吉田社長はフォルスクラブのようなeラーニングが今後のスタンダードになると考えている

株式会社イー・ラーニング研究所の代表取締役の吉田智雄は、

フォルスクラブをはじめとする様々なビジネスに着手しています。

フォルスクラブはひとりがやる教材ではなく家族全員ができるもので、

吉田社長は教育格差を無くす目的でこの教材を提供していると、

社長メッセージにて語っています。

フォルスクラブをはじめとするeラーニングは塾や専門学校よりも安価に学習できるツールで、

今後の日本の教育のスタンダードになると吉田社長は考えているようです。

 

eラーニングは色々な国で使われています。

特にアメリカの大学では、当たり前のように授業でeラーニングを取り入れています。

それも授業のプリントをネットから印刷するような簡単なものではなく、

放送大学のように、授業全部をネット配信で受けさせるというものです。

アメリカは国土が広く、州を移動するのに当たり前のように飛行機を使います。

講義のたびに教授が飛行機に乗って移動することは出来ません。

 

しかし、eラーニングでしたらそれは不要です。

収録する手間が掛かりますが、一度収録してしまえば、

教授は何度も州を跨がずに済みます。

そしてそれは授業の安さにも繋がるのです。

質の良い授業というものはリアルでの対面式のものが多いですが、

コストを考えるならば、放送大学のような授業形態も侮れません。

フォルスクラブのコンテンツの中にも、こうした映像授業で受けさせるものがあり、

学校の成績アップにかなり貢献していると言えます。

 

日本も大分、フォルスクラブのようなeラーニングを受ける習慣が増えてきたと言えます。

塾に通う場合でも、宿題がeラーニングのところもあるそうです。

そのうち、小中高でもeラーニングで学ぶようになるかもしれませんね。

吉田社長もそうした未来を考えて、色々と新しいビジネスを考えていると思います。

フォルスクラブに変わる新しい教材が、どんどん登場するかもしれませんよ。

吉田社長の今後の動向に期待ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です