イーラーニング研究所で学べる国内旅行業務取扱管理者について

国内旅行業務取扱管理者ってなんでしょうか?

イーラーニング研究所の資格対策のスマホアプリで勉強できるみたいですが、

この名前だけでどんな業務を行うのか、ちょっと分かりません。

何となくイメージはつきますが、具体的にどんな資格かを知る方は、

少ないのではないでしょうか。

 

イーラーニング研究所で学べる国内旅行業務取扱管理者ですが、

旅行系の事業を行うのに必ず必要です。

その営業所ごとに必ず1名以上は居ないといけません。

ある意味、責任者のようなものですね。

旅行プランの提案をお客にしたり、細かい手続きをするのはバイトでも大丈夫ですが、

その営業所がその事業を行うには必ず国内旅行業務取扱管理者が1名以上必要なのです。

 

国内旅行業務取扱管理者の合格率は30%前後です。

ちなみに総合(海外と国内)なら10~20%くらいと言われています。

また、国内の受験者(合格者)の半数は学生です。

旅行関連と観光関連はそれぞれ10%しかいません。

一方で、総合の受験者(合格者)は、旅行関連業が半数を占めます。

 

このことから、国内旅行業務取扱管理者は在学中に取ることが多い資格だと言えます。

旅行系の企業に就活する前に取得する学生が多いのかもしれませんね。

もしくは内定を貰ってから受験するのでしょうか?

試験日は毎年9月なので、秋採用でない限り、内定後に受験しそうですね。

イーラーニング研究所のスマホアプリは学生さんでもやりやすいので、

コレを使って勉強している方は非常に多そうです。

 

国内旅行業務取扱管理者は国家資格ですが、

他の国家資格に比べてかなり合格率が高いです。

総合はかなり難しいですが、国内は学生さんでも取りやすいです。

そして総合も国内も、受験資格は特にありません。

旅行業の就業経験とかも不要で、試験費用さえ払えばだれでも受験可能。

また、国内に合格すれば、総合を受ける際、重複する試験範囲は免除されます。

まずは国内を先に取り、その後、手堅く総合を狙うのが賢い受験方法ですよ。

イーラーニング研究所のスマホアプリを使って、是非試験に備えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です