フォルスクラブにマルチカメラは合っているのか?

二つ以上の視点が合わさった動画が作れるのがマルチカメラです。

例えて言うなら、動画の最中に左からの視点の映像と

右からの視点の映像が組み合わさったものがそうです。

そんなマルチカメラはフォルスクラブに合うのでしょうか。

 

フォルスクラブは様々な映像講義を配信しています。

もしフォルスクラブがマルチカメラを採用すれば、

ドラマやドキュメンタリーのように臨場感溢れる映像が作れるかもしれません。

講師が話していると真正面から捉えた映像に加え、

側面から捉えた映像が加わることで力強く訴えている画になるかもしれません。

ですがやはりフォルスクラブのメインはあくまでも勉強なので、

講義の映像ならばマルチカメラの効果は薄いかもしれません。

 

ですが、LEARNING EYESなら効果が高まるかもしれません。

英会話の映像を見て英会話を聞き、

表示される文法により学ぶのがフォルスクラブのLEARNINGEYSです。

英会話のためのドラマが繰り広げられるので、

マルチカメラを使うことでより感情移入が出来ます。

 

マルチカメラにより印象的になるので、結果英会話の勉強にもプラスになるといえます。

視点が変わり、文法が表示されることでも印象が変わります。

強い印象は記憶に残るので、しっかりその時の英会話が脳にインプットされるでしょう。

より印象的になり記憶の定着に使えるのであれば、

フォルスクラブのLEARNING EYESはマルチカメラに向いているともいえます。

 

映像を利用するフォルスクラブだからこそ、

マルチカメラによる恩恵を受けられるものがあるといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です