吉田社長がフォルスクラブにかける想い

吉田社長がフォルスクラブを手掛ける理由のひとつに、

教育格差を無くそうという想いがあります。

今の日本は自由に仕事を選ぶことが可能で、

教育に関しても非常に自由だと言われていますが、

やはり学業を修めるにはお金が必要になります。

経済状況によっては高校進学を諦めないといけないこともあります。

奨学金制度があったとしても、日々の生活に困窮する場合は、働かないといけません。

そうした不平等を平等に変えるために吉田社長はフォルスクラブを提供しているのです。

 

フォルスクラブの特徴として、多人数型の契約媒体になります。

分かりやすく言い換えるなら、家族単位での契約になります。

大抵の教材はひとりひとり個別で払うと思います。

給食費だって、ひとりひとり別で支払い、学校に通う子供が多ければ多いほど、

掛かる費用の方も大きくなります。

フォルスクラブは違います。

5人までアカウントを支給しますので、

5人までは同一の値段でフォルスクラブを利用することが出来ます。

1人でやっても5人でやっても料金は一緒です。

1年間の長期契約を最初に結べば、専用のタブレットを無料で貰える点も嬉しいですね。

 

ほかにも吉田社長は様々な取り組みを行っており、

児童養護施設などにフォルスクラブの寄贈をしています。

満足に塾で勉強できない子を対象にフォルスクラブを無料で提供することで、

教育格差をなるべく無くそうというのが、吉田社長の考えになります。

この取り組みはかなり昔からやっており、

これまでの合計で何個のフォルスクラブを配ってきたのか、最早数えきれません。

もしかしたら、フォルスクラブの正会員よりも多くの人たちに配っているかもしれませんね。

吉田社長は非常に太っ腹だと言えます。

 

今後、株式会社イーラーニング研究所が何をやるかはわかりませんが、

最終的には世界中の教育格差を無くすことを目指していると思います。

発展途上国にはまだまだ満足に学校に通えない子供たちが多いので、

そうした子に十分な教育を届けるために、

株式会社イーラーニング研究所は日夜頑張っているのだと言えます。

複数のコンテンツが揃っているフォルスクラブはマルチな世代で活躍しています

マルチにコンテンツが揃っているフォルスクラブは、

あらゆる年齢層の方にプレイしてもらっています。

幼児、小学生、中学生、高校生、そして社会人になる方から社会に進出中の方まで、

幅広くフォルスクラブを使ってもらっています。

こうしたマルチ型の勉強ツールはとても珍しいものです。

大抵の教材はその人個人に合わせた教材を提供するものですが、

フォルスクラブは最初から全部の教材を提供しているのです。

データ上の教材なので、誰が何人やろうともコストは掛からないのです。

プレイ人数がたくさんいるとサーバーがパンクするかもしれませんが、

何百万人が一度にアクセスしない限り大丈夫です。

そのような傾向が見られる場合は、きちんとサーバーを増設しますので安心です。

 

eラーニングは大人の方に人気です。

子供は時間がありますので塾に通う事が出来ますが、大人の方はかなり忙しく、

自分の時間を中々取れません。

良くて通勤中の電車の中くらいでしょうか。

そうしたところでもスマホを使ってeラーニングで勉強することが出来るのです。

フォルスクラブを利用して勉強する大人は、そうしたケースが多いかもしれません。

もちろん、休日にパソコンを使ってゆっくり勉強するのもフォルスクラブの醍醐味です。

 

ただし、休日は子供もパソコンを使いたいものです。

まだまだ一家に一台しかパソコンを置いていない家庭は多いので、

取り合いになってしまうかもしれません。

しかし、フォルスクラブはマルチ型の教材です。

利用年齢層がマルチなだけでなく、使用ツールもまたマルチになります。

パソコンだけでなく、タブレットやスマホからでもアクセスすることが可能なのです。

ネット環境さえあれば、いつでもどこでもだれでも出来るのがフォルスクラブの強みと言えます。

 

勉強は子供の特権ではありません。

大人だって勉強しないといけない時はあります。

むしろ、昇給・昇進するには勉強は必要事項です。

フォルスクラブで資格をとって、たくさんお金を稼いでください。

マルチに勉強するならフォルスクラブが良いですよ

ひとつのことをずっとやっていると誰しも飽きてしまうものです。

特に子供は、興味が非常に移ろいやすいと言えます。

同じ勉強法ばかりさせては、勉強嫌いになってしまうかもしれません。

そこで便利に活躍するのがフォルスクラブです。

マルチに異なるコンテンツが用意されているフォルスクラブでしたら、

飽きずに色々なことを学べると評判になっています。

 

