フォルスクラブの幼児向けフォルス音感育脳システムはいかが?

幼児向けフォルス音感育脳システムが評判になっています。

フォルスクラブのコンテンツのひとつで、

その名の通り、幼児を対象とした育脳アプリです。

クラシック音楽をメインに、ゲーム感覚で絵本を読むものとなります。

 

幼児向けフォルス音感育脳システムは情操教育に最適です。

「想像力」「記憶力」を養うことが可能で、

自発的学習を定着させる効果が期待できます。

じっくり考える子に育てるなら、このアプリはかなり有用です。

五感を刺激して、意欲を育み、集中力も鍛えられると評判です。

 

フォルスクラブの幼児向けフォルス音感育脳システムは、

ある意味、動く絵本のようなものです。

音が出て、映像が流れますが、基本は絵本と同じ感覚で扱います。

そして絵本の目的はいくつかありますが、

親子とのコミュニケーション手段として使われることが多いです。

文字が読めるようになった子でも、親に絵本を読んでもらいたいと思っている筈です。

それは文字を読むのを横着しているわけではなく、親との交流を求めているからだと言えます。

幼児向けフォルス音感育脳システムも同様に、

子供に話しかけながらプレイすることで、子供との交流を深めることが可能です。

 

フォルスクラブの幼児向けフォルス音感育脳システムは動く絵本のほかに、

音符に触れて音楽を作れる「フォルスミュージシャン」、

日めくりカレンダーで英単語を覚える「ハロー英単語」、

タブレットを使って自由にお絵かきができる「フォルスペイント」が搭載されています。

お子さんが楽しく遊べる機能が盛りだくさんのアプリとして評判になっているのです。

株式会社イーラーニング研究所のeラーニングでペーパーレスの社会を目指そう

株式会社イーラーニング研究所はeラーニングを主体にした事業を行っています。

そして、このeラーニングは先進的な勉強法として、世界中から注目されています。

 

従来のアナログな勉強は、メカニカルな製品はほとんど使われていません。

教科書のデータをまとめるのと、その教科書を製本するのと、

鉛筆を作成するくらいでしょうか。

これにしても、昔はすべて手作業で行われていました。

江戸時代には、本を作るには全て手書きで書き写していたそうです。

そして実際に生徒が勉強する際は、電気はほとんど使いません。

蛍光灯と黒板消しクリーナーくらいしか使わないのではないでしょうか。

最悪、停電しても勉強することは可能です。

 

株式会社イーラーニング研究所が提供しているeラーニングはとても電気を使います。

むしろ、eラーニングのeはエレクトロニックなので、電気は必須とも言えます。

eラーニングは主に、パソコンを使って勉強します。

場合によってはタブレットやスマホを使うこともあります。

それらは停電しても、内蔵電池で少しは保ちますが、充電は必須です。

 

eラーニングの利点は、資源の節約にあると言えます。

教科書も鉛筆も不要なので、木材資源が無くてもeラーニングで勉強することが可能です。

今の日本にある紙媒体のものを全て電子媒体にしたら、

どれだけの木材を節約できるか計り知れません。

株式会社イーラーニング研究所が提供しているeラーニングが進めば、

南米で問題視されている森林伐採に歯止めが掛かるかもしれませんね。

資格試験対策なら株式会社イーラーニング研究所のアプリが優秀

資格の勉強なら、株式会社イーラーニング研究所の

資格試験対策アプリ『資格対策講座』はいかがでしょうか。

全部で9つの講座が用意されており、

2つの出題モードで効率良く勉強することが出来ます。

マンション管理士、国内旅行業務取扱管理者、

介護福祉士など、人気の資格が勢揃いです。

いまは9つしかありませんが、

そのうち10個目、11個目と数を増やしていくかもしれませんね。

 

こうしたスマホ対応の教材はいくつかあると思いますが、

株式会社イーラーニング研究所の資格試験対策アプリの最たる特徴は、

無料で利用できる点ではないでしょうか。

無料系アプリにも複数ありますので、色々と比べるのも良さそうです。

特に動画とかもありませんので、データの圧迫量も比較的少ないと言えます。

 

資格の勉強はやはり、複数の教材を使うに限ります。

塾に行くのも良いですが、自主学習だけでも意外と何とかなるものです。

その代わり、複数の教材を使うのがポイントです。

教科書を読むだけでは思うように記憶できませんので、

問題集を使って記憶の定着を図ります。

 

