フォルスクラブにマルチカメラは合っているのか?

二つ以上の視点が合わさった動画が作れるのがマルチカメラです。

例えて言うなら、動画の最中に左からの視点の映像と

右からの視点の映像が組み合わさったものがそうです。

そんなマルチカメラはフォルスクラブに合うのでしょうか。

 

フォルスクラブは様々な映像講義を配信しています。

もしフォルスクラブがマルチカメラを採用すれば、

ドラマやドキュメンタリーのように臨場感溢れる映像が作れるかもしれません。

講師が話していると真正面から捉えた映像に加え、

側面から捉えた映像が加わることで力強く訴えている画になるかもしれません。

ですがやはりフォルスクラブのメインはあくまでも勉強なので、

講義の映像ならばマルチカメラの効果は薄いかもしれません。

 

ですが、LEARNING EYESなら効果が高まるかもしれません。

英会話の映像を見て英会話を聞き、

表示される文法により学ぶのがフォルスクラブのLEARNINGEYSです。

英会話のためのドラマが繰り広げられるので、

マルチカメラを使うことでより感情移入が出来ます。

 

マルチカメラにより印象的になるので、結果英会話の勉強にもプラスになるといえます。

視点が変わり、文法が表示されることでも印象が変わります。

強い印象は記憶に残るので、しっかりその時の英会話が脳にインプットされるでしょう。

より印象的になり記憶の定着に使えるのであれば、

フォルスクラブのLEARNING EYESはマルチカメラに向いているともいえます。

 

映像を利用するフォルスクラブだからこそ、

マルチカメラによる恩恵を受けられるものがあるといえます。

マルチに学べるフォルスクラブの手話講座

趣味の一つとして、またコミュニケーションのために手話を取得される方がいます。

きちんと取得して、手話にてしっかりコミュニケーションが取れるようになりたいものです。

手話講座はフォルスクラブにもあります。

パソコンやタブレットを活かして、フォルスクラブならマルチに手話を学ぶことが出来ます。

 

フォルスクラブのメリットは、映像を見ながら何度でも手話を勉強出来る点にあります。

自分のペースでわかるまで繰り返せるので、手話の勉強に非常に合っています。

配信時間などが決まっていないので、勉強がしやすいのもメリットです。

早朝でも深夜でも勉強が出来るので、仕事や予定などの兼ね合いも簡単に出来ます。

忙しい方にもピッタリとなっていて、人気の講座です。

 

テキストのみで手話を学ぼうとすると、手の位置や向きがわかりにくいということもあります。

ですがマルチに学べるフォルスクラブの手話講座なら、モード切替があり左右の反転が出来ます。

このモード切替により、しっかり相手に伝わる手話を学ぶことが出来ます。

映像で左右の反転を切り替えできるので、非常に手話がわかりやすく学べるようになっています。

左右の反転があるので、

反転状態の動画を見ることでちゃんと伝わる手話を身に付けることが出来ます。

 

手話講座は単に手話を学ぶだけでなく、手話技能検定6級と7級にも対応しています。

そのためフォルスクラブならマルチな手話の勉強が出来ます。

 

マルチに学べるフォルスクラブの手話講座なら、ちゃんと伝わる手話が身に付けられます。

マルチな悩みに対応してくれるフォルスクラブのサポートサービス

悩みには色んな種類があります。

お金に関する悩みや家族のこと、健康のことや職場のことなど様々です。

悩みは愚痴をこぼしてすっきりするパターンと、相談して解決に向かうパターンがあります。

前者なら友人や恋人、家族に話を聞いてもらえれば問題ないです。

ですが何かしらの問題に直面し、その問題を解決したいのならプロの手を借りた方がいいです。

 

現実的に解決するアドバイスをもらえるからです。

それに重要な悩みほど近しい人間に打ち明けられないものです。

うかつに話してしまい、デリケートな話題が広まってしまった、

打ち明けたことでかえってもめてしまった。重要な悩みほど打ち明けるのは慎重になります。

 

マルチな悩みに対応してくれるのが、フォルスクラブのサポートサービスです。

人間関係や金銭の話、職場や介護などマルチな悩みに対応しています。

フォルスクラブに加入していれば誰でも使えて、

しかもマルチな悩みに対応してくれるのが評判です。

 

悩みの相談場所というのは、一から探すと難しいものです。

どのサービスもよく見えて、相談先ですら悩んでしまいます。

けれどフォルスクラブのサポートサービスなら、

加入していれば誰でも使えるので一から調べず気軽に相談出来ます。

困った時のお守り的な存在としても評判です。

それでいてフォルスクラブならマルチな悩みに対応しているので心強いと話題となっています。

マルチな悩みに対応しているので、

新たな種類の悩みが生じてもサポートサービスに相談することが出来ます。

 

