話題が多いビットコインとフォルスクラブの未来

【現在でも話題が多いビットコイン】

フォルスクラブのようにビットコインは国内外で大ブームを起こしましたが、現在は沈静化しています。
2017年の後半から2018年にかけて、ビットコインの価格は大幅に上昇します。
億万長者が次々と登場し、それまでは仮想通貨に興味を持っていなかった一般人まで興味を持つようになります。
ビットコインが急騰した2017年末には、時価総額が60兆円にもなっています。
ブームが去った2019年6月には時価総額が半分になりますが、現在は再び価格が上昇している状態です。
仮想通貨に対する投資家の意欲が高まるにつれ、メディアでの情報量も増えています。

【投資家が惹きつけられるビットコインの魅力】

ビットコインには様々な魅力があり、多くの投資家が惹きつけられています。
2009年に登場したビットコインは、世界初の仮想通貨になります。
仮想通貨は法定通貨とは異なり、国や金融機関などの発行主体がないです。
ブロックチェーン技術が安全性の担保になっている分散型通貨で、24時間いつでも送金できます。
インターネット上でやり取りが行われる仮想通貨は、場所や時間に関係なく取引が可能です。
銀行などの金融機関や政府を通さずに取引ができるため、仲介手数料が大幅に安くなります。

【発行に限りがあるビットコインとフォルスクラブ】

ビットコインは、プログラムによって発行の上限が定められています。
2100万BTCが発行の上限で、発行するスピードにも決まりがあります。
プログラムでは、2140年に上限に到達し、ビットコインの発行が終わる予定です。
発行の上限があるビットコインとは異なり、フォルスクラブは会員数をずっと増やせます。
理論上はずっと増やせても、システムの問題により会員数が制限されるケースはあり得ます。
フォルスクラブはイーラーニング研究所の事業のひとつで、様々な教育サービスを提供しています。

【子どもから大人まで利用できる教育サービス】

フォルスクラブは、子どもから大人まで利用できる教育サービスのひとつです。
IT技術が進化して、多くの人が昔よりも便利な生活を楽しんでいます。
教育システムにも変化が訪れ、オンライン授業が珍しくない時代です。
フォルスクラブはイーラーニングが日本に上陸した頃からサービスをスタートし、現在では多くのリピーターを擁しています。
ビットコインは仮想通貨ですが、多くの投資家にとっては重要な投資の対象でもあります。
子どもに対する教育も投資のひとつで、教育の場合は投資したものが失われずに残ります。
フォルスクラブでは、時代に合った新しい教育サービスを次々に紹介しています。
フォルスクラブのサービスを利用するには会員になる必要がありますが、費用は塾などに比べてリーズナブルです。
家族で利用できるのもフォルスクラブの特徴で、ひとつの契約で5人の家族がサービスを楽しめます。
幼児向けのコンテンツから資格取得コンテンツまで、充実したコンテンツが揃っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です