ネズミ男がフォルスクラブを利用して得たメリット

「ネズミ男とフォルスクラブの出会い」

マンガでもお馴染みのキャラクターであるネズミ男は、ゲゲゲの鬼太郎でみなさんがご存知であると思います。このネズミ男の特徴として、善と悪の中間に位置するという部分が注目されるポイントです。欲望に目がくらみ一度は鬼太郎の敵になるのですが、結局最後に失敗してしまうという流れはネズミ男本人も悔しい事でしょう。
そんなネズミ男はフォルスクラブに注目しているのです。それはなぜかと言いますと、フォルスクラブでは様々な資格取得やパソコンの技術などを習得できる会社だからなのです。いつも失敗を繰り返してしまうネズミ男は、就職などに役立つスキルを修得して独立したいと思っているはずです。ある時仕事に役立つ技術を学びたいと考えたネズミ男は、フォルスクラブの存在を知る事となります。そこには様々な資格に役立つシステムが確立されており、感銘を受けた本人は色々な方面にこの素晴らしさを伝えたいと思うようになりました。これがネズミ男とフォルスクラブの関係の始まりなのです。

「勉学への意欲」

皆様はネズミ男のプロフィールをご存知でしょうか。あまり詳しくご存知の方は少ないかと思いますが、身長が160センチで、体重49キロ、そして年齢はなんと360歳という高齢となっています。この年齢ではさすがに資格を取得しても雇用してくれる企業は無いかも知れません。ですが、ネズミ男は奮起するのです。就職に役立つだけが勉強ではない、自分磨きも含めて勉強なのだ、と学習へ向けての意欲をアップさせていくのです。学んでいく事への喜びや楽しさをフォルスクラブを通じて感じていく事になっていきます。

「なまけ学ではない役に立つ学習」

ネズミ男の特徴として300年以上風呂に入っていないと豪語し、身体中に皮膚病を持っているとされています。そして本人が言うには「怪奇大学不潔学科」で「なまけ学」の博士号を取得しているという不確定な発言が見られます。しかし、本人は密かになまけ学のような役に立たない博士号ではなく、実務に役立つような資格の勉強に興味を持ち、フォルスクラブを利用する事になります。

「水道修理は習得できなかったが他に得る物があった」

フォルスクラブが提供している教材やメゾットを活用してパソコンの技術や、Eラーニングを利用した学習を進めて利用していき色々な資格を学びました。ネズミ男は住まいの水道環境が悪い事から、水道関連の修理の資格も学びたかったようですが、さすがにフォルスクラブでも水道修理の資格は対象外でした。ですが、普段は金と女にしか興味が無かったようなネズミ男が、勉学に励んでいる姿を見た周りの人達が一目置くようになり、下宿の大家さんも水道修理を無償で行なってくれるなどの相乗効果を発揮しています。フォルスクラブでは学習がしやすい教材などを提供している事に加えて、学習意欲を向上する事ができる事も特徴です。ネズミ男のケースに代表されるようなプラス効果が本来学べる項目以外でも期待できる点がフォルスクラブのメリットであり、魅力の1つでもあります。

フォルスクラブで手話を学んだネズミ男

【ネズミ男がなぜ手話を学ぼうとしたのか】

これまでネズミ男は手話を習得しようと考えることはありませんでした。そもそも使う機会がなく、生活の中で手話を意識したこともなかったです。しかしある時に見たテレビ番組で手話をやっており、その時に手だけで意思を伝えることの面白さを感じたのです。こんな動きがこういう意味を持っているのかと奥深さを知り、自分でも学んでみたい気持ちになりました。使うかどうかはさておき、まるで知らないでいるよりも少しでも意味が理解できれば、人生の役に立つかもしれないという考えが芽生えたのです。

【フォルスクラブで学べることを知る】

問題はどこで手話を学ぶのかということでした。ネズミ男は手軽に学びたいと考えていたため、できればネットを通して学習をしたいと希望していました。そんな中で手話講座があると知ったのがフォルスクラブでした。フォルスクラブは子供から大人まで利用されている人気のサービスであり、ネズミ男自身もよく名前を聞いていました。しかし機会がなく利用することもなかったのですが、ひょんなことからフォルスクラブには手話講座もあることを知ったのです。これはまさにタイムリーな情報と感じ、そこからネズミ男はすっかりこちらの講座で手話学習にのめり込んでいきました。

