マルチ商品を扱わないサービスと福士蒼汰の関係

福士蒼汰がプロモーションするサービス
福士蒼汰といえば、現在最も有名活才能ある若手俳優の一人として活躍していますが、最近フォルスクラブの広告にも出演していて注目を集めています。福士蒼汰といえばマルチに活躍する国際派俳優になることが期待されている一人ですが、フォルスクラブもマルチに活躍できる人材を育てる教材を扱うという点では共通点があるのかもしれません。フォルスクラブはマルチに活躍する人材を育てるべく様々なコンテンツを配信していますが、それはマルチ商法という事では全くありません。

 

マルチ商品を扱わない理由とは
フォルスクラブは時折マルチ商法なのではないかという説がネット上でもまことしやかにはびこっていますが、マルチ商法やねずみ講が商品の内容や品質よりも人数を集めていかに多くの人を自分の下につかせるかという事だけに重点を置いているのかに対し、フォルスクラブはマルチに活躍できる人材を育てることをモットーにしているだけでマルチ商品を扱っているわけではありません。一部でマルチ商品を扱うマルチ商法なのではないかと揶揄されることが有りますがこれは全くの誤解です。

 

マルチ商品を扱わなくても商売が成り立つフォルスクラブ
福士蒼汰が広告に起用されるフォルスクラブは、福士蒼汰の効果で更に注目度がアップしている傾向にありますが、マルチ商品を扱っているといううわさでも多少注目を集めてしまうことがあります。マルチ商品を扱っているというと何となく聞こえが悪いですが、マルチ商法でもなければねずみ講でもなく、多くの人に平等な教育がいきわたるよう工夫されているのが福士蒼汰が広告に起用されているフォルスクラブの特徴です。

 

インタビューにもこたえる福士蒼汰
フォルスクラブが発行する冊子では福士蒼汰が独自の視点で教育について語っています。福士蒼汰からの目線で語られるフォルスクラブはマルチ商品ではなく、思わず学びたくなってしまうコンテンツが充実しているという内容が語られています。国際的に注目を集め始めている語学の堪能な福士蒼汰からも一目置かれているのがフォルスクラブです。対談の内容はフォルスクラブ発行の冊子で知ることが出来ます。マルチ商品を扱っているといわれるフォルスクラブですが、月額制のしっかりしたコンテンツばかりのコストパフォーマンスに優れた学習システムですし、月々6000円支払えば家族5人まですべてのコンテンツを利用することが出来るのも魅力です。学習塾に行くのは高くて心配、予備校に行きたいけどお金がない、そんな方にもフォルスクラブなら家族で6000円支払えば幼児から大人まで語学やその他さまざまな知識を吸収することが出来ます。これは一人当たりに換算するとかなりの節約になるのではないでしょうか。マルチ商法やねずみ講と言われるのは首をかしげてしまうほどコストパフォーマンスに優れたサービスを提供するのが、フォルスクラブです。

マルチ商品と違うフォルスクラブを紹介する福士蒼汰

フォルスクラブはマルチ商品ではない
フォルスクラブといえば、マルチな人材を育成するための語学教材やその他資格取得、学校の教材に即したネットを使った学習など様々なコンテンツを配信していますが、最近イメージキャラクターに福士蒼汰が起用されたことによってもともと人気のあったサービスがさらに注目されることになりました。福士蒼汰といえばマルチに活躍しているタレントで語学が堪能な事でも知られています。そんな福士蒼汰はマルチ商品を扱わないフォルスクラブのキャラクターにぴったりと言えるでしょう。

 

マルチ商品と言われる理由
フォルスクラブがなぜマルチ商品を扱っているといわれるのでしょうか。サービス自体は月額制でしかも低価格です6000円を支払えば家族5人がすべてのコンテンツを利用できますし、入会金も1万円ですので幼児から大人まで家族全員でコンテンツが利用できることを考えれば安すぎるのではないでしょうか。マルチ商品と言われるゆえんはおそらくその販売方法にありそうです。

 

福士蒼汰とフォルスクラブの関係
マルチに活躍を続ける福士蒼汰は最近活躍が目覚ましく男女問わずファンを増やしていますが、フォルスクラブもそれは同じことかもしれません。キャラクターを務めているだけあって語学が堪能な福士蒼汰の国際的な活躍はそう遠くないかもしれません。一方フォルスクラブも語学だけでなく資格取得や大学受験、手話や音感の育成など幼児から大人まで幅広く年齢層をカバーしている教育コンテンツには目を見張るものがありますが、これがなぜマルチ商品と言われるのか理解に苦しむところでもあります。

