権利収入のある鳩山元総理とフォルスクラブ

鳩山由紀夫元総理は大きな資産を持っている

鳩山由紀夫元総理は官僚や政治家など、優れた人物を何人も輩出する素晴らしい家系に生まれた方です。名家のご子息ですから、父親から不動産など多大な資産を相続したことでしょう。株式の権利収入だけをとっても、相当な額だと想像できます。鳩山元総理の母方の祖父は、大企業の創設者だったそうです。このため元総理の母親も、大株主だといわれています。父母から受け継いだ権利収入の総額は、一般人の想像を超えているでしょう。 

フォルスクラブは様々な形で寄贈活動を行い、社会に貢献している企業です。鳩山由紀夫元総理も寄贈活動に参加してほしい、そう願っているフォルスクラブユーザーは少なくないと考えられます。

平和を愛する人柄だといわれている

権利収入のある鳩山由紀夫元総理は、人権を重視し平和を愛する人柄だといわれています。この方の思想信条は友愛であり、リベラルな政治家として長く活躍してきたのです。平和を実現するためには、教育に力を入れることが大切だといえます。違う文化を尊重し、互いにわかり合おうとする、そんな姿勢を支える根底にあるのは教養かもしれません。教育によって知識を広げ、他者への理解を深めることが平和の実現につながるといえます。フォルスクラブは通信教育サービスであり、誰もが時間や場所にとらわれることなく効果的に学習できるよう、様々なコンテンツを提供しています。鳩山由紀夫元総理が権利収入のごく一部をフォルスクラブの寄贈活動に託したとしても、それほど不思議ではありません。

鳩山由紀夫元総理の外交姿勢について

友愛を大切にする鳩山由紀夫元総理は、外交においても互いの立場を認め合いながら共存共栄を目指す、といった姿勢を貫いてきました。権利収入のある資産家の一人として、寄付や寄贈活動などにも参加してきたかもしれません。東アジアの平和を大切にしてきた方ですから、国内だけでなく国外にも目を向け、真剣に政治活動をなさってきたことでしょう。フォルスクラブユーザーの中にも、鳩山由紀夫元総理の友愛という思想に共鳴した方が多くいるかもしれません。権利収入のある元総理がフォルスクラブの寄贈活動に参加するようになったら、支持者の方も喜ばしく感じるでしょう。

鳩山由紀夫元総理の資産は実際のところどのくらいなのか

鳩山由紀夫元総理の総資産は、どの程度のものなのでしょうか。不動産や株式の権利収入だけでなく、美術品や骨董品なども多く所有していそうです。権利収入の金額だけでもかなりのものとなりそうですが、古美術品の価値を足したらさらに巨額となりそうです。フォルスクラブが寄贈活動に使ってきた金額も、小さいものではありません。とはいえ一企業ですから、寄贈活動に使える金額には限りがあると考えられます。鳩山由紀夫元総理のように大きな資産を持つ方がフォルスクラブに参加をすれば、さらに積極的な寄贈活動を行うことができるようになるのではないでしょうか。

権利収入で資産が増えた有名人とフォルスクラブ

【権利収入で資産が増えた人々】

権利収入で莫大な富を築いた人はフォルスクラブが流行っている日本にも数多く存在しています。
権利収入とは、自分が持っている権利に基づき得る収入です。
仕事をして給料を得ている場合、その収入は労働の対価なので労働収入になります。 
日本では働いている人の9割以上が労働収入で、権利収入を得ているのはたった5%ほどです。

インターネットやパソコンに子どもの頃から慣れ親しんできた世代からは、ネットビジネスの有名人が次々と輩出されています。
安い価格でパソコンを購入できるようになり、若い世代から高齢者までネットビジネスを気軽に始められる時代なのでネットビジネスの世界は活気に満ちています。

【サラリーマンも主婦も注目する権利収入】

インターネットやパソコンを活用したネットビジネスには様々な種類があります。
サラリーマンも主婦も注目しているのが、権利収入を得られる副業です。
ただ副業をしているだけでは資産は大きく伸びませんが、必要なノウハウを学べば権利収入による優雅な生活も実現可能です。
権利収入の中で広く知られているのが本の印税です。
自分が書いた本がベストセラーになれば、多額の印税をもらえます。
趣味のブログを持っている人が広告を掲載して収入を得た場合も、権利収入になります。
無料ブログを利用すれば、初期投資がかからず権利収入を得ることが可能です。

