eラーニング研究所がマルチ商品であるという話の真相は

●eラーニング研究所はマルチ商品ではない
最初に結論から書くとeラーニング研究所とマルチ商品は全く関係がなく、別物でしかありません。
eラーニング研究所はeラーニングに関する事業を行っていて、通信教育のサービスなどを展開していますが、マルチ商品の販売などは一切していないのです。
eラーニング研究所で提供しているサービスをより快適に使用ができるように、専用端末などの販売は行っていますが、それを購入するかどうかは利用者の自由であり、購入しなければならなかったりあるいは別の誰かに進めるというものでもありません。
特にネット上ではマルチ商品を扱う企業と思われているフシはありますが、全く関係はないのです。

 

●eラーニング研究所がマルチ商品とされる理由
eラーニング研究所がマルチ商品だと思われていることは完全な誤解でしか無いのですが、なぜ誤解が生まれたのかと言うと企業名と事業内容にあると予想されます。
世の中には研究所と名前はついていても、実際に何をしているのかよくわからないという組織があり、そのような組織に限ってマルチ商品などのいかがわしい商売をしているケースは多くあります。
eラーニング研究所のeラーニングという概念も最近になってできたばかりの言葉であるだけに、怪しいと思ってしまう人は少なくありません。
また、eラーニング研究所が手がけている事業として通信教育がありますが、これは古くからマルチ商品として扱われることも多かったため、この2つが結びついてマルチ商品であるという誤解が生まれたものだと考えることができます。

 

●eラーニング研究所が提供しているサービス
フォルスクラブはeラーニング研究所が提供する代表的な家庭向けのeラーニングサービスであり、誰でも公平に教育を受けることができ、しかもそれでいて安価という特徴があります。
IT社会の現代では学習法もIT時代にそった方法を選ぶことが重要であり、eラーニング研究所ではいち早くその重要性に気づき、早い段階から取り組みを行ってきました。
その結果として誕生したのがフォルスクラブであり、今までにはない安価で良質な教育を受けられる仕組みが生まれたのです。
子供から大人まで年齢性別問わずに学習できるフォルスクラブは、マルチ商品とは全く無縁の存在です。

 

●社会貢献活動にも力を入れている
多くの人に良質な教育を届けたいという思いを持っている企業であり、事業内容もより効率的な教育を受けられる仕組みを提供しているのがeラーニング研究所ですが、それだけでなく自社の取り組みを通じて社会貢献活動もしてきてます。
近年はeラーニングのハードルがだいぶ下がったとはいえ、専用の端末が必要になるなど、誰もが気軽に試すことができるものではありません。
そこで、eラーニング研究所では少しでも教育格差を是正するために、児童施設に自社の学習システムやパソコンやタブレット端末を寄贈する活動を行っています。

マルチ商品とは無関係のeラーニング研究所

●eラーニング研究所の事業内容
eラーニング研究所はマルチ商品を扱う企業だと言われることもありますが、全く無関係であり企業の名前の通り様々な学習法を提案している企業です。
家庭向けのeラーニングサービスであるフォルスクラブを筆頭にeラーニングポータルサイトである学デジ、皆で作る学校情報サイトの学ログから、資格試験対策アプリの資格対策講座といった様々な学習に関するサービスを提供しています。
これらはどれもマルチ商品とは一切無縁であり、世間一般で噂されていることは事実無根となっています。
まだまだ、新しい取り組みであるだけに誤解されやすい部分もありますが、eラーニング研究所はこれからの時代を担っていく企業なのです。

 

●マルチ商品と誤解される理由
eラーニング研究所がマルチ商品として誤解されてしまう理由としては、eラーニング研究所のことをよく知らずに勝手にマルチ商品だと思いこんでいる人が多いためということがあげられます。
更にeラーニング研究所のことを調べるときにはネットで情報を集めることになり、そうなると最初にマルチ商品だと言った人の情報を目にすることになり、それを見た人が同様にマルチ商品だと思いこんでしまいます。
知名度の高い企業であれば誤解も解けるのですが、eラーニング研究所は新しい企業であると同時に事業内容的にも理解されにくい部分があることから、誤解されてしまいやすいためマルチ商品だと誤解を生んでいるのです。

 

●魅力的なサービスが多いeラーニング研究所
誤解されがちなeラーニング研究所ではありますが、実際に提供されているサービスは非常に優れていて魅力的です。
その中の一つに挙げられるのがフォルスクラブで、家族全員で共用をすることができ家庭内でハイレベルな学習をすることができる通信教育となっています。
eラーニングの特長をうまく活かして、年齢性別を問わず誰もが学力向上に役立てることができ、更にリーズナブルな価格というのが大きな魅力です。
従来の通信教育にはなかった高品質と低料金を両立させ、学力を伸ばしたい知識を身に着けたいという願いを実現することができるサービスです。

