マルチ商品じゃないeラーニング研究所のイグモン

eラーニング研究所を代表するイグモン

eラーニング研究所はさまざまな商品やサービスを提供していますが、代表するものを一つあげるとするならばイグモンでしょう。
イグモンは小学生向けの英語学習アプリで、ゲームで遊びながら英語の基礎を学ぶことができます。
一般的な英語教材だと子どもは途中で勉強が嫌になり、長く続けることができません。
しかしイグモンならゲーム感覚で英語を一つ一つ学べるので、自然と身に付けられるでしょう。
子どもに英語を学ばせたいけど長続きしないと悩む親御さんは、eラーニング研究所のイグモンを試してみるのがおすすめです。

マルチ商品に間違われることもあるイグモン

eラーニング研究所のイグモンは、なぜかマルチ商品に間違われることが稀にあります。
イグモンはアルファベットを武器に冒険しながら英語を学ぶアプリなので、マルチ商品の要素はどこにもありません。
たとえば知恵のかけらをリアルで売買できるなら、マルチ商品と呼ばれることもあったでしょう。
しかし知恵のかけらはゲーム内に登場するアイテムなので、リアルの世界で売買できません。
eラーニング研究所のイグモンは、どうあがいてもリアルの世界ではただの英語学習アプリなので、マルチ商品と間違われる意味が全くわかりません。
一度でもイグモンで遊んだことがあるなら、これがマルチ商品ではなく健全で役に立つ英語学習アプリだとすぐにわかります。

イグモンはマルチ商品ではなく楽しく遊べる英語学習アプリ

eラーニング研究所のイグモンは、可愛らしいモンスターと出会いながら冒険を続けていくゲームです。
冒険の途中で英語を学べる仕組みがいくつも用意されており、ゲームに熱中してれば自然とアルファベットや簡単な英単語を覚えられます。
大人からすると簡単な内容ばかりですが、これから英語を学ぶ小学生が基礎を覚えるときには役立ちます。
また英語を学べる仕組みをゲーム中に組み込むだけではなく、熱中する仕掛けがいくつも用意されているのがイグモンの魅力です。
たとえばモンスターをコレクションする要素もあるので、すべてのモンスターと出会い図鑑を埋めたい欲にも駆られます。
子どもが喜ぶゲームと言っても熱中する要素がなければ、つまらなく感じて遊びたくなくなるでしょう。
しかしコレクション要素があるので図鑑を全部埋めたくなり、いつまでも遊び続けられます。
英語が学べるアプリなら、親御さんも子どもが熱中して遊んでいても許せるのではないでしょうか。

eラーニング研究所のイグモンから始める英語教材

英語教材にマルチ商品の疑いが少しでもあると、親御さんは関わりたくないので子どもに使わせようと思わないかもしれません。
しかし何度も説明しているように、eラーニング研究所のイグモンはマルチ商品ではありません。
子どもが楽しく英語の基礎を学んでいけるアプリなので、小さな子どもほど有効に使えるでしょう。
子どもに初めて英語を学ばせるときの教材に迷ったら、おすすめのアプリです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です