また、問題集で分からない部分は、参考書を使って読み解くことが多いです。

単語の意味だけを覚えるのでしたら、単語帳の出番です。

受験する試験によっては、膨大な専門用語を覚えないといけないものもあります。

株式会社イーラーニング研究所の資格試験対策アプリを使いつつ、

紙媒体の教材も併せて使うことで、効率良く知識を吸収できると思いますよ。

株式会社イーラーニング研究所おすすめの書籍たち

株式会社イーラーニング研究所はその名の通り、

eラーニングを主体にした事業を行っています。

そしてeラーニングの事業を行うには、パソコンに詳しくならないといけません。

業務内容によっては、プログラミングが必要になります。

 

株式会社イーラーニング研究所がオススメする書籍に

「小学生向けプログラミング」があります。

2020年度からは小学校でもプログラミングの授業が必修化されるそうなので、

それに先駆けてこの本で予習が出来ると評判になっています。

小学生はまだこの本を読まなくても大丈夫ですが、

小学校教師はこの本を読んで予習しておきたいところですね。

 

他にも、株式会社イーラーニング研究所は、

「アクティブラーニング」をテーマにした書籍を紹介しています。

アクティブラーニングとは学習スタイルのひとつで、

生徒が能動的に参加するものになります。

ディスカッションが主体の授業と言えば分かりやすいでしょうか。

大学のゼミなんかが近いかもしれませんね。

 

「教育の水道哲学」をテーマにした本や、「巨大市場を生み出すeラーニング革命」など、

色々な書物を株式会社イーラーニング研究所は推薦しています。

これらを読めばeラーニングのなんたるかが分かる、とまでは言いませんが、

かなり詳しくなれるのは確実だと思います。

それぞれ200ページ前後で、そこまで分厚い書籍ではありませんので、

2時間もあれば読破できるのではないでしょうか。

eラーニングに興味がある方は、是非、手に取ってみてください。

フォルスクラブのイグモンはいかがでしょうか

フォルスクラブは多彩なコンテンツが売りです。

基本は勉強のためのツールですが、

中には遊びに特化した教材も用意されています。

「小学生向け英語アプリ イングリッシュ・モンスターズ・コレクション」は

そのうちのひとつで、楽しく英語を学べると評判になっています。

 

略してイグモンと言い、中学生の基本レベルの英単語1000語を習得することが可能です。

簡単なRPGとして進んでいき、モンスターとのバトルは、英単語の4択クイズです。

英訳するもの、和訳するものなど、同じ英単語でも飽きさせない工夫が盛り込まれています。

英語の知識さえあれば、ゲームに慣れていない方でもサクサク進めますよ。

倒したモンスターを図鑑として集める機能もあり、

コンプリートを目指すのも良いかもしれませんね。

 

フォルスクラブのほかにも、スマホ版のイグモンがあります。

こちらはゲーム性を追求したもので、英語の知識以外にも、

ゲームの知識も求められます。

どのモンスターがどのスキルを持っているのか、

そして相性やHPなど、しっかりと戦略を練らないとクリアできません。

むしろ、ゲーム性が強すぎて、英語の勉強の妨げになる程です。

もしくは、英語の勉強の方をついでとして考えるべきかもしれませんね。

ゲームをしつつ、ついでに英語が勉強できると思った方が、一石二鳥と言えそうです。

 

英語系の勉強アプリには様々なものがあります。

フォルスクラブ以外にも有用なアプリはいくつもありますので、

自分に合ったものを探してみてください。

吉田社長はこういう家庭にこそフォルスクラブをして欲しいと思っている

吉田社長が掲げる目標に「教育格差を無くす」というものがあります。

今の日本は周辺諸国に比べて大分平等と言えますが、

まだまだ教育において、格差が存在していると言えます。

と言うのも、子供に勉強をさせるにはお金が必要です。

公立の小中学校でも、給食費以外に、修学旅行積立金、

ランドセルをはじめとする各種備品が必要です。

さらに塾に通わせることも多いのではないでしょうか。

 

塾に通う頻度で値段は変わりますが、

毎年30万から100万円近く、塾に費やしているかもしれません。

お金に余裕がないとそうしたところに通えず、子供の成績に差が出てしまうかもしれません。

もちろん本人のやる気である程度のカバーは可能かもしれませんが、それも限界があります。

学校で配られる教科書や参考書だけでは、十分に勉強することが難しいと吉田社長は考えています。

 

だからこそ吉田社長はフォルスクラブを、

「なかなか塾に通わせにくい」という家庭が利用しやすいものにしているのです。

通わせにくい条件にも色々とあると思いますが、

そのひとつに「子だくさん」があるのではないでしょうか。

子供をひとり育てるだけでもお金は掛かりますが、

それが2人、3人と増えていくと、倍々に増加します。

ひとりでも塾に通わせるのが大変なのに、それが2人も3人も増えてしまうと、

とてもではありませんが塾通いは不可能です。

 