 

フォルスクラブの魅力
福士蒼汰がプロモーションをしているフォルスクラブがマルチ商品と言われるのは、プレミアム会員から購入することができるからという一見ねずみ講のように見えたりマルチ商法のように感じる人が一部でいるからなのかもしれません。フォルスクラブはネット上から申し込んで月額払いで利用するほか、プレミアム会員と呼ばれる選ばれた会員から教材を購入するという方法でも利用できます。しかし、プレミアム会員は誰でもなれる物江は無く、会員になるときには推薦が必要などかなり条件を求められるハードルが高い立ち位置です。一般的にねずみ講やマルチ商法というと自分の下に人を増やすためなら手段を選ばなかったり商品は存在しないことすら以前はあったようです。つまり優良な教材として知られているフォルスクラブのサービスにマルチ商品は含まれませんし、福士蒼汰が広告に出ていることもあって最近では大人気の学習システムになっています。一部ネットでは事実と異なる内容のうわさがたっていますがこれはあくまで噂にすぎませんし教材自体は有効活用すると非常に学習には役立てることができるとネット上でも評判です。利用するにはインターネット上から簡単な手続きでスタートできる点も忙しい方に指示される理由です。

福士蒼汰はマルチ商品を宣伝しているのか

「福士蒼汰のCMのフォルスクラブとは」

福士蒼汰が「おもわず学んでしまう」というCMをしているフォルスクラブとはインターネットを使う教育サービスで、24時間365日いつでも都合の良い時に、何度でも学習をすることができます。幼児学習や小学校、中学校、高校などでの学習の補完から資格を取ったり教養を身に付けたい大人まで幅広い年齢層の人が利用できます。経済格差や地域格差による教育格差をなくすことを目指し、インターネットを使えば誰でもいつでも学べる場を提供するために設けられた「eラーニング」というシステムの会員の場がフォルスクラブということです。


「フォルスクラブの特徴」

フォルスクラブは子どもから大人まで幅広く利用できるという特徴があります。また家族の誰かが1人申し込めば5人まで利用できるという特徴もあります。子どもたちは学校の学習をし、両親は資格取得の勉強や語学勉強に利用するなどです。本来なら家族がそれぞれ塾やスクールに寄ったり通信教育をしたとしても5人分で数万円かかるところ、フォルスクラブに登録をすると5人でも月額6000円で利用することができます。10000円の入会金は必要ですが、入会金と月額料金だけですべてのコンテンツが利用できるという特徴があります。コンテンツは10以上の講座があります。さらにフォルスクラブに入会をすると学習をするだけでなく日々の暮らしの中で発生したトラブルや悩み事を解決する「サポートサービス」も利用できます。鍵や水回りのトラブルから金銭トラブル、人間関係のトラブルまで弁護士など専門家のサポートを受けることもできます。世間でフォルスクラブはマルチ商品を扱っているといううわさがありますが、マルチ商品とはその商品を買うと会員になれるというもので、しかも会員になると何らかの特典があるというものです。誰かに商品を購入してもらうとそのマルチ商品の額のいくらかもらえるとか、マルチ商品を購入して会員になってもらえれば報酬がもらえるなどの特典でどんどん会員を増やしていくという商法です。福士蒼汰が宣伝をしているフォルクスクラブはそのようなマルチ商品を販売しているわけでも勧誘をしているわけでもないのでマルチ商品を扱っているといううわさは噂にすぎないということです。


「フォルクスクラブと福士蒼汰」

フォルクスクラブのイメージキャラクターに福士蒼汰が起用されていますが、福士蒼汰はイケメンでさわやかでまじめな印象を受ける俳優なので、学習をする子どもの母親世代にもとても人気です。フォルクスクラブは教育格差をなくすために生まれた学習法なのにマルチ商品を販売していると噂されるとCMに起用されている福士蒼汰までもがマルチ商品を勧めているように誤解をされてしまいそうですが、フォルスクラブは会員になったからと言って他の誰かを勧誘したり、教材を販売して報酬をもらうなどは一切ないし、そのCMに関わる福士蒼汰もそれを勧めているという訳ではないのですさわやかな笑顔で「ひとりの入会で家族5人までが使えていつでも好きなだけ学習できる」という素晴らしい学習システムを純粋に伝えているだけです。