 

●社会貢献活動も行っている
eラーニング研究所はeラーニングに関するサービスの企画や制作、開発販売を行っていますが、それを活かして社会貢献活動にも取り組んでいます。
日本は比較的教育格差が少ない国ではありますが、それでも地域家庭環境によって差があるのは紛れもない事実です。
特に近年重要視されているeラーニングは初期費用が大きくなりがちであるため、地域によっては全く電子機器を用いた学習ができないというところも珍しくありません。
そのようなところにeラーニング研究所では、フォルス学習システムやパソコン・タブレット端末の寄贈活動をしていて、少しでも教育格差をなくそうとこのような面からも教育問題に取り組んでいるのです。

eラーニング研究所は詐欺なのか?

 

「ラジオを聴いていると流れてくるeラーニング研究所のCМ」
私はジムに通っていて、そこで良くラジオを聴きながらトレーニングしています。

そこで必ず流れてくるのがeラーニング研究所の教材の宣伝です。

聞き流すだけで英語が話せるようになるというのです。

テレビコマーシャルでも以前プロゴルファーをイメージキャラクター採用して流していましたが、

調べてみると詐欺という言葉が結構出てくるんですよね。

ラジオでは想像をしながら聞く事になりますので、言われたことをそのままイメージしてeラーニングがどういうものか想像しているのですが、

赤ちゃんが言葉を話せるようになるのと同じメカニズムだと言っていますが、本当なのでしょうか。

詐欺というのは大げさかもしれませんが、その料金システムに疑わしいところがあるのかもしれません。

 

 
「eラーニング研究所は無料で試せるところからスタートできる」
詐欺というワードも出てきますが、eラーニング研究所のアイテムは、無料でCDを届けてもらうことができるので、

それで納得して始める分には問題ないのではないかと思います。

私も英会話が出来たらよいなと、海外旅行をして何度も思ったことが有りますが、

英会話教室に通う時間はあまりないのです。

それを考えると、電車通勤をする際に教材を聞き流すだけで本当に英語を習得することが出来たら

それは素晴らしい事ですよね。

多くの方が成功しているのも事実としてあります。

しかし、思うように効果が出なかったという方も中にはいます。

口コミは最終的には自分で確かめてみないと分からないので、詐欺かどうかも正直分かりません。

 

 
「楽をして英語を習得したいと思います」

とにかく学生時代から英語は苦手でした。

苦手意識があるだけではなく、実際に単語力も無ければ文法もほとんど覚えていない状態なので、

いまさら英会話教室に通ってもちんぷんかんぷんです。
そこで今とても興味があるのがeラーニング研究所の教材です。

詐欺ということを言っている方もいますが、実際自分で試してみないと詐欺なのかどうかは分かりません。

しかし、eラーニング研究所の教材は無料で試すことが出来るので、その段階まではセーフでしょう。

まずはお試しをしてみることから始めてみたいと思っています。

 

 
「eラーニング研究所は信頼できる会社なのか」

なんとなく胡散臭い、詐欺なのではないかという疑問も少々ありますが、楽をして英会話を習得したいといのはあります。

聞き流すだけで耳に英語が入ってきて、それがいつの間にかすらすら話せるようになるといううたい文句のeラーニング研究所の教材は、楽をして英会話を習得したい私にはぴったりです。

多分詐欺と言われているのは、その購入や支払方法にあるのでしょう。

教材を一気に購入しなければならないというのはやはり勇気がいります。
しかし、それによって実際効果があって英会話を習得された方も多くいるという事を見ると、
必ずしも詐欺ではないのではないかという期待もあります。

 

 

eラーニング研究所が詐欺と思うのは間違い

 

eラーニング研究所は何をしているのか
インターネットで検索してみると、eラーニング研究所のことを詐欺という記述をしている内容が見受けられます。でも、まず何をしているところなのかを知らないでそのように評価をしている事が多いです。では、実際に何をしているのかというと、リーズナブルな価格で家庭用のeラーニングを利用できるサービスや教えたい人と学びたい人をつなぐeラーニングのマーケットプレイス、あるいは資格試験対策アプリの提供、無料レッスン動画なの配信などです。学びたいけれども時間がなかったり、学ぶ場所がないという人に対して、最適な学びを受けることが出来るサービスを提供しているわけですが。子どもにとっても大人にとっても「学ぶ」ということは大切ですから、少なくともeラーニング研究所のやっていることは魅力的なサービスの提供といえます。

