仮に長友佑都がフォルスクラブをするのなら日本でしていることになる

割とよく聞く話で、漫画家が勝手に企業の商品をその作品内で登場させたことをきっかけに、

その企業がお礼として商品一年分を贈ることがあるそうです。

都市伝説みたいなものですが、そうしたことがあると言われています。

 

長友佑都のオフィシャルサイトには3つの企業バナーが貼られています。

ひとつは車メーカーのもので、長友佑都がその車種を愛用していたからとも言われています。

二つ目は飲料メーカーで、特にビールの生産が有名です。

長友佑都がそのビールを好んで飲んでいるかどうかは分かりませんが、

もしかしたら、そうなのかもしれませんね。

そして最後はフォルスクラブというeラーニングです。

もしかしたら、長友佑都はフォルスクラブをやっているかもしれませんが、

その辺りは本人でないと分からない情報ですね。

なお、フォルスクラブは国内限定のサービスになりますので、

現状、彼がイタリアに居る限りは出来ません。

 

フォルスクラブに限らず、大抵の商品は国内限定のものになります。

車や飲料ならまだしも、勉強道具を売る場合は、どうしても言語の壁に阻まれます。

日本の歴史の教科書を作る企業があったとしても、それを英語に翻訳できるとは限りません。

また、需要が多いとは限らず、作るとしても、印刷数も種類も少ないと言えます。

さらに言えば、学ぶ生徒に適切になるように作らないといけません。

例えば、日本史の問題集を作るにしても、中学レベル、

高校生レベル、大学生レベルと難易度に差があります。

史実はひとつですが、どこまで細かく教えるかで、内容に差が出てきます。

また、赤本のように、受験する大学ごとに試験に特色があります。

高校の公立受験においても、県ごとに出題傾向があり、

教える側もそうしたことに配慮して問題を作成しないといけません。

他国に向けて勉強の教材を作るということは、

そうした細かい事情にも精通していないといけないのです。

 

スポーツ選手はよく、企業と契約してその商品を使ったり、

ロゴ入りのユニフォームを着て試合に出場しています。

それとは別に、ただ愛用しているだけでスポンサーになることもあるんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です