日常生活のトラブルにも対応しているので便利です。

マルチな悩みに対応しているフォルスクラブのサポートサービスは

非常に頼りになる存在です。

マルチデバイスで利用出来るフォルスクラブ

サービスやコンテンツなどを様々な端末で共有して利用できるのがマルチデバイスです。

マルチデバイスは使ってみると非常に便利です。

家族がPCを使っているからインターネット上で購入した映画が観られない。

それなら自分のスマートフォンで見よう、

別のタブレットPCで見ようという使い方がマルチデバイスなら出来ます。

家族をはじめ複数の人と同居していると、マルチデバイスは非常に便利なのです。

それぞれのやりたいこと邪魔せずに利用出来る優れものです。

 

実はフォルスクラブのコンテンツもマルチデバイスに対応したものがあります。

コンテンツの中にはパソコンやタブレットで利用出来るもの、

スマホとタブレットで利用出来るものがあります。

そのためマルチデバイスによりフォルスクラブは利用出来るのです。

 

リビングのパソコンで奥さんが資格の勉強をしている際に、

旦那さんはスマホやタブレットで自分の資格の勉強をする。

そういった使い方が出来るのがフォルスクラブです。

マルチデバイスで利用できるからこそ、自分のペースできっちり勉強出来ます。

自分がこの時間にやろう!と決めた決意が、

他の家族がパソコンなどを使っていることで気持ちが削がれる。

そんな時ほど悲しい時はありません。

せっかく上がったモチベーションも落ちてしまいます。

 

マルチデバイスで利用出来るフォルスクラブならそんなことはありません。

それがフォルスクラブのメリットの一つともいえます。

様々なコンテンツがあり、

マルチデバイスにも対応しているので非常に勉強がしやすいです。

マルチな勉強が出来るフォルスクラブ

現代において、勉強の仕方は様々あります。

教師が教え、生徒は集団で授業を受ける。

それだけが勉強のスタイルではありません。

個人でテキストを見て解く、通信教育を利用する。

様々な勉強の仕方があります。

色んな勉強のやり方がある中で、マルチな勉強が出来るのがフォルスクラブです。

 

フォルスクラブはeラーニングという特性を活かしてマルチな勉強が出来ます。

コンテンツによってはスマートフォンを利用して勉強が出来るので、

社会人が仕事の合間にスマートフォンを使って少し勉強するといった使い方も出来ます。

インターネットが使える環境であれば自宅でも外でも出来ます。

時間が確保できた時に自宅でみっちり勉強したり、

お気に入りの集中出来るカフェで勉強することも出来ます。

 

フォルスクラブならマルチな勉強が出来るのです。

マルチな勉強がフォルスクラブで出来る分、

しっかり続けられるように自分自身で工夫しなくてはなりません。

いつでも出来るという自由な分、メリハリをつけないと勉強出来ないのも事実です。

そういった部分を自分なりに工夫してしっかり勉強出来る人にとっては、

フォルスクラブは非常に便利に勉強が出来るといえます。

 

通学時間などを考えず、自分のしたい時に勉強出来るのは大きなメリットです。

フォルスクラブはテキストや教科書を見るだけではありません。

講義の映像を見たり問題集や単語帳も利用します。

様々な教材を利用することで理解を深め、知識の定着率を向上させます。

 

マルチな勉強が出来るフォルスクラブは、メリハリをつける必要があります。

それが出来れば自由に勉強が出来るので、効率よく勉強出来ます。

フォルスクラブをマルチキーボードでやってみよう

マルチデバイス対応のキーボードは便利です。

複数のパソコンを扱う場合、それぞれのキーボードを操作するのは、

腕や身体の位置を動かさないといけないので、大変です。

また、場所も取ります。

その点、マルチキーボードでしたら、使うのはそれ一つのみ。

場所も取らず、快適に操作することが出来ます。

 

複数のパソコンを使う機会は中々ありませんが、

マルチキーボードの利点はパソコン以外にも接続がしやすい点が挙げられます。

例えば、タブレット。

タブレットはパソコンと同程度の性能を持ち、

作業内容によっては高速でタイピングすることもあるかもしれません。

そんな時に、マルチキーボードのような外付けの入力装置を使うことで、

スムーズに文字を打つことが可能だと言えます。

もちろん、スマートフォンにも接続可能です。

電車の中で、スマホを手元に置いて、

ミニキーボードをカタカタしている人を見たことはありませんか?

