フォルスクラブの自作クイズからの問題:マルチョウの位置を回答しよう

フォルスクラブのふぉるぱはクイズを自作することができます。

ジャンルは本当に自由で、牛肉の部位を出題することも可能です。

 

筆者は安楽亭にしか行きませんので、

カルビとロース、ホルモン、タンくらいしか知りません。

しかし、牛肉は非常に多岐に渡って仕分けられています。

大別するだけでも、18種類はありそうです。

そして、牛肉に関する豆知識やコラムは豊富にあります。

それらを紹介するだけでも、フォルスクラブのふぉるぱでクイズ集を作れそうです。

 

例えば、焼肉の起源は韓国という話を聞いたことはありますか。

肉を焼くのに起源なんか無いように見えますが、そこそこの理由があります。

筆者がよく食べているカルビですが、これは朝鮮語から来ています。

日本人がその部位をカルビと言い続けている限り、

韓国起源を全否定するのは難しいかもしれませんね。

 

部位の種類は18種類もあるので、中には聞いたこともないお肉もあると思います。

フワ、ウルデ、チレ、マルチョウなど、最早何語かどうかも分かりません。

朝鮮語と言われても、普通に信じそうです。

ちなみにそれぞれ、フワ=肺、ウルデ=喉、チレ=脾臓、マルチョウ=小腸、になります。

マルチョウを腸全体と思った方は多いのではないでしょうか。

牛肉の部位の名前は意外と難しいです。

 

大別して18ですので、もっと細かく分けることが出来ます。

ロースも、サブトン、ハネシタ、マクラと分けることが可能です。

牛肉に関することに絞っても、フォルスクラブのふぉるぱで作り甲斐がありそうです。

フォルスクラブにマルチクエストを導入するとどうなるか?

今流行りのスマホゲーにて、マルチクエストが流行っています。

言い換えるなら、協力プレイでしょうか。

仲間と一緒に遊ぶことで、友情の絆を高めることができそうです。

オンラインゲームと違って、リアルでのコミュニケーションも取りやすくなると思います。

 

こうしたマルチクエストをフォルスクラブに導入してみるのはどうでしょうか。

フォルスクラブには多彩なコンテンツが収納されており、中にはスマホを使うものもあります。

ゲーム性はそこまで強くありませんが、それでマルチクエストをすることができれば、

リアルでの友達作りの助けになると思います。

最大の難関は、プレイヤーがそこまで多くないことでしょうか。

あの有名なスマホゲーのアクティブプレイヤーが何人居るか分かりませんが、

CMを良く見かけるぐらいなので、100万人はいるかもしれません。

教室を見渡せば、4~5人はいるかもしれません。

いなくても、スマホさえあれば直ぐに始めることが可能です。

 

フォルスクラブはそこまでプレイヤー人数が多くありませんが、

ここでフォルスクラブ最大の特徴が活かせます。

フォルスクラブは1契約で5アカウント支給されますので、

それを友達に渡すことで協力プレイをすることができます。

 

勉強に関してのマルチクエストはいくつか考えられます。

リアルですが、全国高等学校クイズ選手権は1つの問題に対して複数人が協力して回答します。

そんな感じのゲームでしたら、協力プレイが可能だと思います。

あと、早押しでしたら、対戦も可能かもしれませんね。

色々と可能性はありそうです。

フォルスクラブにマルチカメラは有用か?

先の説明では少し分かりにくかったので、もう少しマルチカメラについて紹介します。

 

「二つ以上の視点が合わさった動画が作れる」のがマルチカメラですが、

こう書くと、キュビズムのようなものを連想してしまいそうです。

もしくは、二画面同時中継でしょうか。

実際には、複数のカメラを使って撮影しているだけになります。

「二つ以上の視点が合わさった」というよりも、

「視点切り替えを一瞬で出来る」と表現した方が良かったかもしれませんね。

 

フォルスクラブのLEARNING EYESはドラマになりますので、

マルチカメラを使うことでより臨場感のある映像を撮ることが出来ます。

しかし、マルチカメラの最大の欠点は、自分以外のカメラを映してしまうことです。

どこかの有名な映画にて、間違ってカメラが映ってしまったシーンがあると聞きました。

視点切り替えは演出で非常に重要ですが、それで余計なものが映るようでは大問題です。

対策としては、二度同じシーンを撮るといった方法があります。

使用するカメラは一台なので、これなら余計なものが映る心配はありません。

と言いつつ、最近の映画の合成技術はすごいので、余計なものを消すことが可能です。

 

フォルスクラブが何台のカメラを使って撮影しているかは分かりません。

普通、予備はあると思いますが、同時に稼働するとは限らないのです。

仮に使うとしたら、ちょっと角度を変えて映すぐらいでしょうか。

 

個人的には、フォルスクラブの手話講座にも視点変換は欲しいところです。

自分の手の動きを見ることが出来れば、かなり良いと思いますよ。

フォルスクラブにマルチカメラは合っているのか?

