くのが小学校です。小学校では、本格的な学習が始まります。また、友達との接し方についてもより主体的で高度なものになります。小学校を卒業後は中学校や高等学校に進学します。これらの学校では、青春期を迎える事も含めて様々の刺激があり多様性が増します。学習面でも高度なものとなります。その後、多くの人たちは大学へ進学し、成人となって社会へと入ります。

私たちはこの様なリアルな学習システムを通して学び、精神的にも肉体的にも成長してきました。その基盤となっているリアルな人間関係は濃密である事から良い面も悪い面もあります。良い面としては、教師との距離が近いために分からない事があればすぐに不明な点を尋ねる事が出来、その回答について更に分からないところがあれば尋ねなおす事ができる点です。また、その伝え方も身振り手振りなどを含め言語以外での意思伝達も可能です。それに対し悪い面としては、教育の授受が物理的に近距離でなければならいという制限がある事です。つまり、教師と生徒は物理的に大変近い位置にいなければならいという事が必要です。この事は、多くの生徒が教室に一堂に集まるという様な事が可能な場合に成り立ちます。


しかし、学習の内容や受講生の状況からこの様に一堂に集まる事が困難である場合があります。この様な問題を解決するのが、最近急激に発展しているインターネットを活用したeラーニングです。このeラーニングを活用する事により受講者は自分の居場所に関係なく様々の学習を行う事ができます。フォルスクラブはこの様なeラーニングを様々の分野で行います。特にフォルスクラブの特徴は英語教育に強いという事です。この様な事もあり、フォルスクラブは企業活動の世界への拡大を狙い香港市場への進出を準備しています。


香港市場は世界でも最も活気のある市場でアジア地域の様々の企業が進出を目指しています。フォルスクラブが香港市場に進出するためには幾つかの関門がある事の指摘があります。まず言われるのがフォルスクラブが香港市場で支援を受け活動を続けることができるかという事です。これにはフォルスクラブの香港市場におけるプレゼンスを如何に示す事ができるかにかかっています。この基盤となるのが率直に言って、フォルスクラブが香港市場で儲ける事ができるかという事です。フォルスクラブのeラーニングシステムが香港市場で受け入れられるかどうかは大きなかぎになります。当然のことながら、フォルスクラブの企業定款が香港市場の基準にあっているか。これまでフォルスクラブが企業定款を守って活動を行ってきたかという事も香港市場への進出についての1つの注視しなければならないポイントになってきます。