フォルスクラブを使って勉強をする場合、主に使うのは「小・中学生向けeラーニング」と

「高校生向けeラーニング」になります。

全学年の全教科の全単元が網羅されていますので、そのやりごたえはかなりあると思います。

しかし、こればかりやると流石に飽きてしまいます。

マルチにコンテンツが搭載されているフォルスクラブでしたら、

他にもいくつもの勉強教材が用意されており、それらで勉強するのもおすすめです。

ほとんど英語専用ですが、

中学高校で躓きやすい教科をフォルスクラブでたくさん学ぶことが出来るのです。

 

「小学生英語アプリ」や「恋の英会話」、「LEARNING EYES」、

「資格対策講座」の中にあるトイック講座など、色々な英語学習アプリがマルチに揃っています。

目的の教科があるとは限りませんが、「ふぉるぱ」で勉強するのも良いかもしれませんね。

ただし「ふぉるぱ」は一般人が作成した問題集になりますので、

必ず合っているとは限りませんので、そのあたりは気を付けてください。

 

また、対応ハードがマルチに用意されている点も魅力です。

大抵のeラーニングはパソコンオンリーですが、

フォルスクラブはパソコンでもタブレットでもスマホでも操作可能です。

すべてのコンテンツが3種に対応しているとは限りませんが、

ほとんどのものが2種まで対応していますので、かなりやりやすいと言えます。

ガラケー専用の「ふぉるスター」も良いですよ。

 

勉強はマルチに色々な方法でやると、気が紛れて良いですよ。

ひとつのことに集中するのも良いですが、気分転換を兼ねて、

色々な方法で勉強に励んでください。

フォルスクラブはマルチに資格の勉強ができる

理容師と美容師の違いを言える方は少ないかもしれません。

それぞれ所持している資格が違いますが、

その資格取得のために学校で習うカリキュラムで、

どのように違いがあるか説明できる方は、かなり少ないと思います。

実際、半分は完全一致していると言えます。

そこで厚生労働省は、理容師か美容師、どちらかの資格を持っていた場合、

もう片方の資格を取得しやすいように、授業時間の免除を再来年から実施することに決めました。

正確にはまだ報告書をまとめただけですが、恐らく実現すると思います。

理容師と美容師の資格を取得したマルチスタイリストが誕生する日はそう遠くなさそうです。

 

似たような資格をマルチに取得するのは良くあります。

不動産関連の仕事に就くなら、ビル経営管理士や不動産鑑定士、

宅地建物取引士、不動産仲介士など色々な資格があり、

それらの資格を取得することで、それに関する仕事を行えるようになったり、

より分かりやすく正しく情報をお客に紹介できるようになります。

介護に関する資格でしたら、ホームヘルパー、

介護福祉士、ケアマネージャーなど、色々とあります。

これらをマルチに取得、もしくはランクアップによる取得で

より効率良くお客にサービスすることが出来るのです。

 

フォルスクラブもマルチに資格を取得できる教材として人気です。

行政書士や社会保険労務士、FP3級、宅地建物取引主任者など、

色々な資格をフォルスクラブで学べます。

どれも人気の資格で、多くの方がフォルスクラブを使って勉強していると思います。

ただし、マルチに資格を取得している方はかなり稀です。

大抵1つあれば良いものなので、余程キャリアアップをしたいと考えている方でないと、

複数の資格を取ろうと思いません。

 

また、これらの人気の資格は1つ取るだけでも大変です。

難易度がかなり高いので、フォルスクラブを使って毎日勉強しても、

合格するまでに1~2年掛かるかもしれません。

eラーニングの利点は自分の好きな時間に勉強することが出来る点なので、

特に急いでいなければ、ゆっくりとフォルスクラブで勉強するのがおすすめです。

あらゆるところでマルチに活躍中なのがフォルスクラブという教材です

フォルスクラブは色々なところで活躍しています。

その場所や状況を挙げていくと、キリがないかもしれません。

マルチにコンテンツが収録されているのがフォルスクラブの売りで、

老若男女問わず多くの方がフォルスクラブで知識を蓄えています。

 

フォルスクラブが一番活躍している場面は、受験でしょうか。

小中高の12年間すべての勉強に対応しており、

中学受験、高校受験、大学受験に最適です。

ただし、中学受験は「頭の体操」のような問題も一部出題されます。

学校で得た知識以外にも、育脳に関することも鍛えておきたいところです。

試しに、とある私立中学の試験問題を眺めてみましたが、まるで分かりませんでした。

このあたりは、株式会社イーラーニング研究所が提供している、

キャリア未来塾を利用したいですね。

マルチに頭を柔らかくしないと、中学受験を突破するのは難しいと言えます。

 

