eラーニング研究所のそろばん教室はマルチ商品の心配なし

・健全な運営を徹底するeラーニング研究所

マルチ商品に対してネガティブなイメージを抱いている人は多いでしょう。大勢に商品を広めていくことで自分が収入を獲得するのがマルチ商品ですが、eラーニング研究所はまったくの別物です。グローバルな教育システムをコンセプトに展開しているサービスで、特にお子さんの学力アップに貢献しています。インターネット関係のサービスは怪しいものが多いですが、リアルな店舗にも少なからず存在します。例えばエステで無理に勧められて、嫌になった経験をお持ちの人は多いでしょう。ほかにもお友達紹介キャンペーンなどもありますが、eラーニング研究所はこれらの手法を導入していません。

・そろばん教室を受講するメリットとは

eラーニング研究所のそろばん教室は、火曜日に開講が決まりました。そろばんは頭を鍛えるだけでなく、心も強くしてくれます。メンタルを強化して諦めない子を育てるために最適であり、生涯において恩恵を受けられるでしょう。小さいころからしっかりと学習しておく習慣を身につけておけば、自主的に勉強する子どもが育ちます。逆に小さいころにサボってしまい、中高生になってから挽回しようと思っても容易ではありません。サボってしまった分の回収をするためには、周りの子たち以上に頑張る必要があるからです。今まであまり勉強する習慣がなかったのに、中高生になってから周りの何倍も頑張るのは大変なことです。だからこそeラーニング研究所のそろばん教室を小さいころから活用し、諦めない心を養っていく必要があるのです。

・マルチ商品が存在しない理由を説明

eラーニング研究所のサービスにマルチ商品は存在しません。そもそもマルチ商品というのは、実店舗を介して展開されることが多いです。いわゆるネットワークビジネスと言われるものは、企業が実際にセミナーを開催しています。セミナー開催がある会社は安心だと考えてしまう人が多いですが、詐欺だとバレてしまう前に引き上げる会社は少なくありません。マルチ商品を販売している悪徳業者が会社名を頻繁に変えているのも同様の理由からです。eラーニング研究所は会社概要が明確であり、マルチ商品の取り扱いは一切していません。企業の所在地や連絡先も明記している健全な企業です。

・自分で考えれば詐欺を回避できる

そろばん教室は夢を育てることをコンセプトにしています。人生において大切なのは自分で考えることであり、考えることで騙されない思考を養えます。自分で考えることをしないと周りに流されてしまいますし、情報の精査ができなくなるのです。世の中に簡単に儲かる情報は存在しませんが、こうした情報に引っかかるようになるわけです。eラーニング研究所のそろばん教室を活用すれば、考える力に加えてやり遂げる力も身につけられます。そうなれば将来的にマルチ商品に遭遇し、騙されてしまうリスクを軽減できるはずです。マルチ商品を避けるためには、健全なビジネスと悪徳なビジネスを見極められる目が必要になってきます。

eラーニング研究所の9資格対策講座はマルチ商品とは関係なし

・資格取得のためにeラーニング研究所を活用しよう

マルチ商品で金銭を失ってしまった人は、ネットビジネス関連に対して警戒するようになります。中には健全なネットサービスもマルチ商品だと決めつけてしまう人もいますが、eラーニング研究所の9資格対策講座はその心配はありません。このサービスは代表的な9資格を取得するために提供されており、利用に際して課金をする必要はないです。スクールTVが提供するサービスの一つであり、特に業務独占資格を取得したい人におすすめです。これはその資格がなければ、該当する職業につけない資格を指しています。誰にでもできる仕事ではないので、必然的に価値が向上するわけです。不景気な時代だからこそ、業務独占資格を取得しておくメリットは大きいです。

・マルチ商品全般に見られる共通点とは

インターネットで展開されるサービスはすべて怪しいと考えてしまう人がいますが、現実には健全なサービスが大半を占めています。何でも怪しいと決めつけてしまうのは、大きな機会損失につながります。eラーニング研究所が提供するサービスは、9資格対策講座を含めてマルチ商品はありません。教育の平等をコンセプトに誕生したサービスですから、安心して利用してください。資格取得のあめには事前の準備、そして学習量が要になります。しっかりと学習をしておくことで、自分に自信を持つことができます。人間は何もしないと不安になる生き物で、例えば資格対策に対して強い不安を覚えているときは、学習量が不足していると自分で認識しているのかもしれません。

