フォルスクラブは仮想通貨と違って管理者がいる

●仮想通貨を巡るトラブルが頻発している

米国市場を中心とする株価がフォルスクラブのように史上最高水準にあるなかで、新たな投資先として仮想通貨が注目を集めています。現にビットコインは史上初の1万ドルを突破し、数日後には暴落するなどボラティリティの高さも長目を集める理由のひとつです。
つまり大儲けする人がいる一方で、タイミングを誤ってエントリーし巨額の評価損を抱えている方もいると言うことです。そんなさなかにあって仮想通貨がらみの消費者トラブルも増加しているそうです。
裁判に発展した事例もあります。

●フォルスクラブには管理者が存在している

具体的には50万円相当の仮想通貨を市場価格の30倍の価格での購入をもちかけて、言われるがままに購入してしまったというもの。弁護士が代理院として交渉した結果、和解することで合意したものの業者の支払が停止します。そこで業者の代表者名義の仮想通貨口座にあたるウオレットを差し押さえたものの、通貨交換会社が差し押さえを拒否したわけです。
理由は仮想通貨ならではの中央の管理者が存在しないことによるものです。公正な管理者が存在しないため、交換会社は二重弁済のリスクがあると主張、その言い分を前に際し抑えした債権者も断念してしまいました。
これに対してフォルスクラブはどうでしょうか。もちろんフォルスクラブには管理している事業会社が正当に事業運営しています。事業継続するうえでは、トラブルに遭遇することがあるかもしれません。通過では管理者として中央銀行が存在し安心して貨幣をベースに取引できます。フォルスクラブも同様に管理下にある事業について運営する団参者の責任を負っているので、言い逃れやご都合主義の主張を強行することはないので、事業を開始したい個人の方でも安心感が高いのではないでしょうか。

●仮想通貨では交換会社の対応がまちまち

消費者のむちをいいことに、高額で売りつける消費者被害が続出している仮想通貨ですが、業者の対応はまちまちです。中には消費者側の申し立てに応じて、差し押さえを容認した交換管理会社もあるようです。一部の交換会社が正当な対応をしているのは投資を検討する方には安心材料になりますが、必ずしもそのような事業者に対応してもらえるとは限りません。これに引き替えフォルスクラブは、問題が発生したときの対応策は定型化されているので、人い酔って対応が異なる心配はない筈です。

●リスクが低く不当な抜け道もないフォルスクラブは安心できる

フォルスクラブはこれから収益をあげるにつき、リスクが比較的低いと言えます。仮想通貨に投資した場合の初心者にとり気を付けるべきは価格変動の激しさです。資金流動量の変動が非常に大きいので、瞬時に評価益も蒸発する恐れがあるからです。フォルスクラブでは瞬時に巨万の富を得ることは難しいのは確かです。とはいえ低いリスクと安定した収益を見込める点で、仮想通貨を選択するよりは賢明な判断を下すことができると言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です