【分かりやすく初心者にも最適】

フォルスクラブの手話講座を利用して感じたことがあります。それは、初心者でも非常に分かりやすい内容となっていることで、ネズミ男もスムーズに学習ができたと実感しています。特に助かるのが動画で学べることです。手話は動きで言葉を表現する言語ゆえ、テキストでは学びづらく感じてしまうものです。この点が他の言語とは大きく異なる部分で、どのように学ぶかによって理解度はまるで違ってくるでしょう。しかしそこはさすがフォルスクラブです。ユーザーの分かりやすさを第一に考え、動画によって実践的に学んでいくことができます。練習はもちろんテストもすべて動画で確認できるため、生きた手話を学ぶことが可能です。また、クイズ形式になっているところもあり、楽しみながら学べるのもネズミ男が良いと感じたところです。さらには映像を反転させて動きを確認できますので、左右が逆になってしまって混乱をすることもありません。ユーザー目線で開発された講座ゆえに初心者のネズミ男でも実のある学習ができ、フォルスクラブを学習先に選んで良かったと感じています。

【意味が分かった時の感動】

手話講座で学んだものの、実生活では活用をすることはまだできていません。そのため自分が成長できているのか、実感しにくい部分もあったのですが、ふとした時に学習の効果を体感できた時には嬉しかったです。それはテレビを何気なく見ている時のことで、そこには手話の映像が映し出されていました。その際、その動きがどのような意味を表現しているのか、字幕を見ずとも分かった時には感動的でした。ちゃんと学習ができている実感があり、フォルスクラブで学んだことは無駄ではなかったのです。ネズミ男が実際に体験して良いと感じたおすすめの講座ですので、手話に関心がある人にはぜひ活用してみてほしいです。

英語はネズミ男おすすめのフォルスクラブで学ぶ

【インターネット時代の学習コンテンツ】

今はインターネット時代なので、自分が好きなことを自由に学ぶことができます。
ネズミ男おすすめのフォルスクラブはイーラーニングで有名です。
イーラーニングはインターネットを有効活用した学習サービスで、フォルスクラブはイーラーニングの教材が豊富に揃っています。
ネズミ男は英語学習のコンテンツが気に入っているので、周囲にもフォルスクラブの教材を紹介します。

【学習格差をなくすフォルスクラブ】

ネズミ男が大好きなフォルスクラブは、子供の間にある教育格差をなくすために誕生したサービスです。
現在では幅広い年齢層の人々がフォルスクラブを利用しています。
家族で入会すればリーズナブルな料金で利用できます。
家族全員で使えるスタンダードプランは、月額料金6000円でフォルスクラブの全サービスを利用することが可能です。
新しく会員になる場合は、ホームページの新規会員登録ページに必要事項を入力して登録を完了させます。
支払い方法を選択して登録を完了すると、IDが届きます。
登録が完了した月が登録月となり、登録月の会費は無料になるのでお得です。

【英語を学習する人が多い日本】

日本では多くの人が外国語を学んでいますが、英語は最も学ぶ人が多い外国語です。
ネズミ男オススメのフォルスクラブも英語学習のコンテンツを豊富に取り揃えています。
恋愛ストーリーを進めながら英語学習ができる体験型英語学習アプリは、男女を問わず人気があります。
ネズミ男は恋の英会話ロンドン編がお気に入りです。
恋の英会話ロンドン編は、イギリスでの恋愛ストーリーがテーマになっています。
主人公はイギリスの女性で、男性キャラクターを3タイプの中から選ぶことができます。
日本語のナレーションが入っているので、初心者でもわかりやすいです。
男性キャラクターにはそれぞれ特徴があるので、ネズミ男もアプリを楽しんでいます。
選んだキャラクターや物語の進め方でエンディングが変化するのもアプリの特徴です。
様々なエンディングを見るためにプレイを続けていると、自然に英語が身につきます。

【語学学習は毎日の積み重ねが重要】

語学学習は毎日続けることが上達の鍵になります。
少しずつ英語の知識を身につけていくことで、しっかりとした基礎を築くことができます。
体験型英語学習アプリは高品質な画面が特徴で、美しい画像がアルバムのコレクションに追加されます。
獲得した画像は後から確認できるので、ネズミ男も気に入っています。
ストーリーを進めていくと途中でミニゲームがあり、ミニゲームを楽しむだけでも英語の学習ができるようになっています。
体験型英語学習アプリは大学編もあります。
ネズミ男は大学編も気に入っています。
大学編はキャンパスライフが中心のストーリーです。
3人の女の子キャラクターの中から好きなキャラクターを選び、ストーリーを進めていきます。
ゲームを進めながら英語力が身につきます。
途中でクイズのような選択肢があり、選択肢から答えを選ぶことで文法の勉強ができます。

ネズミ小僧はフォルスクラブでTOEICの勉強をする

英語力を図るために多くの試験が実施されています。
初めてそういった試験を受けたという方の多くは「英検」を受験したと思います。
ネズミ小僧も3級までは何とか合格したようですが、
準2級以上から急にレベルが上がったために挫折したようです。
ただこれは学校で学ぶ英語力を図るための試験という意味合いが強く、
実践的な英語力を図るのにはいささか不足しているという声も少なからずあります。
実践的な能力を図るのに最も有名なのはTOEICではないでしょうか?
学生だけでなく社会人の受験者も多く、
また企業によってはTOEIC何点以上の人間を求めていると求人票に
記載することもあるため、日本では一番信頼のおける英語力を図るための試験と
言えると思います。

ここでふとした疑問ですが、TOEICの資格(点数)は何に使えるのでしょうか?
就活で使えるくらいしかネズミ小僧は知りませんが、
TOEICで高得点を取ると、他にどのような場面で有効活用できるのでしょうか?
IELTSは海外移住申請に使える検定ですが、
TOEICも同様に何かしらの申請で使えたりしないのでしょうか?