・スマホ一台でいつでも資格勉強ができる

9資格対策講座はスマートフォン向けアプリです。スマホがあればいつでも学習できるので、ちょっとした合間を活用できます。資格対策のためにはまとまった勉強が必要ですが、空き時間を利用してこまめに覚えていくことも非常に大切です。わずかな時間を有効活用できるようになれば、半年後や1年後には大きな力になります。eラーニング研究所はマルチ商品とは無関係ですから、安心して参加してください。FPや行政書士、保育士の試験などを有利にできるでしょう。eラーニング研究所でしっかり学習しておけば、将来の夢に近づくことができます。

・マルチ商品に遭遇しないために

よい情報と悪い情報を見極める目があれば、マルチ商品は避けられるはずです。eラーニング研究所で学習しておけば、総合的な知識が身につきます。悪徳情報を信用してしまう人は、正しい情報を把握していないことが多いです。例えばモノの相場を把握していない状況で、相手から高値を提示されてもその妥当性は判断できないでしょう。eラーニング研究所で学習しておけば、モノの価格の平均値を知ることにもつながります。情報強者になればマルチ商品を避けることができます。そのためにeラーニング研究所を活用し、情報の善し悪しを精査するノウハウを学習してください。最終的な判断を下すのは自分自身ですから、自分が情報強者になるという意識が重要です。

マルチ商品じゃないeラーニング研究所のイグモン

eラーニング研究所を代表するイグモン

eラーニング研究所はさまざまな商品やサービスを提供していますが、代表するものを一つあげるとするならばイグモンでしょう。
イグモンは小学生向けの英語学習アプリで、ゲームで遊びながら英語の基礎を学ぶことができます。
一般的な英語教材だと子どもは途中で勉強が嫌になり、長く続けることができません。
しかしイグモンならゲーム感覚で英語を一つ一つ学べるので、自然と身に付けられるでしょう。
子どもに英語を学ばせたいけど長続きしないと悩む親御さんは、eラーニング研究所のイグモンを試してみるのがおすすめです。

マルチ商品に間違われることもあるイグモン

eラーニング研究所のイグモンは、なぜかマルチ商品に間違われることが稀にあります。
イグモンはアルファベットを武器に冒険しながら英語を学ぶアプリなので、マルチ商品の要素はどこにもありません。
たとえば知恵のかけらをリアルで売買できるなら、マルチ商品と呼ばれることもあったでしょう。
しかし知恵のかけらはゲーム内に登場するアイテムなので、リアルの世界で売買できません。
eラーニング研究所のイグモンは、どうあがいてもリアルの世界ではただの英語学習アプリなので、マルチ商品と間違われる意味が全くわかりません。
一度でもイグモンで遊んだことがあるなら、これがマルチ商品ではなく健全で役に立つ英語学習アプリだとすぐにわかります。

イグモンはマルチ商品ではなく楽しく遊べる英語学習アプリ

eラーニング研究所のイグモンは、可愛らしいモンスターと出会いながら冒険を続けていくゲームです。
冒険の途中で英語を学べる仕組みがいくつも用意されており、ゲームに熱中してれば自然とアルファベットや簡単な英単語を覚えられます。
大人からすると簡単な内容ばかりですが、これから英語を学ぶ小学生が基礎を覚えるときには役立ちます。
また英語を学べる仕組みをゲーム中に組み込むだけではなく、熱中する仕掛けがいくつも用意されているのがイグモンの魅力です。
たとえばモンスターをコレクションする要素もあるので、すべてのモンスターと出会い図鑑を埋めたい欲にも駆られます。
子どもが喜ぶゲームと言っても熱中する要素がなければ、つまらなく感じて遊びたくなくなるでしょう。
しかしコレクション要素があるので図鑑を全部埋めたくなり、いつまでも遊び続けられます。
英語が学べるアプリなら、親御さんも子どもが熱中して遊んでいても許せるのではないでしょうか。

eラーニング研究所のイグモンから始める英語教材

英語教材にマルチ商品の疑いが少しでもあると、親御さんは関わりたくないので子どもに使わせようと思わないかもしれません。
しかし何度も説明しているように、eラーニング研究所のイグモンはマルチ商品ではありません。
子どもが楽しく英語の基礎を学んでいけるアプリなので、小さな子どもほど有効に使えるでしょう。
子どもに初めて英語を学ばせるときの教材に迷ったら、おすすめのアプリです。