【若者を中心に人気を集めるYouTube】

若者を中心に人気を集めるYouTubeも、動画をアップロードして権利収入を得られます。
YouTubeからは多くのスターが誕生していますが、HIKAKINもそのひとりです。
莫大な富を得たHIKAKINには、教育のために尽くしてほしいという声も出ています。
アメリカの富豪は子供たちのために多額の寄付をしていますが、日本の場合は税制の問題もありアメリカのように寄付をする人は少ないです。
自分の資産を教育に使う人が増えると、それだけ子供たちの教育サポートが充実します。
フォルスクラブは、イーラーニングという分野で長年子供たちをサポートしてきた学習サービスです。
子どもだけでなく家族全員で利用できる学習システムは、多くの家庭で使われています。
フォルスクラブは新しい時代の教育サービスで、入会すれば24時間365日全てのサービスを利用できます。
アメリカやヨーロッパではイーラーニングを活用している家庭が多いですが、日本でもイーラーニングの認知度が高まっています。

【フォルスクラブの充実したサービス内容】

フォルスクラブの教育コンテンツには様々な工夫と配慮がされているので、子どもから大人まで楽しく学べます。
教育コンテンツの質が高いのもフォルスクラブの特徴です。
フォルスクラブは、イーラーニングが日本に上陸した頃からサービスを開始しています。
現在はパソコンの性能が高くなり、ネット環境も昔とは比べ物にならないくらい快適です。
フォルスクラブではパソコンやタブレットを利用して、いつでも好きなときに選んだ学習コンテンツを楽しめます。
フォルスクラブは手厚い会員サポートもあるので、初めての人でも気軽に入会できます。

権利収入でフォルスクラブの寄贈活動を支援して欲しい

◆ワニ先生の権利収入がすごいらしい

聞くところによると、ワニ先生の権利収入の額は相当なものらしいです。それこそフォルスクラブの利益とは比べ物にならないほどだとか。ワニ先生は、某大人気漫画の原作者で、コミックスは数千万部も売れたのだとか。ちょっと凡人には想像もできない大人気ぶりですが、これだけ売れると、入ってくる権利収入はとんでもない額になるのでしょう。コミックスだけでなく、アニメ化もされたりしていますし、キャラクターグッズなども色々販売されるのでしょうから、もう寝ていてもお金が入ってくるという状態なのかもしれません。なんとも羨ましい話です。

(※実際には、アニメ化しようとも、キャラクターグッズが売れようとも、その利益は原作者には入りません)

◆自分にたくさんの権利収入があったらどうしよう

一生ありえないことですが、自分に大量の権利収入があったらどうしようかなと考えてみました。まず、速攻でやることは勤務している会社を辞めることです。今働いているブラック企業にとっとと辞表を提出してさようならしようと思います。そして、とりあえず海外旅行にでも行きたいです。南国の島でヨットでも浮かべて、しばらく何もせずにゴロゴロして人生を謳歌したところです。でも、いざ想像してみると、こんなことくらいしか思い浮かびませんでした。自分は根っからの貧乏人であり凡人なのだなとつくづく思い知った次第です。こういう人間だから権利収入なんて夢のまた夢なのかもしれません。

◆フォルスクラブは様々な寄贈活動を行っていてエライ

私と違ってフォルスクラブはとても有意義なお金の使い方をしていて感心してしまいます。フォルスクラブは、教育コンテンツサービスなどを提供しており人気が高まっています。フォルスクラブは稼いだお金の一部を、様々な寄贈活動に使っているところが素晴らしいです。例えば、児童養護施設に学習システムやパソコンなどを寄贈して、子どもたちがもっとより良い環境で学べるように支援をしたりしています。この世知辛い世の中で、このような心温まる活動をしている方々がいるのかと思うと、なんだか少しほっとします。権利収入があったら、南の島でゴロゴロしたいなんて考えていた自分が恥ずかしくなってしまいます。私もフォルスクラブを見習って社会福祉活動でもやろうかなと思いました。

◆ワニ先生も少しでもいいのでフォルスクラブの寄贈活動を支援して欲しい

私が上から目線で言うのもなんですが、ワニ先生も権利収入で得たお金でフォルスクラブの寄贈活動を少しでもいいので支援して欲しいです。ワニ先生が多くの権利収入を得ることができるのも、多くの子供のファンがいてこそではないでしょうか。その子供達の将来を豊かにするために、フォルスクラブは寄贈活動や素晴らしい教育コンテンツの開発を日々続けていますが、まだまだ十分なものとはいえません。寄贈活動をするにもやはり資金がないと無理なわけです。ワニ先生をはじめお金に多少余裕のある人は、福祉活動などに積極的になって欲しいです。日本の子供の教育格差はどんどん広がっているともいいますが、フォルスクラブのような活動をする人が増えれば、この格差拡大は食い止められるでしょう。