 

 

無料でも学ぶことが出来る
詐欺ではないかと言われてしまう理由として、皆からお金を集めて還元していない金儲けをしている会社であるということが書かれています。でも本当にお金のことだけを考えている詐欺会社であれば、子供たちのために無料で学ぶことが出来る無料のレッスン動画を提供する事があるでしょうか。有料のオプションサービスがあるとは言え、それは強制ではないのだから無料動画だけでしっかりと勉強できる子どもも少なくありません。そのような貢献をしているeラーニング研究所がお金儲けの会社であるでしょうか。

 

 

有名企業とも手を組むeラーニング研究所
eラーニング研究所が詐欺であることを大声で言う人が多いですが、本当に詐欺を行っている会社であればサービスを提供するためにいくつもの大手企業と提携する事ができるでしょうか?個人であればともかく大手企業であればそれなりの調査能力を持っています。詐欺害者であれば、提携をすれば自分たちに被害が及ぶということは誰でもわかります。それにもかかかわらず上質のサービスを提供するために力を合わせているのです。これだけでもeラーニング研究所が詐欺であると思うのは、間違いであることがわかります。

 

 

eラーニング研究所が倒産してしまう可能性
詐欺だと言っている人たちがリスクと考えているのが、eラーニング研究所が倒産してしまうことで投資したお金が回収できないということです。でも2002年に設立して順調に成長してきて、将来はどうなのかという心配をするときに大手企業との提携が最近行われたばかりということは大きなポイントです。まだまだ成長できる余地がある中で、かんたんに倒産してしまうというのは考えられません。確かに投資をするときにはある程度のリスクを覚悟しなければいけないわけですが、事業内容をみればネットで詐欺だと言っている人たちが騒いでいるほどでは無いことがわかるはずです。正しくラーニング研究所を評価したいのであれば、憶測ではなく自分で詳しく調べることが大切です。

 

 

eラーニング研究所は詐欺ではないので問題ない

eラーニング研究所で検索をしようとすると、検索候補に詐欺といった文字が入っていることがあります。検索の予測候補にこのような文字が入っているということは、多くの人がeラーニング研究所は詐欺なのではないかと気になっていることを表しているといえるでしょう。しかし結論から言うと、eラーニング研究所は詐欺ではありません。eラーニング研究所は、在宅で学習をすることができるサービスを提供しています。スマートフォン向けアプリで資格の対策講座を提供していたり、ウェブ動画で小中学生向けの無料講座を配信していたりします。これらはまっとうなサービスであり、まったく詐欺であるとは言えません。

 


eラーニング研究所の詐欺という話題で上がってくるのが、勧誘に関してです。一般会員はeラーニング研究所のサービスを利用するだけですが、一部のグレードだとeラーニング研究所のサービスを販売することができて、それによって権利収入が得られる仕組みをとっています。その勧誘の際にトラブルとなった方が詐欺だと言っているようです。eラーニング研究所のこのような商売はマルチ商法であるため、イメージは悪いかもしれません。しかし、マルチ商法はネズミ講と違って違法ではありません。きちんと商品を販売しているからです。こちらの場合は、教育システムを利用できるタブレットを実際に販売しているわけなので、詐欺ではありません。権利収入を得られるかどうかという問題はマルチ商法なのであります。末端の人間はまずうまく権利収入を得ることはできないでしょう。これはマルチ商法自体の問題であって、eラーニング研究所の問題ではありません。それに、紹介することができたら収入を得られることは確かなので、詐欺であるとは言えないでしょう。自分で理解したうえで入会するのなら、まったく問題なくサービス自体は利用することができます。

 


サービスも、幼児向けから大人向けまで広く取り扱っているため、家族全員で利用することができます。英会話などもアプリを利用して勉強しやすくなっているので、効率的な学習をすることができるでしょう。最近はeラーニング研究所はラインナップを充実させてきているため、これからもコンテンツが充実してくることがうかがえます。

 


以上のように、eラーニング研究所が提供しているサービスはまっとうなものであって詐欺では決してありません。また、販売して権利収入をえることについても、自分の判断で入会するかどうか決めればよいだけなので、それで利益が得られなかった、というのは自分の判断ミスであることになります。マルチ商法は勧誘を成功させないと利益にならないのは当たり前です。そのことについては勧誘する側も言っているはずです。それを了解したうえで入会するのであれば、やはり詐欺とは言えないでしょう。
結局は、自己判断できちんとサービスを利用することができる方ならば、何らの問題もないということができます。