フォルスクラブの香港市場進出について

私たちは、小さいころから色々な勉強をしてきます。生まれて少しした幼年時代には幼稚園や保育園に行きます。そこでは、基本的な事や他人との関わりを通しての社会生活を学びます。幼稚園や保育園を卒業した後に行くのが小学校です。小学校では、本格的な学習が始まります。また、友達との接し方についてもより主体的で高度なものになります。小学校を卒業後は中学校や高等学校に進学します。これらの学校では、青春期を迎える事も含めて様々の刺激があり多様性が増します。学習面でも高度なものとなります。その後、多くの人たちは大学へ進学し、成人となって社会へと入ります。

私たちはこの様なリアルな学習システムを通して学び、精神的にも肉体的にも成長してきました。その基盤となっているリアルな人間関係は濃密である事から良い面も悪い面もあります。良い面としては、教師との距離が近いために分からない事があればすぐに不明な点を尋ねる事が出来、その回答について更に分からないところがあれば尋ねなおす事ができる点です。また、その伝え方も身振り手振りなどを含め言語以外での意思伝達も可能です。それに対し悪い面としては、教育の授受が物理的に近距離でなければならいという制限がある事です。つまり、教師と生徒は物理的に大変近い位置にいなければならいという事が必要です。この事は、多くの生徒が教室に一堂に集まるという様な事が可能な場合に成り立ちます。


しかし、学習の内容や受講生の状況からこの様に一堂に集まる事が困難である場合があります。この様な問題を解決するのが、最近急激に発展しているインターネットを活用したeラーニングです。このeラーニングを活用する事により受講者は自分の居場所に関係なく様々の学習を行う事ができます。フォルスクラブはこの様なeラーニングを様々の分野で行います。特にフォルスクラブの特徴は英語教育に強いという事です。この様な事もあり、フォルスクラブは企業活動の世界への拡大を狙い香港市場への進出を準備しています。


香港市場は世界でも最も活気のある市場でアジア地域の様々の企業が進出を目指しています。フォルスクラブが香港市場に進出するためには幾つかの関門がある事の指摘があります。まず言われるのがフォルスクラブが香港市場で支援を受け活動を続けることができるかという事です。これにはフォルスクラブの香港市場におけるプレゼンスを如何に示す事ができるかにかかっています。この基盤となるのが率直に言って、フォルスクラブが香港市場で儲ける事ができるかという事です。フォルスクラブのeラーニングシステムが香港市場で受け入れられるかどうかは大きなかぎになります。当然のことながら、フォルスクラブの企業定款が香港市場の基準にあっているか。これまでフォルスクラブが企業定款を守って活動を行ってきたかという事も香港市場への進出についての1つの注視しなければならないポイントになってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です