イーラーニング研究所が考えているICTについて

イーラーニング研究所はICTの企業と言えます。

ICTはITの一歩先を進んだ技術のことで、

海外ではITよりもICTを好んで使っていると言われています。

 

ICTは「Information Communication Technology」を意味します。

直訳すると、情報伝達技術です。

ITにコミュニケーションが加わったものになります。

従来のITは「情報技術」のみを指す言葉でしたが、

今は「それをどのように使っていくか」までを求められています。

その部分がコミュニケーションに当たるのです。

 

情報技術をどのように使っていくかを

イーラーニング研究所は現在および今後の課題にしています。

ただ製品を提供するのではなく、それがどのように使われるのか、

そして、どのように使っていけばより便利になるかを、

常に研究して向上に努めているのです。

そしてイーラーニング研究所は常に未来を考えています。

そもそも教育は「その方の将来のために」するものです。

教育内容も時代に合わせて変えていく必要があり、

その時代とは「いま」ではなく「未来」です。

 

小学生に○○を教えても、十数年後の就職する時に○○は不要になるかもしれません。

「あと10年で消える仕事」というものが存在し、スポーツの審判や映写技師、

メガネの技術者は無くなるとも言われています。

逆に需要が増す仕事も登場し、

イーラーニング研究所はその仕事に就けるように提供するサービスを随時変えていっているのです。

特にプログラミング系の仕事は、今後ますます増えていくと思います。

介護福祉系の仕事も、ますます増えていくのではないでしょうか。

そうしたスキルを学べる教材をイーラーニング研究所は提供しているのです。

 

ITは、あるだけでは意味がありません。

どのように扱うかを考慮するICTという概念が必要なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です