二つ以上の視点が合わさった動画が作れるのがマルチカメラです。

例えて言うなら、動画の最中に左からの視点の映像と

右からの視点の映像が組み合わさったものがそうです。

そんなマルチカメラはフォルスクラブに合うのでしょうか。

 

フォルスクラブは様々な映像講義を配信しています。

もしフォルスクラブがマルチカメラを採用すれば、

ドラマやドキュメンタリーのように臨場感溢れる映像が作れるかもしれません。

講師が話していると真正面から捉えた映像に加え、

側面から捉えた映像が加わることで力強く訴えている画になるかもしれません。

ですがやはりフォルスクラブのメインはあくまでも勉強なので、

講義の映像ならばマルチカメラの効果は薄いかもしれません。

 

ですが、LEARNING EYESなら効果が高まるかもしれません。

英会話の映像を見て英会話を聞き、

表示される文法により学ぶのがフォルスクラブのLEARNINGEYSです。

英会話のためのドラマが繰り広げられるので、

マルチカメラを使うことでより感情移入が出来ます。

 

マルチカメラにより印象的になるので、結果英会話の勉強にもプラスになるといえます。

視点が変わり、文法が表示されることでも印象が変わります。

強い印象は記憶に残るので、しっかりその時の英会話が脳にインプットされるでしょう。

より印象的になり記憶の定着に使えるのであれば、

フォルスクラブのLEARNING EYESはマルチカメラに向いているともいえます。

 

映像を利用するフォルスクラブだからこそ、

マルチカメラによる恩恵を受けられるものがあるといえます。

マルチに学べるフォルスクラブの手話講座

趣味の一つとして、またコミュニケーションのために手話を取得される方がいます。

きちんと取得して、手話にてしっかりコミュニケーションが取れるようになりたいものです。

手話講座はフォルスクラブにもあります。

パソコンやタブレットを活かして、フォルスクラブならマルチに手話を学ぶことが出来ます。

 

フォルスクラブのメリットは、映像を見ながら何度でも手話を勉強出来る点にあります。

自分のペースでわかるまで繰り返せるので、手話の勉強に非常に合っています。

配信時間などが決まっていないので、勉強がしやすいのもメリットです。

早朝でも深夜でも勉強が出来るので、仕事や予定などの兼ね合いも簡単に出来ます。

忙しい方にもピッタリとなっていて、人気の講座です。

 

テキストのみで手話を学ぼうとすると、手の位置や向きがわかりにくいということもあります。

ですがマルチに学べるフォルスクラブの手話講座なら、モード切替があり左右の反転が出来ます。

このモード切替により、しっかり相手に伝わる手話を学ぶことが出来ます。

映像で左右の反転を切り替えできるので、非常に手話がわかりやすく学べるようになっています。

左右の反転があるので、

反転状態の動画を見ることでちゃんと伝わる手話を身に付けることが出来ます。

 

手話講座は単に手話を学ぶだけでなく、手話技能検定6級と7級にも対応しています。

そのためフォルスクラブならマルチな手話の勉強が出来ます。

 

マルチに学べるフォルスクラブの手話講座なら、ちゃんと伝わる手話が身に付けられます。

マルチな悩みに対応してくれるフォルスクラブのサポートサービス

悩みには色んな種類があります。

お金に関する悩みや家族のこと、健康のことや職場のことなど様々です。

悩みは愚痴をこぼしてすっきりするパターンと、相談して解決に向かうパターンがあります。

前者なら友人や恋人、家族に話を聞いてもらえれば問題ないです。

ですが何かしらの問題に直面し、その問題を解決したいのならプロの手を借りた方がいいです。

 

現実的に解決するアドバイスをもらえるからです。

それに重要な悩みほど近しい人間に打ち明けられないものです。

うかつに話してしまい、デリケートな話題が広まってしまった、

打ち明けたことでかえってもめてしまった。重要な悩みほど打ち明けるのは慎重になります。

 