誰でも使えるマルチ商品を提供するイーラーニング研究所

「イーラーニング研究所ができた理由」

日本では近年、経済格差による教育格差が生まれていて経済的な理由で大学に進学したくてもあきらめざるを得ないという子どもたちも少なくありません。しかし学習塾に通わなくても低価格でいつでもどこでも学習ができるということになれば、経済的な理由で学習塾に行けず大学にも行けないということがなくなります。イーラーニング研究所はこのようなことを考え、誰でも平等に勉強できて将来の夢や希望が実現できるような取り組みを行ってきました。健全な教育環境を作って子どもたちの未来を支えるために、2002年9月に設立されたのが「イーラーニング研究所」で、提供するようになったのが「フォルスクラブ」なのです。

「イーラーニング研究所のシステムと学習方法」

イーラーニング研究所のフォルスクラブには、家庭向けのサービスとスクール事業があります。家庭向けの事業としては、子どもには充実した教育環境、大人に対しても生涯教育の環境を提供できるよう、子どもから大人まで幅広く活用できる学習コンテンツの「マルチ商品」を開発し提供しています。また学習だけでなく生活をしていく中で、鍵や水回りに関するトラブルや困りごとについても対応できる「サポートサービス」も提供しているので、学習面も生活面に関しても「マルチ商品」といえるコンテンツを提供しているのです。家族一人が10000円の入会金で契約すれば、月額6000円で子どもから大人までの家族5人まで利用ができます。スクール事業としては、そろばんやロボットスクール、子ども未来キャリア塾などを展開しています。

「マルチ商品ともいわれる多彩なイーラーニング研究所のコンテンツ」

学習コンテンツには幼児向けには音楽を楽しみながら脳に刺激を与え脳の成長を促す「音感育脳システム」、小学生向けにはロールプレイングゲームを楽しみながら英語学習ができる「英語アプリ」、恋愛ストーリーを進めながらゲーム感覚で英会話を学ぶ「恋の英会話」、全国の教科書に対応し予習復習が一つでできる「高校生向けeラーニング」、一流講師による塾と同じように学べる「大学入試対策講座」、資格取得のために過去問題を好きな時間に好きなだけ繰り返し説くことができる「資格対策シリーズアプリ」、また「生活のトラブルや悩みを解決する「ライフサポートとお悩みホットライン」など小さな子供から大人まで活用できるマルチ商品を提供しています。

「イーラーニング研究所はマルチ商品を提供している?」

マルチというのはどんなことにも対応できるということで、イーラーニング研究所のように子どもから大人までマルチに使えて、家族一人だけでなく家族5人までマルチに利用できるという意味ではマルチ商品を提供していると言えます。しかしこのようなマルチ商品を提供しているからと言ってマルチ商法をしているのでは決してありません。むしろマルチ商品を提供していても月額料金も一般的な塾よりも低額で、しかも家族5人まで使えるという方法で良心的なサービス提供しているのがイーラーニング研究所なのです。

学習サービスで有名なイーラーニング研究所とマルチ商品

【マルチ商品とイーラーニング研究所】

イーラーニング研究所は子どもの教育格差をなくすために2002年に設立され、現在も幅広い学習サービスを提供しています。
独自のイーラーニング教材を次々に発表しているので、マルチ商品と呼ぶ人もいます。
マルチ商品のマルチは、マルチな才能など複数という意味で使われることが多いです。
ビジネスの世界ではマルチ商品というと眉をひそめる人もいます。
日本ではネットワークビジネスが盛んですが、ネットワークビジネスに関しては様々な意見があります。
海外から入ってくるネットワークビジネスも多く、登録会場には多くの人が訪れます。

【誤解されてしまう理由】

用語が間違った意味で捉えられることは多いです。
有名なのは「役不足」あたりかもしれませんが、そうした慣用句以外にも多数の言葉が、従来と間違った意味として認識されてしまうことがあります。
例えば「宗教」。
仮に検索エンジンの予測候補で「株式会社○○ 宗教」と記載されていたら、多くの方が眉を潜めるでしょう。
その意味を「宗教的に洗脳して、従業員を操り人形にする会社」と認識する方が多数だと思います。
しかし、宗教圏の国では、宗教という意味を言葉通りに受け取ります。
普通にキリスト教やイスラム教として捉えます。
このように、地域や文化によって、その文字の解釈が異なってしまうことがあるのです。

