ネズミ小僧はフォルスクラブでTOEICの勉強をする

英語力を図るために多くの試験が実施されています。
初めてそういった試験を受けたという方の多くは「英検」を受験したと思います。
ネズミ小僧も3級までは何とか合格したようですが、
準2級以上から急にレベルが上がったために挫折したようです。
ただこれは学校で学ぶ英語力を図るための試験という意味合いが強く、
実践的な英語力を図るのにはいささか不足しているという声も少なからずあります。
実践的な能力を図るのに最も有名なのはTOEICではないでしょうか?
学生だけでなく社会人の受験者も多く、
また企業によってはTOEIC何点以上の人間を求めていると求人票に
記載することもあるため、日本では一番信頼のおける英語力を図るための試験と
言えると思います。

ここでふとした疑問ですが、TOEICの資格(点数)は何に使えるのでしょうか?
就活で使えるくらいしかネズミ小僧は知りませんが、
TOEICで高得点を取ると、他にどのような場面で有効活用できるのでしょうか?
IELTSは海外移住申請に使える検定ですが、
TOEICも同様に何かしらの申請で使えたりしないのでしょうか?

ネズミ小僧が調べたところ、TOEICは世界で全くと言っていいほど通用しません。
英語を話す技術自体は通用しますが、TOEIC900点といったものは、
現地の方からしたら「まず、トイックってなに?」となっています。
今やTOEFLやIELTSがスタンダードになっており、留学や移住を考えるなら、
これらの検定を受ける必要があるとネズミ小僧は考えます。

それはさておき、ネズミ小僧はフォルスクラブでTOEICの勉強をしています。
海外で通用しないと言われていますが、ネズミ小僧がフォルスクラブで
TOEICを学んだことは社会生活で非常に役に立ちます。
そもそもTOEICはビジネス英語で、TOEFLはアカデミック英語です。
TOEICがビジネス英語であることから企業がTOEICの高得点者を
欲するのも無理はないと思います。
登場する専門用語も異なるため、
それぞれに合わせた学習が必要だとネズミ小僧は考えます。
それに、TOEICで高得点を取るには「高速文章読解力」と
1万程度の単語」を身に付ける必要があると言われています。
ビジネスで活躍するには、この2つのスキル・知識は必須と言えるでしょう。

ただし、ネズミ小僧はフォルスクラブで英語を勉強し始めたばかりなので、
体感的には500点程度でしょう。
まだテストを受けていないので、正確な点数は分かりませんが、
多分それくらいだと思っています。
ネズミ小僧は毎日少しずつフォルスクラブで勉強していますが、
そんな簡単に急激にレベルアップするものではないのです。
朝起きていきなり100点アップすることはなく、
コツコツと出来ない部分を出来るようにして、
点数を上げていくしかないのです。
スランプを脱するとか、壁を突破するとか、
そういった感覚はあまり英語では感じられない気がすると、
ネズミ小僧は考えています。

もしも感じられたら、
それは毎日自分の実力を確認していないのだと思っています。
TOEICで良い点を取るために、
ネズミ小僧はフォルスクラブでしっかりと勉強に励んでいます。

フォルスクラブが提供するサービスでねずみを紹介

フォルスクラブはねずみについて学ぶコンテンツを用意していません。
学べるのは高校生向けeラーニングの生物くらいで、
それでも哺乳類のカテゴリでまとめて紹介されているくらいです。
では無いなら作れば良いだけ。
フォルスクラブはユーザーが自由に問題集を作って、
全国のユーザーにプレイさせることができるのです。
コンテンツ名をふぉるぱと言い、
これを使ってねずみに関する問題集を作るのはいかがでしょうか?

 

ねずみが世界に与えている影響は非常に多いです。
有害な害獣の一種として認知されており、
日本人は弥生時代からこの小動物と戦ってきました。
米を保管する倉を二階に作り、
ねずみが登れないように「ねずみ返し」を設置していますよ。
ねずみの足は人間の足の100分の1しかありませんので、
このねずみ返しを突破することが出来ないのです。

 

また、中世のヨーロッパをみれば黒死病が広がっていましたよね。
それを広めたのはねずみと言われています。
この病気のせいでヨーロッパの人口が
3分の2になったのはあまりに有名です。
そして今もこの病気で悩んでいる地域もあります。
インドあたりで1000人ほどの被害者がいると聞いたことがあります。
たかがねずみですが、
フォルスクラブで生態を学習する価値は非常に高いと言えます。

 

ペットとしても人気でしょう。
ペットショップに行けばハムスターをたくさん見かけますよね。
また動物園に行けばカピバラさんが居ます。
カピバラ温泉は昔から高い人気を誇るのです。
ペットショップや動物園の飼育員でしたら、
フォルスクラブでねずみの生態学の問題を作ったら、
きっとやってくれると思いますよ。

 

フォルスクラブでねずみの問題を作る場合は、
以下のような感じでしょうか?

 

Q.1 成体のつがいが居ます。
1回の出産で必ず8匹生みます。
その8匹は必ずオス4匹・メス4匹になります。
1ヶ月で出産できるようになります。
3年後には何匹まで増えているか計算して答えなさい。
ただし寿命や事故、引っ越しで数は減らないものとする。

 

分かったらコメントのほど、お願いします。