ネズミ男がフォルスクラブを利用して得たメリット

「ネズミ男とフォルスクラブの出会い」

マンガでもお馴染みのキャラクターであるネズミ男は、ゲゲゲの鬼太郎でみなさんがご存知であると思います。このネズミ男の特徴として、善と悪の中間に位置するという部分が注目されるポイントです。欲望に目がくらみ一度は鬼太郎の敵になるのですが、結局最後に失敗してしまうという流れはネズミ男本人も悔しい事でしょう。
そんなネズミ男はフォルスクラブに注目しているのです。それはなぜかと言いますと、フォルスクラブでは様々な資格取得やパソコンの技術などを習得できる会社だからなのです。いつも失敗を繰り返してしまうネズミ男は、就職などに役立つスキルを修得して独立したいと思っているはずです。ある時仕事に役立つ技術を学びたいと考えたネズミ男は、フォルスクラブの存在を知る事となります。そこには様々な資格に役立つシステムが確立されており、感銘を受けた本人は色々な方面にこの素晴らしさを伝えたいと思うようになりました。これがネズミ男とフォルスクラブの関係の始まりなのです。

「勉学への意欲」

皆様はネズミ男のプロフィールをご存知でしょうか。あまり詳しくご存知の方は少ないかと思いますが、身長が160センチで、体重49キロ、そして年齢はなんと360歳という高齢となっています。この年齢ではさすがに資格を取得しても雇用してくれる企業は無いかも知れません。ですが、ネズミ男は奮起するのです。就職に役立つだけが勉強ではない、自分磨きも含めて勉強なのだ、と学習へ向けての意欲をアップさせていくのです。学んでいく事への喜びや楽しさをフォルスクラブを通じて感じていく事になっていきます。

「なまけ学ではない役に立つ学習」

ネズミ男の特徴として300年以上風呂に入っていないと豪語し、身体中に皮膚病を持っているとされています。そして本人が言うには「怪奇大学不潔学科」で「なまけ学」の博士号を取得しているという不確定な発言が見られます。しかし、本人は密かになまけ学のような役に立たない博士号ではなく、実務に役立つような資格の勉強に興味を持ち、フォルスクラブを利用する事になります。

「水道修理は習得できなかったが他に得る物があった」

フォルスクラブが提供している教材やメゾットを活用してパソコンの技術や、Eラーニングを利用した学習を進めて利用していき色々な資格を学びました。ネズミ男は住まいの水道環境が悪い事から、水道関連の修理の資格も学びたかったようですが、さすがにフォルスクラブでも水道修理の資格は対象外でした。ですが、普段は金と女にしか興味が無かったようなネズミ男が、勉学に励んでいる姿を見た周りの人達が一目置くようになり、下宿の大家さんも水道修理を無償で行なってくれるなどの相乗効果を発揮しています。フォルスクラブでは学習がしやすい教材などを提供している事に加えて、学習意欲を向上する事ができる事も特徴です。ネズミ男のケースに代表されるようなプラス効果が本来学べる項目以外でも期待できる点がフォルスクラブのメリットであり、魅力の1つでもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です