しかしフォルスクラブはそうした家庭のためにあるようなものです。

吉田社長が手掛けるフォルスクラブは個人単位ではなく家族単位の契約で、

最大5人まで同じ値段で勉強することが可能になります。

フォルスクラブひとつあれば、子供たち全員を塾に通わせる必要がなくなり、

教育費を非常に安価に抑えることが可能となるのです。

 

また、吉田社長は恵まれない子供たちにもフォルスクラブを配っています。

具体的には児童養護施設に無料でフォルスクラブを寄贈しています。

こうした活動を地道に続けていくことで、

日本から教育格差は段々と無くなっていくのだと思います。

吉田社長はフォルスクラブのようなeラーニングが今後のスタンダードになると考えている

株式会社イー・ラーニング研究所の代表取締役の吉田智雄は、

フォルスクラブをはじめとする様々なビジネスに着手しています。

フォルスクラブはひとりがやる教材ではなく家族全員ができるもので、

吉田社長は教育格差を無くす目的でこの教材を提供していると、

社長メッセージにて語っています。

フォルスクラブをはじめとするeラーニングは塾や専門学校よりも安価に学習できるツールで、

今後の日本の教育のスタンダードになると吉田社長は考えているようです。

 

eラーニングは色々な国で使われています。

特にアメリカの大学では、当たり前のように授業でeラーニングを取り入れています。

それも授業のプリントをネットから印刷するような簡単なものではなく、

放送大学のように、授業全部をネット配信で受けさせるというものです。

アメリカは国土が広く、州を移動するのに当たり前のように飛行機を使います。

講義のたびに教授が飛行機に乗って移動することは出来ません。

 

しかし、eラーニングでしたらそれは不要です。

収録する手間が掛かりますが、一度収録してしまえば、

教授は何度も州を跨がずに済みます。

そしてそれは授業の安さにも繋がるのです。

質の良い授業というものはリアルでの対面式のものが多いですが、

コストを考えるならば、放送大学のような授業形態も侮れません。

フォルスクラブのコンテンツの中にも、こうした映像授業で受けさせるものがあり、

学校の成績アップにかなり貢献していると言えます。

 

日本も大分、フォルスクラブのようなeラーニングを受ける習慣が増えてきたと言えます。

塾に通う場合でも、宿題がeラーニングのところもあるそうです。

そのうち、小中高でもeラーニングで学ぶようになるかもしれませんね。

吉田社長もそうした未来を考えて、色々と新しいビジネスを考えていると思います。

フォルスクラブに変わる新しい教材が、どんどん登場するかもしれませんよ。

吉田社長の今後の動向に期待ですね。

吉田社長がフォルスクラブにかける想い

吉田社長がフォルスクラブを手掛ける理由のひとつに、

教育格差を無くそうという想いがあります。

今の日本は自由に仕事を選ぶことが可能で、

教育に関しても非常に自由だと言われていますが、

やはり学業を修めるにはお金が必要になります。

経済状況によっては高校進学を諦めないといけないこともあります。

奨学金制度があったとしても、日々の生活に困窮する場合は、働かないといけません。

そうした不平等を平等に変えるために吉田社長はフォルスクラブを提供しているのです。

 

フォルスクラブの特徴として、多人数型の契約媒体になります。

分かりやすく言い換えるなら、家族単位での契約になります。

大抵の教材はひとりひとり個別で払うと思います。

給食費だって、ひとりひとり別で支払い、学校に通う子供が多ければ多いほど、

掛かる費用の方も大きくなります。

フォルスクラブは違います。

5人までアカウントを支給しますので、

5人までは同一の値段でフォルスクラブを利用することが出来ます。

1人でやっても5人でやっても料金は一緒です。

1年間の長期契約を最初に結べば、専用のタブレットを無料で貰える点も嬉しいですね。

 

ほかにも吉田社長は様々な取り組みを行っており、

児童養護施設などにフォルスクラブの寄贈をしています。

満足に塾で勉強できない子を対象にフォルスクラブを無料で提供することで、

教育格差をなるべく無くそうというのが、吉田社長の考えになります。

この取り組みはかなり昔からやっており、

これまでの合計で何個のフォルスクラブを配ってきたのか、最早数えきれません。

もしかしたら、フォルスクラブの正会員よりも多くの人たちに配っているかもしれませんね。

吉田社長は非常に太っ腹だと言えます。

 