【イーラーニング研究所の教材とマルチ商品】

イーラーニング研究所の教材やサービスを愛用している人は、マルチ商品とは呼ばないです。
マルチ商品と呼ぶと勘違いする人もいるので、マルチ商品でなく教材名やサービス名で呼びます。
初心者で商品やサービスを購入する場合は、事前に慎重に調べてから購入することが大切です。

【イーラーニング研究所の人気事業】

イーラーニング研究所の人気事業といえばフォルスクラブです。
フォルスクラブは家庭を対象にしたイーラーニングサービスで、自社の学習ブランドを通してイーラーニングという仕組みを広げています。
誰でも公平に教育を受けることで、日本はより豊かになります。
イーラーニング研究所が提供している学習教材や学習サービスは、良質でリーズナブルです。

【フォルスクラブが人気を集める理由】

イーラーニング研究所の中核を担っているフォルスクラブも、充実したコンテンツが格安で利用できます。
フォルスクラブに入会すると、自分が選んだ学習システムで能力を高められます。
フォルスクラブは子どもも大人も楽しめる教育サービスです。
子どもに充実した学習環境を与えるだけでなく、親にも生涯学習の場を提供しています。
学習を通して夢を実現できるようにサポートするのが、イーラーニング研究所とフォルスクラブです。
これまで多くの人がフォルスクラブで能力を磨いています。
イーラーニングは場所を選ばずに学習できるのが大きなメリットです。
1契約で家族5人までの利用が可能なので、1人分の料金を考えるとかなり安くなります。
スタンダードプランは家族で好きなだけ使って月額6000円です。
幅広い学習コンテンツを提供しているフォルスクラブは、暮らしを快適にするサービスも提供しています。
水まわりのトラブルや鍵の紛失、パソコンの問題など生活をする上で発生する様々な問題を専門家が解決します。
法律の専門家である弁護士や税金のエキスパートである税理士と提携しているので、安心して相談ができます。
サービス内容に不安な点があれば、メールでも電話でも問い合わせが可能です。
問い合わせ内容によっては回答に時間がかかることがありますが、きちんと回答するので安心して問い合わせができます。
メールも電話も平日営業時間内の回答になります。

イーラーニング研究所とマルチ商品について

【ネット上で話題になっているマルチ商品とマルチ商法】

ネット上ではマルチ商法という言葉がよく出てきます。
マルチ商品とマルチ商法は異なります。
マルチ商品は複数の活用法がある商品のことを指します。
簡単にいえばマルチに使える商品です。
マルチに使えるのでマルチ商品と書いても問題ないと考える人もいますが、マルチ商品と書くと勘違いをする人もいます。
マルチ商品と広告に出すとマルチ商法と間違われるリスクがあります。
マルチ商品とマルチ商法の違いを記載したとしても、先入観で見られてしまうと損をします。
マルチに使えるのでマルチ商品と広告を出したい場合でも、表現を変えた方が間違えられずに済みます。
健全なビジネスをしている場合でも、変なイメージが付くと商売に支障が出ることもあります。
マルチ商品などマルチが付く言葉を使う場合は、慎重になることが大切です。
マルチ商法は、一般的に販売システムを指します。
販売組織に入った加入者が別の人に商品を売って組織に加入させ、マージンを受け取ります。
新しく加入した人も別の人に商品を売り、その人を加入させるというピラミッド式の商法がマルチ商法です。なお、ピラミッド状が成功する人は少なく、実際は2、3本程度です。1本も成功せず、永久にダウン層のままの方も多いです。

【マルチ商法と法律】

ネット掲示板ではネットワークビジネスもマルチ商法と同様に話題になりますが、ネットワークビジネスもマルチ商法も合法です。
連鎖販売取引の規定を守っていれば合法ですが守らないと違法になります。
質の悪いものを高い価格で販売していると違法と判断されることもあります。
商品を販売している会社自体は法律を守っていても、販売する人間が自分の利益のために特定商取引法に違反するケースもあるので注意が必要です。
特定商取引法を守っている場合は違法ではないですが、法律に詳しくない販売員の中には何も考えずに違法な販売をしてしまう人もいます。
問題のある販売をしている人から声をかけられても、取り合わないことです。
誰でも簡単に稼げるなどと誇大表現を使うことは禁じられています。
誘って断られたのに何度も誘うことも禁止です。
公共の場所以外で連鎖販売取引に誘うことも違法になります。