すごい器用に打ち込んでいると、私は感心しました。

 

フォルスクラブをする場合もマルチキーボードが使えるかもしれません。

フォルスクラブのアプリはそれぞれパソコン用、タブレット用の2つが用意されていますが、

外付けのキーボードがあれば、タブレットでパソコン用のアプリが出来るかもしれません。

ちょっと設定が難しいかもしれませんが、

タブレットをモニターの様に使ってフォルスクラブをすることが可能だと言えます。

 

携帯キーボードには様々なものがあります。

小さいものや大きいもの、奥側が少し高くなっているものまで、

使用者は使いやすいタイプを選ぶことが出来ます。

ボタンの形も四角いものや丸いものまで、多種多様に揃っています。

もしも、外出先に携帯するのなら、小さいのがいいかもしれませんね。

中には、折り畳みタイプのキーボードもあるそうです。

ほとんどスマホと同じくらいの大きさのものもあります。

外付けのキーボードを使ってフォルスクラブをする際は、

自分に合ったものを選んでみてください。

どんなにマルチポストしようともフォルスクラブをしようとも、ネット回線が爆発するようなことはない

口コミ掲示板でのマルチポストが失礼だと感じる理由は、

それが無料のコンテンツを利用しているからではないでしょうか。

有料で質問できるサイトがありますが、そこでマルチポストをしても誰も責めないと思います。

マルチポストがダメな理由はいくつかありますが、

ひとつはネット資源を無意味に搾取していることが挙げられます。

多くの方が全く気にしていないと思いますが、ネットの資源も有限です。

石油みたいに枯渇することはありませんが、ネットの通信回線には限りがあります。

マルチポストは無意味にネット資源を消費することに繋がるかもしれないと考えられているため、

多くの方が嫌悪しているのです。

実際には、太陽にネジ一個捨てるくらい、些細なことです。

全人類が一斉にネジを捨てても、たった70億本です。

太陽が爆発するには、地球と同じ量のネジを捨てる必要がありそうです。

1禾予本くらいでしょうか。

(※10の24乗)

 

フォルスクラブもネット資源を使って運用される教材になります。

だからと言って、どんなにフォルスクラブを使おうとも、ネット回線が爆発することはありません。

ネット資源は有限ですが、少なくとも使い切れる類ではないのです。

 

ネット回線が爆発するとはちょっと違いますが、回線が落ちることはよくあります。

有名なのは、Twitterのバルス祭りでしょうか。

1秒間に14万を超えるツイートが流れたため、Twitter社の回線が耐えられずに切れてしまいました。

ただしこれはブレーカーの電源が落ちるようなものです。

ブレーカーを上げれば普通に使えます。

むしろ、回線が爆発しないようにブレーカーを落としているのです。

 

フォルスクラブも使用者が多くなれば回線は落ちるかもしれませんが、

そもそも、会社側は契約数に応じてサーバーを強化するのが普通です。

艦これはサーバー強化が追い付かずに度々落ちていましたが、

一般的な通信教材でしたらそこまで人気が過度に集中することはありません。

フォルスクラブをどんなにマルチに使おうとも、

「回線が重くてログイン出来ません」ということはなさそうです。

 

少なくとも、一般人はネット資源のことを気にしなくていいと思います。

いくら環境に気を遣っている人でも、ゲップを我慢する人はいませんよね。

チリも積もれば山となるとは良く言いますが、全体に対して弊害を生むには、

数万年規模の時間が必要ですよ。

取扱い機種がマルチに対応しているフォルスクラブ

私たちの身近には、数多くの電子製品が溢れています。

パソコン、携帯電話、タブレット、電子辞書、携帯ゲーム、

デジタル時計など、その数は年を追うごとに増していると言えます。

また、最近のエアコンや炊飯器などの家電は、ネット接続が可能になり、

家の外から操作することも出来るようになりました。

今や家の中の多くの物がオンラインで繋がっているのです。

 

勉強する方法も昔に比べて大分マルチになりました。

かなり昔は筆と墨汁と半紙を使っていましたが、

戦後は鉛筆やノートが流行るようになり、

最近だとタブレットやパソコンを使ったものも登場しています。

このように時代に合わせて勉強する環境は変化していると言えます。

 

フォルスクラブはタブレットやパソコン、スマホなどの電子機器を用いて勉強します。

タブレットだけでなく、それぞれの機種にマルチに対応しているのが

フォルスクラブという通信教材になります。

タブレットやパソコン、スマホはひとまとめに電子機器でくくることが可能ですが、

それぞれ操作する方法が異なります。

タブレットは指で直接画面に触って操作します。

スマホも同様です。

一方、パソコンはキーボードやマウスを使って操作します。

最近だと、直接パソコンの画面に触れるパソコンも登場していますが、

それはどちらかと言ったらタブレットに近いかもしれません。

また、タブレットとスマホの最大の違いは、画面の大きさです。

タブレットは両の手の平が置けるほど大きな画面ですが、スマホは片手も置けません。

それゆえ、スマホは一度に表示できる情報量が限られ、

場合によっては効率の良い勉強を行うことが出来ないのです。

動画を見るにしても、小さい画面では黒板の小さな字を見るのはツライと思います。

だからこそ、フォルスクラブはマルチに対応できるように、

コンテンツによって取扱い機種を分散させているのです。

 

