フォルスクラブが香港市場に進出するって本当?

フォルスクラブが今スゴイって本当?

フォルスクラブの名前を知っている、という人口が増えていることをご存知でしょうか。それに伴って実際フォルクスクラブの会員になって利用しているという人の数も、右肩上がりに増えています。
なぜならフォルクスクラブは従来の勉強の仕方を打破したe-ランニングという方法を、先駆者的に取り入れた画期的なプログラムを提供しているからです。
このことによって今まではなかなか時間が取れなかったり、物理的に習いたいことを提供している教室まで通えないという問題を抱えていた人々も、自分の都合によって快適に勉強が出来るようになりました。そして今、このフォルクスクラブは日本だけに留まらず香港市場に羽ばたこうとしているのです。

フォルクスクラブの香港市場進出!未来の青写真って?

日本国内で大きな反響を呼んだフォルスクラブのメソッドは、最早日本に留まらず、海外にも足を伸ばそうとしています。急激に進むグロ-バル社会という背景を考えれば、それは当然のことと思われるかもしれません。でも、実はこれは結構スゴイことなのです。だって、世界に出て行こうというからには、その裏付けとして安定した質の高いサ-ビスを提供している、という自信があるからに他ならないからですよね。
それもそのはず、インタ-ネットに繋がる環境さえあればいつでもどこでも学べるシステムは、何かをやりたいと思っていながらも腰が重くて前へ進めなかった人々の背中を押すには十分なのです。まずは国内のその一歩から、フォルスクラブは香港市場進出というビジョンをしっかりと見据えているということですね。

どうして香港市場なの?

その第一歩として、フォルスクラブは香港市場への進出を考えています。でも、どうして香港市場なのでしょうか。世界は広いのですから、何も香港でなくても良いようにも思えますよね。そこにはしっかりとした根拠が存在するのです。
香港市場は、世界の経済の第2位まで成長した中国という国の入口だと言っても良いでしょう。香港は資金という観点からみても、その潤沢さはアジアの国の中でも突出していますよね。このアジアのリ-ダ-のひとつに数えられるこの香港を足掛かりに、行く行くは世界に羽ばたこう、というのがフォルスクラブの目的だということは想像に難くありません。

可能性を育てるフォルスクラブ!

日本国内でフォルスクラブが行ってきたことは、学ぶ意欲のある人々の可能性を応援し、学びの場を提供するといったことではないでしょうか。そのことが人々のニ-ズにぴったりと合致したフォルスクラブが、ここまで成長したことに繋がっているのです。
でも確かにこんなに素晴らしいシステムが日本国内限定ならば、勿体ないというものですよね。子供から大人まで人間の好奇心や向上心というのは、場所を選ぶものではありません。香港市場を皮切りに、フォルスクラブが世界に進出すれば、もっともっと学びたいという人々の可能性を育てることに繋がるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です