【健全なビジネスなのにマルチ商法と間違われることもある】

日本では様々なビジネスのスタイルがあるので、商品を購入する人が賢くなることが大切です。
ネット掲示板では健全なビジネスなのに間違った情報を流されるケースもあります。
イーラーニング研究所も間違った情報を流された企業の1社です。
イーラーニング研究所ではすぐに声明を出しています。
会社が販売している商品やサービスを見れば間違った情報だということはすぐにわかりますが、中には根拠のない噂を信じてしまう人もいます。
会社側も悪質な噂には法的な措置を取ることがあります。
ネット掲示板は便利ですが、利用する側も情報を鵜呑みにしないように注意することが大切です。

【大手メディアでも注目されるイーラーニング研究所】

大手メディアからも注目され記事が紹介されているイーラーニング研究所は、マルチ商法とは無関係です。
イーラーニング研究所はインターネットを活用した学習サービスを提供しています。
優れたコンテンツを提供しているイーラーニング研究所は、子どもから大人までファンが多いです。
教育格差が社会問題となっている日本ですが、イーラーニング教材とインターネット環境があれば誰でも好きなときに勉強ができます。
最近話題になっているのがイーラーニング研究所のスクールTVです。
スクールTVは無料動画学習サービスで、教科書に対応した授業の動画が見放題という特徴があります。
イーラーニング研究所のスクールTVは、テレビを見る感覚で楽しく学ぶことができるので好評です。

eラーニング研究所がマルチ商品であるという話の真相は

●eラーニング研究所はマルチ商品ではない
最初に結論から書くとeラーニング研究所とマルチ商品は全く関係がなく、別物でしかありません。
eラーニング研究所はeラーニングに関する事業を行っていて、通信教育のサービスなどを展開していますが、マルチ商品の販売などは一切していないのです。
eラーニング研究所で提供しているサービスをより快適に使用ができるように、専用端末などの販売は行っていますが、それを購入するかどうかは利用者の自由であり、購入しなければならなかったりあるいは別の誰かに進めるというものでもありません。
特にネット上ではマルチ商品を扱う企業と思われているフシはありますが、全く関係はないのです。

 

●eラーニング研究所がマルチ商品とされる理由
eラーニング研究所がマルチ商品だと思われていることは完全な誤解でしか無いのですが、なぜ誤解が生まれたのかと言うと企業名と事業内容にあると予想されます。
世の中には研究所と名前はついていても、実際に何をしているのかよくわからないという組織があり、そのような組織に限ってマルチ商品などのいかがわしい商売をしているケースは多くあります。
eラーニング研究所のeラーニングという概念も最近になってできたばかりの言葉であるだけに、怪しいと思ってしまう人は少なくありません。
また、eラーニング研究所が手がけている事業として通信教育がありますが、これは古くからマルチ商品として扱われることも多かったため、この2つが結びついてマルチ商品であるという誤解が生まれたものだと考えることができます。

 

●eラーニング研究所が提供しているサービス
フォルスクラブはeラーニング研究所が提供する代表的な家庭向けのeラーニングサービスであり、誰でも公平に教育を受けることができ、しかもそれでいて安価という特徴があります。
IT社会の現代では学習法もIT時代にそった方法を選ぶことが重要であり、eラーニング研究所ではいち早くその重要性に気づき、早い段階から取り組みを行ってきました。
その結果として誕生したのがフォルスクラブであり、今までにはない安価で良質な教育を受けられる仕組みが生まれたのです。
子供から大人まで年齢性別問わずに学習できるフォルスクラブは、マルチ商品とは全く無縁の存在です。

 

●社会貢献活動にも力を入れている
多くの人に良質な教育を届けたいという思いを持っている企業であり、事業内容もより効率的な教育を受けられる仕組みを提供しているのがeラーニング研究所ですが、それだけでなく自社の取り組みを通じて社会貢献活動もしてきてます。
近年はeラーニングのハードルがだいぶ下がったとはいえ、専用の端末が必要になるなど、誰もが気軽に試すことができるものではありません。
そこで、eラーニング研究所では少しでも教育格差を是正するために、児童施設に自社の学習システムやパソコンやタブレット端末を寄贈する活動を行っています。

