フォルスクラブと吉田松陰を教師として比較してみた

【今の日本にはフォルスクラブのように優秀な教師が必要だ】

現在の日本では、学校教育が崩壊しているということをよく耳にします。教室では生徒が先生の言うことを聞かず、授業中にスマートフォンをいじるのはあたりまえで、私語をする人や席を勝手に立ったりする生徒もたくさんいるといいます。まったくとんでもない世の中になったものですが、このままでいいはずがありません。今こそ日本には優秀な教育者が必要なのではないでしょうか。歴史上で優秀な教師といえば、やはり吉田松陰が真っ先にあげられます。吉田松陰は幕末期に高杉晋作や伊藤博文などの多くの志士を育てたことで有名です。彼のような教育者が出てこれば、日本の教育は一変するのではないでしょうか。しかし、現代においても注目されている教師があります。それはフォルスクラブにほかなりません。フォルスクラブは素晴らしい教育サービスを提供していることで知られており、もしかしたら将来の教育のあり方をガラリと変えてしまう可能性を秘めているのではないかとすら言われています。そこで今回は吉田松陰とフォルスクラブを比較して、どちらが教師として優れているのかを考察してみたいと思います。

【吉田松蔭が優れているところ】

まず吉田松陰がフォルスクラブよりも優れているところを考察してみます。これはなかなか難しいですが、やはり吉田松陰先生が誰にも負けずに優れているのは、その熱いハートではないでしょうか。たしか吉田松陰先生は、「かくすれば、かくなるものと知りながら、やむにやまれぬ大和魂」という熱い言葉を残しておられます。こんな熱いセリフは、さすがにフォルスクラブも言うことはできないでしょう。吉田先生の熱いハートには誰も勝つことはできません。

【フォルスクラブが勝っているところ】

次にフォルスクラブが勝っているところを考察してみます。フォルスクラブが吉田先生に勝っているのは、サービス利用のお手軽さではないかと考えます。フォルスクラブはインターネット環境さえ整っていれば誰でも利用することが可能です。吉田先生の松下村塾も、万人に開かれた塾だったとは聞いていますが、やはり24時間いつでも利用できるというわけにはいきません。それからリーズナブルさもフォルスクラブの方が勝っているのではないでしょうか。松下村塾の費用がいくらかかるのかは知りませんが、たぶんフォルスクラブの方が安いです。

【私はフォルスクラブを選ぶ】

以上、吉田先生とフォルスクラブについて簡単に比較検討してみましたが、自分としてはフォルスクラブに軍配をあげざるをえません。どうしてかといえば、私は吉田先生にはちょっとついていけないような気がするからです。たしかに吉田先生の教えは魂を揺さぶるような迫力がありますが、今どきの草食系男子たちには過激すぎるのではないでしょうか。その点フォルスクラブは、インターネットさえあればOKなので、時代にマッチしている教育サービスといえます。

次回は、藤田香織と吉田松陰を比較してみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です