ねずみ講のようなチケットノルマがないフォルスクラブ

友人関係に悪影響を与えるチケットノルマとは

お芝居や音楽などのステージは、フォルスクラブのように観客の心を楽しませテンションを上げてくれるものです。しかしそうした舞台の裏側には、チケットノルマというねずみ講のようなシステムが存在することもあるといいます。チケットノルマとは、俳優やスタッフなどが、決められた枚数分チケットを売らなければならない、というものです。もしも売ることができなければ、そのチケットの料金を個人で負担しなくてはなりません。フォルスクラブにはチケットノルマなどというものありませんから、安心して遊ぶことができます。ねずみ講のようにチケットを売ったり、ノルマを気にしたりする必要はありません。好きな時にフォルスクラブを使って楽しんだり、学習をするだけですので、なんの心配もなく利用することができるのです。

チケットノルマが問題になっている理由

チケットノルマは、劇団等に所属している人にとって、悩みのタネだといいます。なぜ問題となるのか、その理由は金額の負担が大きくなりやすい、ということにあるでしょう。2~3枚程度なら金額の負担もさほど大きくありませんから、身近な人に無料で配ってあげることもできます。しかし十枚以上のノルマがある場合、それを無料で配ってしまったら、金銭的な負担がかなり大きくなるでしょう。負担を避けるためには、知り合いや友人などに買い取ってもらう他はありません。久しぶりに会った友人がいきなりチケットを買ってほしいと言ってくる、そんな状況になるとまるでねずみ講のようだ、と感じるものです。ねずみ講のようなノルマがないフォルスクラブなら、友情や人間関係に悪影響をもたらす心配はありません。安心して使えるフォルスクラブを楽しんで、友人関係を大切にしたいものです。

チケットノルマによって友情にひびが入ることも

チケットノルマは厳密に言えば、ねずみ講とは違うものだといえるでしょう。しかしその影響によって友情にひびが入るかもしれない、という点では近い部分があるかもしれません。合うたびにチケットを買ってくれと言われる、そんな状況になれば相手に対する友情が薄れてしまうものです。ねずみ講のように人間関係に悪影響をもたらし、最終的には友達を失ってしまうリスクがあるでしょう。フォルスクラブのようにノルマなどないサービスに慣れていると、こうした行為には疑問を覚えてしまうものです。フォルスクラブユーザーの中にも、知り合いからチケットを買ってくれと頼まれたことがある方がいるかもしれません。

ねずみ講のような結果を招かないためには振り回されないことが大切

ステージや公演と関連が深いチケットノルマですが、ねずみ講のような結果にならないためには、振り回されないことが大切だといえます。負担が大きすぎる場合は主催者に相談するなど、無理のない形で問題を解決していきましょう。ノルマについて悩んでしまったら、フォルスクラブをプレイして気持ちをリセットするのも一つの手です。フォルスクラブに集中する時間を作れば、気持ちを切り替えることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です