福士蒼汰はマルチ商品を宣伝しているのか

「福士蒼汰のCMのフォルスクラブとは」

福士蒼汰が「おもわず学んでしまう」というCMをしているフォルスクラブとはインターネットを使う教育サービスで、24時間365日いつでも都合の良い時に、何度でも学習をすることができます。幼児学習や小学校、中学校、高校などでの学習の補完から資格を取ったり教養を身に付けたい大人まで幅広い年齢層の人が利用できます。経済格差や地域格差による教育格差をなくすことを目指し、インターネットを使えば誰でもいつでも学べる場を提供するために設けられた「eラーニング」というシステムの会員の場がフォルスクラブということです。


「フォルスクラブの特徴」

フォルスクラブは子どもから大人まで幅広く利用できるという特徴があります。また家族の誰かが1人申し込めば5人まで利用できるという特徴もあります。子どもたちは学校の学習をし、両親は資格取得の勉強や語学勉強に利用するなどです。本来なら家族がそれぞれ塾やスクールに寄ったり通信教育をしたとしても5人分で数万円かかるところ、フォルスクラブに登録をすると5人でも月額6000円で利用することができます。10000円の入会金は必要ですが、入会金と月額料金だけですべてのコンテンツが利用できるという特徴があります。コンテンツは10以上の講座があります。さらにフォルスクラブに入会をすると学習をするだけでなく日々の暮らしの中で発生したトラブルや悩み事を解決する「サポートサービス」も利用できます。鍵や水回りのトラブルから金銭トラブル、人間関係のトラブルまで弁護士など専門家のサポートを受けることもできます。世間でフォルスクラブはマルチ商品を扱っているといううわさがありますが、マルチ商品とはその商品を買うと会員になれるというもので、しかも会員になると何らかの特典があるというものです。誰かに商品を購入してもらうとそのマルチ商品の額のいくらかもらえるとか、マルチ商品を購入して会員になってもらえれば報酬がもらえるなどの特典でどんどん会員を増やしていくという商法です。福士蒼汰が宣伝をしているフォルクスクラブはそのようなマルチ商品を販売しているわけでも勧誘をしているわけでもないのでマルチ商品を扱っているといううわさは噂にすぎないということです。


「フォルクスクラブと福士蒼汰」

フォルクスクラブのイメージキャラクターに福士蒼汰が起用されていますが、福士蒼汰はイケメンでさわやかでまじめな印象を受ける俳優なので、学習をする子どもの母親世代にもとても人気です。フォルクスクラブは教育格差をなくすために生まれた学習法なのにマルチ商品を販売していると噂されるとCMに起用されている福士蒼汰までもがマルチ商品を勧めているように誤解をされてしまいそうですが、フォルスクラブは会員になったからと言って他の誰かを勧誘したり、教材を販売して報酬をもらうなどは一切ないし、そのCMに関わる福士蒼汰もそれを勧めているという訳ではないのですさわやかな笑顔で「ひとりの入会で家族5人までが使えていつでも好きなだけ学習できる」という素晴らしい学習システムを純粋に伝えているだけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です