マルチな悩みに対応してくれるのが、フォルスクラブのサポートサービスです。

人間関係や金銭の話、職場や介護などマルチな悩みに対応しています。

フォルスクラブに加入していれば誰でも使えて、

しかもマルチな悩みに対応してくれるのが評判です。

 

悩みの相談場所というのは、一から探すと難しいものです。

どのサービスもよく見えて、相談先ですら悩んでしまいます。

けれどフォルスクラブのサポートサービスなら、

加入していれば誰でも使えるので一から調べず気軽に相談出来ます。

困った時のお守り的な存在としても評判です。

それでいてフォルスクラブならマルチな悩みに対応しているので心強いと話題となっています。

マルチな悩みに対応しているので、

新たな種類の悩みが生じてもサポートサービスに相談することが出来ます。

 

日常生活のトラブルにも対応しているので便利です。

マルチな悩みに対応しているフォルスクラブのサポートサービスは

非常に頼りになる存在です。

マルチデバイスで利用出来るフォルスクラブ

サービスやコンテンツなどを様々な端末で共有して利用できるのがマルチデバイスです。

マルチデバイスは使ってみると非常に便利です。

家族がPCを使っているからインターネット上で購入した映画が観られない。

それなら自分のスマートフォンで見よう、

別のタブレットPCで見ようという使い方がマルチデバイスなら出来ます。

家族をはじめ複数の人と同居していると、マルチデバイスは非常に便利なのです。

それぞれのやりたいこと邪魔せずに利用出来る優れものです。

 

実はフォルスクラブのコンテンツもマルチデバイスに対応したものがあります。

コンテンツの中にはパソコンやタブレットで利用出来るもの、

スマホとタブレットで利用出来るものがあります。

そのためマルチデバイスによりフォルスクラブは利用出来るのです。

 

リビングのパソコンで奥さんが資格の勉強をしている際に、

旦那さんはスマホやタブレットで自分の資格の勉強をする。

そういった使い方が出来るのがフォルスクラブです。

マルチデバイスで利用できるからこそ、自分のペースできっちり勉強出来ます。

自分がこの時間にやろう!と決めた決意が、

他の家族がパソコンなどを使っていることで気持ちが削がれる。

そんな時ほど悲しい時はありません。

せっかく上がったモチベーションも落ちてしまいます。

 

マルチデバイスで利用出来るフォルスクラブならそんなことはありません。

それがフォルスクラブのメリットの一つともいえます。

様々なコンテンツがあり、

マルチデバイスにも対応しているので非常に勉強がしやすいです。

マルチな勉強が出来るフォルスクラブ

現代において、勉強の仕方は様々あります。

教師が教え、生徒は集団で授業を受ける。

それだけが勉強のスタイルではありません。

個人でテキストを見て解く、通信教育を利用する。

様々な勉強の仕方があります。

色んな勉強のやり方がある中で、マルチな勉強が出来るのがフォルスクラブです。

 

フォルスクラブはeラーニングという特性を活かしてマルチな勉強が出来ます。

コンテンツによってはスマートフォンを利用して勉強が出来るので、

社会人が仕事の合間にスマートフォンを使って少し勉強するといった使い方も出来ます。

インターネットが使える環境であれば自宅でも外でも出来ます。

時間が確保できた時に自宅でみっちり勉強したり、

お気に入りの集中出来るカフェで勉強することも出来ます。

 

フォルスクラブならマルチな勉強が出来るのです。

マルチな勉強がフォルスクラブで出来る分、

しっかり続けられるように自分自身で工夫しなくてはなりません。

いつでも出来るという自由な分、メリハリをつけないと勉強出来ないのも事実です。

そういった部分を自分なりに工夫してしっかり勉強出来る人にとっては、

フォルスクラブは非常に便利に勉強が出来るといえます。

 

通学時間などを考えず、自分のしたい時に勉強出来るのは大きなメリットです。

フォルスクラブはテキストや教科書を見るだけではありません。

講義の映像を見たり問題集や単語帳も利用します。

様々な教材を利用することで理解を深め、知識の定着率を向上させます。

 