勉強だけでなく、ゲームの方も大分マルチになりました。

ひとつのソフトを発売するにしても、

据え置き型と携帯型の両方で出すケースが増えつつあります。

モンハンとスマブラは人気ですよね。

フォルスクラブもこれぐらいプレイヤー数が増える日は来るでしょうか。

フォルスクラブという教材をマルチに考える

eラーニングの定義は非常に曖昧で、マルチに意味が分かれています。

インターネットに接続して、調べ物をするだけでもeラーニングと呼べるかもしれません。

例えば、マルチャンで有名な東洋水産株式会社の公式サイトにて

料理レシピが載っていますが、それを見るだけでもeラーニングなのかもしれません。

 

どこからどこまでをeラーニングとするかは議論が分かれています。

実際には誰も議論をせず、eラーニングという言葉自体、忘れられているかもしれません。

今ではeラーニングの枠内にある「動画配信」「チャット」「ダウンロード」

「メール」などの言葉でやりとりされています。

それ以前に「勉強」の定義も少し難しいです。

料理レシピを見るのを勉強と呼ぶ人は少ないかもしれません。

論文を読むのは勉強かもしれませんが、

紙媒体の雑誌をネット上にアップしたものをeラーニングに分類するかどうかは、

専門家の間でも意見が分かれています。

 

フォルスクラブはれっきとしたeラーニングだと言えます。

問題集や講義の動画をダウンロードするのはもちろん、問題を自作して、

全国のフォルスクラブ会員にやらせることも可能です。

フォルスクラブは割とマルチにコンテンツが用意されています。

 

また、フォルスクラブはネット環境が無いと使えません。

アプリをダウンロードしても、電波を完全に遮断する部屋にいたら、

プレイすることが出来ません。

そもそもそのアプリは、起動するためのもので、中身の方はサーバー上にあります。

容量が重すぎるため、こうした処置を取っているのです。

問題集だけなら、ダウンロードは可能かもしれませんが、音が出るものや動画が流れるものは、

情報量が非常に重くなり、ダウンロードするのが難しくなります。

そもそも、こうした勉強アプリは適宜、更新が必要になり、そのたびに1からインストールしては、

容量がいくらあっても足りません。

 

eラーニングという勉強を柔軟にマルチに考えるならば、

一回だけダウンロードして更新の必要のないものもeラーニングと呼んでいいかもしれません。

マルチメディアなフォルスクラブ

今や当たり前となっている文化がマルチメディアです。

音楽、映像、文字などを一つの媒体で扱えるものをそう呼びます。

テレビやパソコン、スマホなんかが最たる例だと思います。

昔は違います。

映画は映像のみが流れ、音楽すら流れなかった時代がありました。

劇と音楽が融合したオペラが登場したのも、当時は革新的だったと思います。

 

勉強の方法も大分マルチメディアになってきました。

今も紙と鉛筆を握って黒板の文字を写す作業を行っていると思いますが、

それ以外にも、デジタルなメディアを使った勉強法が主流になりつつあります。

例えば、辞書。

1000ページにも及ぶ分厚い紙をペラペラめくることはせず、

キーボードに文字を入力することで、すぐにその意味を調べることが出来ます。

中には、和英、英和だけでなく、国語辞典、熟語時点、家庭の医学、ビジネス用語など、

非常に多種多様な辞書がひとつのツールに収まっているものがあり、

さらには発音を学ぶために音声が出るものも登場しています。

辞書においてもマルチメディア化は進んでいると言えます。

 

通信教材であるフォルスクラブもまたマルチメディアだと言えます。

特に、フォルスクラブのコンテンツのひとつである、

幼児向け音感育脳アプリは様々な刺激を使用者に与えてくれます。

音楽を聴き、劇を眺め、ゲームに興じるという3段要素にて子供の育脳を助けます。

また、子供は親と一緒にフォルスクラブをすることで、

親とのコミュニケーションを育むことが出来ます。

ある意味、絵本が進化したとも言えます。

 

現状のマルチメディアの多くが、視覚と聴覚に訴えかけるものです。

触覚もある程度関わるかもしれませんが、映像や音楽ほど多彩ではありません。

しかし、科学の発展に伴い、いずれ、

嗅覚や味覚にまで対応する媒体は登場するかもしれません。

味覚付きの料理レシピとかあったら、売れると思います。

そういえば、擦ると匂いが出る雑誌というのもありましたね。

フォルスクラブもそのうち、そうした機種に対応するかもしれませんよ。