イーラーニング研究所とマルチ商品について

【ネット上で話題になっているマルチ商品とマルチ商法】

ネット上ではマルチ商法という言葉がよく出てきます。
マルチ商品とマルチ商法は異なります。
マルチ商品は複数の活用法がある商品のことを指します。
簡単にいえばマルチに使える商品です。
マルチに使えるのでマルチ商品と書いても問題ないと考える人もいますが、マルチ商品と書くと勘違いをする人もいます。
マルチ商品と広告に出すとマルチ商法と間違われるリスクがあります。
マルチ商品とマルチ商法の違いを記載したとしても、先入観で見られてしまうと損をします。
マルチに使えるのでマルチ商品と広告を出したい場合でも、表現を変えた方が間違えられずに済みます。
健全なビジネスをしている場合でも、変なイメージが付くと商売に支障が出ることもあります。
マルチ商品などマルチが付く言葉を使う場合は、慎重になることが大切です。
マルチ商法は、一般的に販売システムを指します。
販売組織に入った加入者が別の人に商品を売って組織に加入させ、マージンを受け取ります。
新しく加入した人も別の人に商品を売り、その人を加入させるというピラミッド式の商法がマルチ商法です。なお、ピラミッド状が成功する人は少なく、実際は2、3本程度です。1本も成功せず、永久にダウン層のままの方も多いです。

【マルチ商法と法律】

ネット掲示板ではネットワークビジネスもマルチ商法と同様に話題になりますが、ネットワークビジネスもマルチ商法も合法です。
連鎖販売取引の規定を守っていれば合法ですが守らないと違法になります。
質の悪いものを高い価格で販売していると違法と判断されることもあります。
商品を販売している会社自体は法律を守っていても、販売する人間が自分の利益のために特定商取引法に違反するケースもあるので注意が必要です。
特定商取引法を守っている場合は違法ではないですが、法律に詳しくない販売員の中には何も考えずに違法な販売をしてしまう人もいます。
問題のある販売をしている人から声をかけられても、取り合わないことです。
誰でも簡単に稼げるなどと誇大表現を使うことは禁じられています。
誘って断られたのに何度も誘うことも禁止です。
公共の場所以外で連鎖販売取引に誘うことも違法になります。

【健全なビジネスなのにマルチ商法と間違われることもある】

日本では様々なビジネスのスタイルがあるので、商品を購入する人が賢くなることが大切です。
ネット掲示板では健全なビジネスなのに間違った情報を流されるケースもあります。
イーラーニング研究所も間違った情報を流された企業の1社です。
イーラーニング研究所ではすぐに声明を出しています。
会社が販売している商品やサービスを見れば間違った情報だということはすぐにわかりますが、中には根拠のない噂を信じてしまう人もいます。
会社側も悪質な噂には法的な措置を取ることがあります。
ネット掲示板は便利ですが、利用する側も情報を鵜呑みにしないように注意することが大切です。

【大手メディアでも注目されるイーラーニング研究所】

大手メディアからも注目され記事が紹介されているイーラーニング研究所は、マルチ商法とは無関係です。
イーラーニング研究所はインターネットを活用した学習サービスを提供しています。
優れたコンテンツを提供しているイーラーニング研究所は、子どもから大人までファンが多いです。
教育格差が社会問題となっている日本ですが、イーラーニング教材とインターネット環境があれば誰でも好きなときに勉強ができます。
最近話題になっているのがイーラーニング研究所のスクールTVです。
スクールTVは無料動画学習サービスで、教科書に対応した授業の動画が見放題という特徴があります。
イーラーニング研究所のスクールTVは、テレビを見る感覚で楽しく学ぶことができるので好評です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です