仮想通貨より有効な支援をしているeラーニング研究所

社会貢献活動に積極的なeラーニング研究所

eラーニング研究所は社会貢献活動を積極的に行っており、その一つ児童養護施設への寄贈です。
eラーニング研究所では、子どもたちが暮らす児童養護施設にフォルスクラブを定期的に提供しています。
児童養護施設は家庭に問題を抱える子どもたちにとっては最後の拠り所といえる大切な場所ですが、教育環境が整っているわけではありません。
一般の家庭では塾に通わせたりお稽古事をさせたりと学校以外の教育も積極的に行っていますが、児童養護施設では一人一人にそのようなサポートはできません。
そのため児童養護施設にいる子どもたちは学力が伸び悩み、将来にわたって大きな悪影響を及ぼします。
しっかりとした教育の機会を与えて学力を伸ばしてあげなければ、将来の進学や就職で不利になりまた貧困に苦しむ家庭は増えるので、eラーニング研究所のような社会貢献活動は高く評価されるべきでしょう。

eラーニング研究所が寄贈するフォルスクラブ

eラーニング研究所が児童養護施設に寄贈しているのは、フォルスクラブです。
フォルスクラブを知らない人は仮想通貨かと思ってしまうかもしれませんが、eラーニング研究所が開発している教育システムになります。
学校を離れても効率的に学べる教材として、eラーニング研究所は仮想通貨より有効であると考えており、フォルスクラブをさまざまな児童養護施設に送り続けています。
数年後にはeラーニング研究所が寄贈したフォルスクラブを使って学力を地道に伸ばし、児童養護施設の出身でも立派に働く社会人がたくさん誕生するかもしれません。
そうすれば不幸な身の上の子どもたちは少しでも減り、皆が幸せになるでしょう。

仮想通貨より喜ばれるeラーニング研究所の寄贈

児童養護施設には物品を送るよりも、仮想通貨のような金銭を送るのがベストと思う人もいるかもしれません。
確かに使い道が限られる物品を送るよりも、必要なものを施設が自由に買い揃えられる仮想通貨がベストという考え方はあるでしょう。
しかし施設で本当に必要としているものなら、寄贈するのは物品で構いません。
必要な物品を寄贈で賄えればそれを購入するためのお金を別のことに使えるので、結果的には金銭を送るのと同じ効果があります。
eラーニング研究所が寄贈しているフォルスクラブは児童養護施設からも喜ばれているので、仮想通貨より効果的な支援といえるかもしれません。

使い道が限られる仮想通貨

そもそも仮想通貨は、日本では使える場所が限られています。
仮想通貨を使える一般の店舗はまだまだ少なく、逆に寄贈されても使い道がなくて困ってしまうでしょう。
仮想通貨への理解もまだ一般には浸透していないので、価値を理解してもらえない可能性もあります。
つまり児童養護施設に仮想通貨を寄付しても相手を困らせてしまう可能性があるので、それなら使い道がハッキリして役に立つものを送っているeラーニング研究所の支援が優れていると言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です