吉田社長はこういう家庭にこそフォルスクラブをして欲しいと思っている

吉田社長が掲げる目標に「教育格差を無くす」というものがあります。

今の日本は周辺諸国に比べて大分平等と言えますが、

まだまだ教育において、格差が存在していると言えます。

と言うのも、子供に勉強をさせるにはお金が必要です。

公立の小中学校でも、給食費以外に、修学旅行積立金、

ランドセルをはじめとする各種備品が必要です。

さらに塾に通わせることも多いのではないでしょうか。

 

塾に通う頻度で値段は変わりますが、

毎年30万から100万円近く、塾に費やしているかもしれません。

お金に余裕がないとそうしたところに通えず、子供の成績に差が出てしまうかもしれません。

もちろん本人のやる気である程度のカバーは可能かもしれませんが、それも限界があります。

学校で配られる教科書や参考書だけでは、十分に勉強することが難しいと吉田社長は考えています。

 

だからこそ吉田社長はフォルスクラブを、

「なかなか塾に通わせにくい」という家庭が利用しやすいものにしているのです。

通わせにくい条件にも色々とあると思いますが、

そのひとつに「子だくさん」があるのではないでしょうか。

子供をひとり育てるだけでもお金は掛かりますが、

それが2人、3人と増えていくと、倍々に増加します。

ひとりでも塾に通わせるのが大変なのに、それが2人も3人も増えてしまうと、

とてもではありませんが塾通いは不可能です。

 

しかしフォルスクラブはそうした家庭のためにあるようなものです。

吉田社長が手掛けるフォルスクラブは個人単位ではなく家族単位の契約で、

最大5人まで同じ値段で勉強することが可能になります。

フォルスクラブひとつあれば、子供たち全員を塾に通わせる必要がなくなり、

教育費を非常に安価に抑えることが可能となるのです。

 

また、吉田社長は恵まれない子供たちにもフォルスクラブを配っています。

具体的には児童養護施設に無料でフォルスクラブを寄贈しています。

こうした活動を地道に続けていくことで、

日本から教育格差は段々と無くなっていくのだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です