マルチ商品とは無関係のeラーニング研究所

●eラーニング研究所の事業内容
eラーニング研究所はマルチ商品を扱う企業だと言われることもありますが、全く無関係であり企業の名前の通り様々な学習法を提案している企業です。
家庭向けのeラーニングサービスであるフォルスクラブを筆頭にeラーニングポータルサイトである学デジ、皆で作る学校情報サイトの学ログから、資格試験対策アプリの資格対策講座といった様々な学習に関するサービスを提供しています。
これらはどれもマルチ商品とは一切無縁であり、世間一般で噂されていることは事実無根となっています。
まだまだ、新しい取り組みであるだけに誤解されやすい部分もありますが、eラーニング研究所はこれからの時代を担っていく企業なのです。

 

●マルチ商品と誤解される理由
eラーニング研究所がマルチ商品として誤解されてしまう理由としては、eラーニング研究所のことをよく知らずに勝手にマルチ商品だと思いこんでいる人が多いためということがあげられます。
更にeラーニング研究所のことを調べるときにはネットで情報を集めることになり、そうなると最初にマルチ商品だと言った人の情報を目にすることになり、それを見た人が同様にマルチ商品だと思いこんでしまいます。
知名度の高い企業であれば誤解も解けるのですが、eラーニング研究所は新しい企業であると同時に事業内容的にも理解されにくい部分があることから、誤解されてしまいやすいためマルチ商品だと誤解を生んでいるのです。

 

●魅力的なサービスが多いeラーニング研究所
誤解されがちなeラーニング研究所ではありますが、実際に提供されているサービスは非常に優れていて魅力的です。
その中の一つに挙げられるのがフォルスクラブで、家族全員で共用をすることができ家庭内でハイレベルな学習をすることができる通信教育となっています。
eラーニングの特長をうまく活かして、年齢性別を問わず誰もが学力向上に役立てることができ、更にリーズナブルな価格というのが大きな魅力です。
従来の通信教育にはなかった高品質と低料金を両立させ、学力を伸ばしたい知識を身に着けたいという願いを実現することができるサービスです。

 

●社会貢献活動も行っている
eラーニング研究所はeラーニングに関するサービスの企画や制作、開発販売を行っていますが、それを活かして社会貢献活動にも取り組んでいます。
日本は比較的教育格差が少ない国ではありますが、それでも地域家庭環境によって差があるのは紛れもない事実です。
特に近年重要視されているeラーニングは初期費用が大きくなりがちであるため、地域によっては全く電子機器を用いた学習ができないというところも珍しくありません。
そのようなところにeラーニング研究所では、フォルス学習システムやパソコン・タブレット端末の寄贈活動をしていて、少しでも教育格差をなくそうとこのような面からも教育問題に取り組んでいるのです。

マルチ商品を扱わないサービスと福士蒼汰の関係

福士蒼汰がプロモーションするサービス
福士蒼汰といえば、現在最も有名活才能ある若手俳優の一人として活躍していますが、最近フォルスクラブの広告にも出演していて注目を集めています。福士蒼汰といえばマルチに活躍する国際派俳優になることが期待されている一人ですが、フォルスクラブもマルチに活躍できる人材を育てる教材を扱うという点では共通点があるのかもしれません。フォルスクラブはマルチに活躍する人材を育てるべく様々なコンテンツを配信していますが、それはマルチ商法という事では全くありません。

 

マルチ商品を扱わない理由とは
フォルスクラブは時折マルチ商法なのではないかという説がネット上でもまことしやかにはびこっていますが、マルチ商法やねずみ講が商品の内容や品質よりも人数を集めていかに多くの人を自分の下につかせるかという事だけに重点を置いているのかに対し、フォルスクラブはマルチに活躍できる人材を育てることをモットーにしているだけでマルチ商品を扱っているわけではありません。一部でマルチ商品を扱うマルチ商法なのではないかと揶揄されることが有りますがこれは全くの誤解です。

 

マルチ商品を扱わなくても商売が成り立つフォルスクラブ
福士蒼汰が広告に起用されるフォルスクラブは、福士蒼汰の効果で更に注目度がアップしている傾向にありますが、マルチ商品を扱っているといううわさでも多少注目を集めてしまうことがあります。マルチ商品を扱っているというと何となく聞こえが悪いですが、マルチ商法でもなければねずみ講でもなく、多くの人に平等な教育がいきわたるよう工夫されているのが福士蒼汰が広告に起用されているフォルスクラブの特徴です。