今後、株式会社イーラーニング研究所が何をやるかはわかりませんが、

最終的には世界中の教育格差を無くすことを目指していると思います。

発展途上国にはまだまだ満足に学校に通えない子供たちが多いので、

そうした子に十分な教育を届けるために、

株式会社イーラーニング研究所は日夜頑張っているのだと言えます。

複数のコンテンツが揃っているフォルスクラブはマルチな世代で活躍しています

マルチにコンテンツが揃っているフォルスクラブは、

あらゆる年齢層の方にプレイしてもらっています。

幼児、小学生、中学生、高校生、そして社会人になる方から社会に進出中の方まで、

幅広くフォルスクラブを使ってもらっています。

こうしたマルチ型の勉強ツールはとても珍しいものです。

大抵の教材はその人個人に合わせた教材を提供するものですが、

フォルスクラブは最初から全部の教材を提供しているのです。

データ上の教材なので、誰が何人やろうともコストは掛からないのです。

プレイ人数がたくさんいるとサーバーがパンクするかもしれませんが、

何百万人が一度にアクセスしない限り大丈夫です。

そのような傾向が見られる場合は、きちんとサーバーを増設しますので安心です。

 

eラーニングは大人の方に人気です。

子供は時間がありますので塾に通う事が出来ますが、大人の方はかなり忙しく、

自分の時間を中々取れません。

良くて通勤中の電車の中くらいでしょうか。

そうしたところでもスマホを使ってeラーニングで勉強することが出来るのです。

フォルスクラブを利用して勉強する大人は、そうしたケースが多いかもしれません。

もちろん、休日にパソコンを使ってゆっくり勉強するのもフォルスクラブの醍醐味です。

 

ただし、休日は子供もパソコンを使いたいものです。

まだまだ一家に一台しかパソコンを置いていない家庭は多いので、

取り合いになってしまうかもしれません。

しかし、フォルスクラブはマルチ型の教材です。

利用年齢層がマルチなだけでなく、使用ツールもまたマルチになります。

パソコンだけでなく、タブレットやスマホからでもアクセスすることが可能なのです。

ネット環境さえあれば、いつでもどこでもだれでも出来るのがフォルスクラブの強みと言えます。

 

勉強は子供の特権ではありません。

大人だって勉強しないといけない時はあります。

むしろ、昇給・昇進するには勉強は必要事項です。

フォルスクラブで資格をとって、たくさんお金を稼いでください。

マルチに勉強するならフォルスクラブが良いですよ

ひとつのことをずっとやっていると誰しも飽きてしまうものです。

特に子供は、興味が非常に移ろいやすいと言えます。

同じ勉強法ばかりさせては、勉強嫌いになってしまうかもしれません。

そこで便利に活躍するのがフォルスクラブです。

マルチに異なるコンテンツが用意されているフォルスクラブでしたら、

飽きずに色々なことを学べると評判になっています。

 

フォルスクラブを使って勉強をする場合、主に使うのは「小・中学生向けeラーニング」と

「高校生向けeラーニング」になります。

全学年の全教科の全単元が網羅されていますので、そのやりごたえはかなりあると思います。

しかし、こればかりやると流石に飽きてしまいます。

マルチにコンテンツが搭載されているフォルスクラブでしたら、

他にもいくつもの勉強教材が用意されており、それらで勉強するのもおすすめです。

ほとんど英語専用ですが、

中学高校で躓きやすい教科をフォルスクラブでたくさん学ぶことが出来るのです。

 

「小学生英語アプリ」や「恋の英会話」、「LEARNING EYES」、

「資格対策講座」の中にあるトイック講座など、色々な英語学習アプリがマルチに揃っています。

目的の教科があるとは限りませんが、「ふぉるぱ」で勉強するのも良いかもしれませんね。

ただし「ふぉるぱ」は一般人が作成した問題集になりますので、

必ず合っているとは限りませんので、そのあたりは気を付けてください。

 

また、対応ハードがマルチに用意されている点も魅力です。

大抵のeラーニングはパソコンオンリーですが、

フォルスクラブはパソコンでもタブレットでもスマホでも操作可能です。

すべてのコンテンツが3種に対応しているとは限りませんが、

ほとんどのものが2種まで対応していますので、かなりやりやすいと言えます。

ガラケー専用の「ふぉるスター」も良いですよ。

 

勉強はマルチに色々な方法でやると、気が紛れて良いですよ。

ひとつのことに集中するのも良いですが、気分転換を兼ねて、

色々な方法で勉強に励んでください。