長友佑都選手のように海外に行くなら、まずはフォルスクラブで英語の勉強をしよう

あまり知られていませんが、

イタリアのインテルナツィオナーレ・ミラノに所属している

長友佑都選手の卒業論文はイギリスの文化に関することです。

なので、長友佑都選手は英語をある程度分かっていましたが、

インテルの契約書はすべてイタリア語で書かれており、

当時、本人はとても困っていました。

それは色々な翻訳を経てなんとかなりましたが、

海外に移籍した多くの方が現地の言葉に困っていたと思います。

長友佑都選手のようなケースはレアですが、

日本語以外の言葉は学べる時に学んだ方が良さそうですね。

 

英語を学ぶのならフォルスクラブが使えます。

フォルスクラブは「家族で学べる」をコンセプトにして、

様々な内容の教材を用意していますが、そのうちの半数に英語が関わっています。

それこそ、幼児向けのものから小中学生のものにまで、

英語を題材としたコンテンツが豊富に揃っているのです。

 

英語を学ぶ目的にも色々とあり、大学受験に合格するためから、

TOEIC (R)で良い点数を取るためなど様々です。

時には、海外旅行をしたいから、といったこともあるかもしれません。

長友佑都選手のように、仕事で海外に行くこともあるかもしれません。

フォルスクラブには様々な英語を学ぶためのコンテンツが揃っており、

簡単な英単語を覚えることから、文法を覚えるもの、

英会話を聞くものまで、内容が非常に充実しています。

難易度もそれぞれ分かれていますので、

自分に合った英語の勉強が出来ると思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です