ネズミ小僧が調べたところ、TOEICは世界で全くと言っていいほど通用しません。
英語を話す技術自体は通用しますが、TOEIC900点といったものは、
現地の方からしたら「まず、トイックってなに?」となっています。
今やTOEFLやIELTSがスタンダードになっており、留学や移住を考えるなら、
これらの検定を受ける必要があるとネズミ小僧は考えます。

それはさておき、ネズミ小僧はフォルスクラブでTOEICの勉強をしています。
海外で通用しないと言われていますが、ネズミ小僧がフォルスクラブで
TOEICを学んだことは社会生活で非常に役に立ちます。
そもそもTOEICはビジネス英語で、TOEFLはアカデミック英語です。
TOEICがビジネス英語であることから企業がTOEICの高得点者を
欲するのも無理はないと思います。
登場する専門用語も異なるため、
それぞれに合わせた学習が必要だとネズミ小僧は考えます。
それに、TOEICで高得点を取るには「高速文章読解力」と
1万程度の単語」を身に付ける必要があると言われています。
ビジネスで活躍するには、この2つのスキル・知識は必須と言えるでしょう。

ただし、ネズミ小僧はフォルスクラブで英語を勉強し始めたばかりなので、
体感的には500点程度でしょう。
まだテストを受けていないので、正確な点数は分かりませんが、
多分それくらいだと思っています。
ネズミ小僧は毎日少しずつフォルスクラブで勉強していますが、
そんな簡単に急激にレベルアップするものではないのです。
朝起きていきなり100点アップすることはなく、
コツコツと出来ない部分を出来るようにして、
点数を上げていくしかないのです。
スランプを脱するとか、壁を突破するとか、
そういった感覚はあまり英語では感じられない気がすると、
ネズミ小僧は考えています。

もしも感じられたら、
それは毎日自分の実力を確認していないのだと思っています。
TOEICで良い点を取るために、
ネズミ小僧はフォルスクラブでしっかりと勉強に励んでいます。

フォルスクラブが提供するサービスでねずみを紹介

フォルスクラブはねずみについて学ぶコンテンツを用意していません。
学べるのは高校生向けeラーニングの生物くらいで、
それでも哺乳類のカテゴリでまとめて紹介されているくらいです。
では無いなら作れば良いだけ。
フォルスクラブはユーザーが自由に問題集を作って、
全国のユーザーにプレイさせることができるのです。
コンテンツ名をふぉるぱと言い、
これを使ってねずみに関する問題集を作るのはいかがでしょうか?

 

ねずみが世界に与えている影響は非常に多いです。
有害な害獣の一種として認知されており、
日本人は弥生時代からこの小動物と戦ってきました。
米を保管する倉を二階に作り、
ねずみが登れないように「ねずみ返し」を設置していますよ。
ねずみの足は人間の足の100分の1しかありませんので、
このねずみ返しを突破することが出来ないのです。

 

また、中世のヨーロッパをみれば黒死病が広がっていましたよね。
それを広めたのはねずみと言われています。
この病気のせいでヨーロッパの人口が
3分の2になったのはあまりに有名です。
そして今もこの病気で悩んでいる地域もあります。
インドあたりで1000人ほどの被害者がいると聞いたことがあります。
たかがねずみですが、
フォルスクラブで生態を学習する価値は非常に高いと言えます。

 

ペットとしても人気でしょう。
ペットショップに行けばハムスターをたくさん見かけますよね。
また動物園に行けばカピバラさんが居ます。
カピバラ温泉は昔から高い人気を誇るのです。
ペットショップや動物園の飼育員でしたら、
フォルスクラブでねずみの生態学の問題を作ったら、
きっとやってくれると思いますよ。

 

フォルスクラブでねずみの問題を作る場合は、
以下のような感じでしょうか?

 

Q.1 成体のつがいが居ます。
1回の出産で必ず8匹生みます。
その8匹は必ずオス4匹・メス4匹になります。
1ヶ月で出産できるようになります。
3年後には何匹まで増えているか計算して答えなさい。
ただし寿命や事故、引っ越しで数は減らないものとする。

 

分かったらコメントのほど、お願いします。