 

インタビューにもこたえる福士蒼汰
フォルスクラブが発行する冊子では福士蒼汰が独自の視点で教育について語っています。福士蒼汰からの目線で語られるフォルスクラブはマルチ商品ではなく、思わず学びたくなってしまうコンテンツが充実しているという内容が語られています。国際的に注目を集め始めている語学の堪能な福士蒼汰からも一目置かれているのがフォルスクラブです。対談の内容はフォルスクラブ発行の冊子で知ることが出来ます。マルチ商品を扱っているといわれるフォルスクラブですが、月額制のしっかりしたコンテンツばかりのコストパフォーマンスに優れた学習システムですし、月々6000円支払えば家族5人まですべてのコンテンツを利用することが出来るのも魅力です。学習塾に行くのは高くて心配、予備校に行きたいけどお金がない、そんな方にもフォルスクラブなら家族で6000円支払えば幼児から大人まで語学やその他さまざまな知識を吸収することが出来ます。これは一人当たりに換算するとかなりの節約になるのではないでしょうか。マルチ商法やねずみ講と言われるのは首をかしげてしまうほどコストパフォーマンスに優れたサービスを提供するのが、フォルスクラブです。

マルチ商品と違うフォルスクラブを紹介する福士蒼汰

フォルスクラブはマルチ商品ではない
フォルスクラブといえば、マルチな人材を育成するための語学教材やその他資格取得、学校の教材に即したネットを使った学習など様々なコンテンツを配信していますが、最近イメージキャラクターに福士蒼汰が起用されたことによってもともと人気のあったサービスがさらに注目されることになりました。福士蒼汰といえばマルチに活躍しているタレントで語学が堪能な事でも知られています。そんな福士蒼汰はマルチ商品を扱わないフォルスクラブのキャラクターにぴったりと言えるでしょう。

 

マルチ商品と言われる理由
フォルスクラブがなぜマルチ商品を扱っているといわれるのでしょうか。サービス自体は月額制でしかも低価格です6000円を支払えば家族5人がすべてのコンテンツを利用できますし、入会金も1万円ですので幼児から大人まで家族全員でコンテンツが利用できることを考えれば安すぎるのではないでしょうか。マルチ商品と言われるゆえんはおそらくその販売方法にありそうです。

 

福士蒼汰とフォルスクラブの関係
マルチに活躍を続ける福士蒼汰は最近活躍が目覚ましく男女問わずファンを増やしていますが、フォルスクラブもそれは同じことかもしれません。キャラクターを務めているだけあって語学が堪能な福士蒼汰の国際的な活躍はそう遠くないかもしれません。一方フォルスクラブも語学だけでなく資格取得や大学受験、手話や音感の育成など幼児から大人まで幅広く年齢層をカバーしている教育コンテンツには目を見張るものがありますが、これがなぜマルチ商品と言われるのか理解に苦しむところでもあります。

 

フォルスクラブの魅力
福士蒼汰がプロモーションをしているフォルスクラブがマルチ商品と言われるのは、プレミアム会員から購入することができるからという一見ねずみ講のように見えたりマルチ商法のように感じる人が一部でいるからなのかもしれません。フォルスクラブはネット上から申し込んで月額払いで利用するほか、プレミアム会員と呼ばれる選ばれた会員から教材を購入するという方法でも利用できます。しかし、プレミアム会員は誰でもなれる物江は無く、会員になるときには推薦が必要などかなり条件を求められるハードルが高い立ち位置です。一般的にねずみ講やマルチ商法というと自分の下に人を増やすためなら手段を選ばなかったり商品は存在しないことすら以前はあったようです。つまり優良な教材として知られているフォルスクラブのサービスにマルチ商品は含まれませんし、福士蒼汰が広告に出ていることもあって最近では大人気の学習システムになっています。一部ネットでは事実と異なる内容のうわさがたっていますがこれはあくまで噂にすぎませんし教材自体は有効活用すると非常に学習には役立てることができるとネット上でも評判です。利用するにはインターネット上から簡単な手続きでスタートできる点も忙しい方に指示される理由です。