福士蒼汰さんがフォルスクラブをドンと紹介

公式サイトを覗けば福士蒼汰さんがドンと表示されています。
イメージキャラクターであり、「おもわず学んでしまう!」と紹介していますよ。
もしも福士蒼汰さんがフォルスクラブのCMでこの教材を紹介するとしたら、
どのようなものになるでしょうか?
CMだよ15秒の制約があるので、
ユーチューブとかでたっぷり3分くらいしてもらいたいところですね。
今回はそうした動画で福士蒼汰さんが
フォルスクラブのサービスをドンと紹介するとしたら、
どういったものになるかを考えてみたいと思います。

 

一番伝えるべきところはやはり
「おもわず学んでしまう!」といったポイントでしょう。
子供に塾や通信教材をやらせたいと考えている親御さんが
最も関心があるポイントはきっとソレです。
できれば「成績が上がる」かどうかも知りたいところですが、
100%成績が上がる塾など無いと理解していますので、
そうしたポイントは見ていないことが多いです。
しかし「おもわず学んでしまう!」といったポイントは理解しやすいでしょう。
「結果」ではなく「行動」になりますので、CMで効果を説明することが可能です。

 

では「おもわず学んでしまう!」ポイントにはどういったものがあるでしょうか。
一番は「楽しく学べる」でしょう。
子供は面白いものをしたがる生き物です。
楽しいことのみをして、楽しくないことは絶対にしません。
フォルスクラブの楽しさを福士蒼汰さんが伝えれば、
それを見ている方もその教材の良し悪しを直ぐに理解してくれると思いますよ。
イグモンとか恋の英会話とかラーニングアイズとか幼児向け音感育脳システムとか、
面白いコンテンツがたくさん揃っているのがフォルスクラブの特徴。
そういったコンテンツを興味を持てるように福士蒼汰さんが紹介すれば、
この教材の利用者は確実に増えると思いますよ。
プレイ画面を実際に流すのも有用でしょう。

 

子供に自主学習を促すならフォルスクラブはかなり優秀。
塾や通信教材で悩んでいる親御さんは福士蒼汰さんがオススメする
この教材を子供にさせるのはいかがでしょうか。

福士蒼汰さんがフォルスクラブを紹介するとしたら

福士蒼汰さんがフォルスクラブを紹介するとしたら、
どういう感じになるでしょうか?
テレビCMでも、静止画でも何でも構いませんが、
福士蒼汰さんをどのように出演すれば、
フォルスクラブの魅力が伝わるでしょうか?

こうした広告は色々な演出方法があります。
ギャグに走るか、真面目に紹介するか、
オーバーリアクションに解説するか、色々ありそうです。
ただし、ツマラナイものや、
印象に残らないものを作っても意味はありません。

塾や通信教育系のCMは良く見ると思います。
漫画やアニメチックなものも多いので、福士蒼汰さんを起用するなら、
それは声優になるかもしれませんね。
俳優に声優の真似事をさせるのはちょっと酷ですが、
少なくとも全くの素人にやらせるよりかは遥かにマシと言えます。

福士蒼汰さんの特徴を最大限に発揮するなら、
高身長のイケメンというところでしょうか。
上半身だけを映すのではなく、複数人が集まる中で、
福士蒼汰さんが目立つように配置するといったものが有用かもしれません。
そしてこうしたCMを見るのは基本的に親世代です。
特に主婦が多いと思われます。
いつの時代も、子供の教育について考えるのは母親の役目です。
仮面ライダーだって、いつの間にか、
若奥様をターゲットにしている風潮があります。

フォルスクラブの中身を紹介するものでしたら、
どのようなコンテンツを選びそうでしょうか。
フォルスクラブは複数のコンテンツが収録されており、
しかも年齢層はどれもバラバラです。
あらゆる年齢層に向けた教材ですが、
CMである以上はターゲットを絞った方が効率的です。
人気順で見るなら幼児向け育脳コンテンツですが、
それだと福士蒼汰さんを利用しにくいかもしれません。

そのコンテンツは親子でプレイするのが基本なので、
福士蒼汰さん単体ではなく、
どこかで赤ちゃんの子役を引っ張ってくる必要があると言えます。
24歳の福士蒼汰さんに小学生アプリをやらせるのも、
なんか違う気がします。
子供を対象にした教材をアピールするなら、
やはり子供を起用した方が良いかもしれませんね。