マルチな勉強が出来るフォルスクラブは、メリハリをつける必要があります。

それが出来れば自由に勉強が出来るので、効率よく勉強出来ます。

フォルスクラブをマルチキーボードでやってみよう

マルチデバイス対応のキーボードは便利です。

複数のパソコンを扱う場合、それぞれのキーボードを操作するのは、

腕や身体の位置を動かさないといけないので、大変です。

また、場所も取ります。

その点、マルチキーボードでしたら、使うのはそれ一つのみ。

場所も取らず、快適に操作することが出来ます。

 

複数のパソコンを使う機会は中々ありませんが、

マルチキーボードの利点はパソコン以外にも接続がしやすい点が挙げられます。

例えば、タブレット。

タブレットはパソコンと同程度の性能を持ち、

作業内容によっては高速でタイピングすることもあるかもしれません。

そんな時に、マルチキーボードのような外付けの入力装置を使うことで、

スムーズに文字を打つことが可能だと言えます。

もちろん、スマートフォンにも接続可能です。

電車の中で、スマホを手元に置いて、

ミニキーボードをカタカタしている人を見たことはありませんか?

すごい器用に打ち込んでいると、私は感心しました。

 

フォルスクラブをする場合もマルチキーボードが使えるかもしれません。

フォルスクラブのアプリはそれぞれパソコン用、タブレット用の2つが用意されていますが、

外付けのキーボードがあれば、タブレットでパソコン用のアプリが出来るかもしれません。

ちょっと設定が難しいかもしれませんが、

タブレットをモニターの様に使ってフォルスクラブをすることが可能だと言えます。

 

携帯キーボードには様々なものがあります。

小さいものや大きいもの、奥側が少し高くなっているものまで、

使用者は使いやすいタイプを選ぶことが出来ます。

ボタンの形も四角いものや丸いものまで、多種多様に揃っています。

もしも、外出先に携帯するのなら、小さいのがいいかもしれませんね。

中には、折り畳みタイプのキーボードもあるそうです。

ほとんどスマホと同じくらいの大きさのものもあります。

外付けのキーボードを使ってフォルスクラブをする際は、

自分に合ったものを選んでみてください。

どんなにマルチポストしようともフォルスクラブをしようとも、ネット回線が爆発するようなことはない

口コミ掲示板でのマルチポストが失礼だと感じる理由は、

それが無料のコンテンツを利用しているからではないでしょうか。

有料で質問できるサイトがありますが、そこでマルチポストをしても誰も責めないと思います。

マルチポストがダメな理由はいくつかありますが、

ひとつはネット資源を無意味に搾取していることが挙げられます。

多くの方が全く気にしていないと思いますが、ネットの資源も有限です。

石油みたいに枯渇することはありませんが、ネットの通信回線には限りがあります。

マルチポストは無意味にネット資源を消費することに繋がるかもしれないと考えられているため、

多くの方が嫌悪しているのです。

実際には、太陽にネジ一個捨てるくらい、些細なことです。

全人類が一斉にネジを捨てても、たった70億本です。

太陽が爆発するには、地球と同じ量のネジを捨てる必要がありそうです。

1禾予本くらいでしょうか。

(※10の24乗)

 

フォルスクラブもネット資源を使って運用される教材になります。

だからと言って、どんなにフォルスクラブを使おうとも、ネット回線が爆発することはありません。

ネット資源は有限ですが、少なくとも使い切れる類ではないのです。

 

ネット回線が爆発するとはちょっと違いますが、回線が落ちることはよくあります。

有名なのは、Twitterのバルス祭りでしょうか。

1秒間に14万を超えるツイートが流れたため、Twitter社の回線が耐えられずに切れてしまいました。

ただしこれはブレーカーの電源が落ちるようなものです。

ブレーカーを上げれば普通に使えます。

むしろ、回線が爆発しないようにブレーカーを落としているのです。

 

フォルスクラブも使用者が多くなれば回線は落ちるかもしれませんが、

そもそも、会社側は契約数に応じてサーバーを強化するのが普通です。

艦これはサーバー強化が追い付かずに度々落ちていましたが、

一般的な通信教材でしたらそこまで人気が過度に集中することはありません。

フォルスクラブをどんなにマルチに使おうとも、

「回線が重くてログイン出来ません」ということはなさそうです。

 

少なくとも、一般人はネット資源のことを気にしなくていいと思います。

いくら環境に気を遣っている人でも、ゲップを我慢する人はいませんよね。

チリも積もれば山となるとは良く言いますが、全体に対して弊害を生むには、

数万年規模の時間が必要ですよ。