消費者センターで働く人はフォルスクラブで英語を学んでいた

近年の消費者センターでは英語も欠かせない

世の中にはフォルスクラブをはじめとする様々なサービスや商品などが提供されてますが、その時に何か問題があった場合などに頼りになるのがサポートに関してです。日本にあるサービスだとそこまで悪いものは少ないですしどれもお客を満足させるために質は極めて良いですし、よほどの間違いがない限り最悪だったと感じることはないと言えます。 フォルスクラブも信頼出来て品質が高いサービスの一つですし、そのサポートに関しても消費者センターと変わらないぐらい優良とも言えます。勿論、問い合わせには日本人だけでなく、もしかしたら外国人も行う可能性があるためそんな時には英語が必要になるかもしれません。消費者センターに勤めているある男性は、英語力を学ぶためにフォルスクラブを学習したことがあるそうで、こんなところでも役立っているのだと改めて関心させられます。

消費者センターとフォルスクラブのサポート体制

問い合わせの窓口といえば、最近はホームページからの専用のフォームやメールなどが主ですが、消費者センターやフォルスクラブでは電話対応の窓口もあります。電話の対応をするのに手間もかかりますし、その分専用の人材なども欠かせないため対応してないところも増えてます。単なる電話の応対だと感じますが、実はこれもきちんとした研修を受けて教育された方が必要となり、さらにお客には外人が含まれる可能性もありますから、フォルスクラブで英語を学んで外国語がある程度は出来る人が必要だったりもします。勿論、直接会話をするだけでなく、メールやチャットなどの対応もあるため、全くこれまでにそのようなことをしたことがないとかなり対応も難しくなります。
特に、メールなどは電話と比べると返答が遅くなる可能性もあり、急いで返答が欲しいときには不向きといえます。電話は実際にその場でお客と会話し、問題の内容や質問なども答えてくれ説明などもあるので大変頼りになる存在です。頼れる存在である電話での対応もある消費者センターとフォルスクラブはサポートも万全と言えます。

受付時間は大体平日のみが多い

メールなどは24時間受付をしてますが、電話だと問い合わせ時間も決まっていて大体は平日の営業時間内のみになってます。消費者センターだと平日は午前10時から午後4時までとなってますが、午後は1時からとなってます。終わる時間も午後4時と早いため、仕事などで遅くなる人だと問い合わせがしにくいとも言えます。フォルスクラブですが、実は平日は少し早めの午前9時30分からで、夕方も少し遅めの午後5時30分まで受け付けてます。勿論、昼休み中でも受付を行っていて、この点はフォルスクラブの方が柔軟に対応していると感じます。

休日の場合の問い合わせの受付時間

平日だとフォルスクラブの方が柔軟に対応してますが、休日は別で電話のサポートはなくて連絡に関しては平日だけになってます。消費者センターは休日でも同じ時間帯で受け付けていて、普段仕事などで忙しい場合でも休日に問い合わせがしやすくなってます。勿論、休日に対応するとなるとその分、休日に出勤する人が必要となります。フォルスクラブは平日に長めに時間を取って、その分休日は休むようにしているのでスタッフのことを考えているとも言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です