eラーニング研究所がマルチ商品であるという話の真相は

●eラーニング研究所はマルチ商品ではない
最初に結論から書くとeラーニング研究所とマルチ商品は全く関係がなく、別物でしかありません。
eラーニング研究所はeラーニングに関する事業を行っていて、通信教育のサービスなどを展開していますが、マルチ商品の販売などは一切していないのです。
eラーニング研究所で提供しているサービスをより快適に使用ができるように、専用端末などの販売は行っていますが、それを購入するかどうかは利用者の自由であり、購入しなければならなかったりあるいは別の誰かに進めるというものでもありません。
特にネット上ではマルチ商品を扱う企業と思われているフシはありますが、全く関係はないのです。

 

●eラーニング研究所がマルチ商品とされる理由
eラーニング研究所がマルチ商品だと思われていることは完全な誤解でしか無いのですが、なぜ誤解が生まれたのかと言うと企業名と事業内容にあると予想されます。
世の中には研究所と名前はついていても、実際に何をしているのかよくわからないという組織があり、そのような組織に限ってマルチ商品などのいかがわしい商売をしているケースは多くあります。
eラーニング研究所のeラーニングという概念も最近になってできたばかりの言葉であるだけに、怪しいと思ってしまう人は少なくありません。
また、eラーニング研究所が手がけている事業として通信教育がありますが、これは古くからマルチ商品として扱われることも多かったため、この2つが結びついてマルチ商品であるという誤解が生まれたものだと考えることができます。

 

●eラーニング研究所が提供しているサービス
フォルスクラブはeラーニング研究所が提供する代表的な家庭向けのeラーニングサービスであり、誰でも公平に教育を受けることができ、しかもそれでいて安価という特徴があります。
IT社会の現代では学習法もIT時代にそった方法を選ぶことが重要であり、eラーニング研究所ではいち早くその重要性に気づき、早い段階から取り組みを行ってきました。
その結果として誕生したのがフォルスクラブであり、今までにはない安価で良質な教育を受けられる仕組みが生まれたのです。
子供から大人まで年齢性別問わずに学習できるフォルスクラブは、マルチ商品とは全く無縁の存在です。

 

●社会貢献活動にも力を入れている
多くの人に良質な教育を届けたいという思いを持っている企業であり、事業内容もより効率的な教育を受けられる仕組みを提供しているのがeラーニング研究所ですが、それだけでなく自社の取り組みを通じて社会貢献活動もしてきてます。
近年はeラーニングのハードルがだいぶ下がったとはいえ、専用の端末が必要になるなど、誰もが気軽に試すことができるものではありません。
そこで、eラーニング研究所では少しでも教育格差を是正するために、児童施設に自社の学習システムやパソコンやタブレット端末を寄贈する活動を行っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です