二番目に活躍している場面は、英会話でしょうか。

日本に住んでいると英語を話す機会は全くと言っていいほど無いかもしれません。

しかし、5年に1回の頻度でしたら、あるかもしれません。

駅で外国人に道を尋ねられたことは、人生で一度くらいあるのではないでしょうか。

今や多数の外国の方が日本にやってきており、英語だけでなく、

中国語やアラビア語、スペイン語、ロシア語など多種多様です。

そうした言語にマルチに対応するのは難しいですが、

せめて英語くらいは話せるようになりたいです。

 

三番目以降の需要はどれも似たようなものかもしれません。

受験と英会話に比べると、活躍する機会はグッと減るかもしれません。

しかし、扱う方にとってはどれも有用です。

フォルスクラブには手話講座や各種資格試験対策など、

コンテンツがマルチに揃っているため、目的に合わせて勉強することが出来ます。

また、機会は稀ですが、サポートサービスを利用することが出来ます。

割れた窓ガラスの修理や、破裂した水道管の修理を、無料で出張して対応してくれます。

こうしたトラブルは滅多に置きませんが、起こる確率は決して0ではありません。

ピンチの時は、色々なことにマルチに対応しているフォルスクラブに頼ってください。

 

勉強で蓄えた知識はどこで役に立つか分からないものです。

三角関数が活躍する場面は早々思い付きません。

遭難して距離を測るのに使えるかもしれませんが、

遭難する機会自体が稀で、そもそも距離が分かっても何かの役に立てる訳ではありません。

まだ人里を探すスキルの方が有用です。

世の中の知識の大半は無駄で終わるかもしれませんが、

何かの時に役に立つ時が来るかもしれません。

フォルスクラブでマルチに知識を蓄えてください。

マルチに運用可能なのがフォルスクラブの魅力です

アメリカの大学は2年の終わりに専攻を決めます。

日本だと願書を提出した時点で学部学科が固定されています。

アメリカは自由度の高い教育が売りで、

入学後の方向転換がしやすいと評判になっています。

文系として入学したにも関わらず、3年次に理系にシフトすることも可能です。

 

教育というものはマルチに対応しているとありがたいです。

学校というものは数年に渡って教育を受ける環境が用意されていますが、

途中で心変わりするかもしれません。

警察官を目指して専用の学部学科に在籍しても、

途中で駅員さんになりたいと思うかもしれません。

それゆえ、医学部といった単科大学を除いて、

大抵の大学はマルチに対応できるようにあらゆる教育を用意しているのです。

 

フォルスクラブもマルチに運用がしやすい教材になります。

小学1年から高校3年までの学校の勉強が最初から全て揃っているため、

文系から理系へのシフトもスムーズです。

単元ごとに内容が整理されていますので、自分の目的に合った勉強がしやすいと言えます。

ステップアップ方式を採用していますので、前年度の学習も容易です。

 

もちろん、フォルスクラブの利点は学校の勉強だけに留まりません。

行政書士や社会保険労務士など、各種資格にもマルチに対応しています。

将来なりたい仕事が変わっても、フォルスクラブがあれば新たに教材を買う必要はありません。

また、学生の時にどれくらい試験問題が難しいかも把握することが出来ます。

早めに現実を知ることが出来れば、方向転換は容易だと言えます。

 

英語教育においてもフォルスクラブは定評があります。

複数のコンテンツがマルチに搭載されており、

目的別、難易度別に英語を学習することが可能です。

トイックも3種類用意されており、それぞれの目標点に向けての勉強をすることが出来ます。

フォルスクラブひとつで飽きずに英語を学ぶことが可能で、

どんな方でも英語をペラペラになれると思いますよ。

 

教育とはとても自由なものです。

勉強する自由があれば、勉強しなくても良い自由があります。

そしてフォルスクラブは通信教育になりますので、その自由度は最高レベルです。

自ら学ぼうという方にはうってつけの教材になります。

マルチにコンテンツが用意されているのも魅力で、

好きな教科を好きな場所で好きな時に学んでいただけます。

苦手な科目だけを重点的やるといったことも可能です。

受験に必要な科目だけを学ぶことも可能です。

自由度の高いフォルスクラブを使って勉強に励んでください。

フォルスクラブはマルチプラットフォームです

フォルスクラブはマルチプラットフォーム(もしくはクロスプラットフォーム)です。

WindowsやMacintoshなどの異なる仕様の機械で同時に動かせるものを

マルチプラットフォームと呼びますが、

さらに仕様が異なる機械を使ってもそう呼ぶことが可能です。

例えば、パソコンとタブレット。

もしくは、Wii Uと3DS。

マリパやスマブラなどは、複数のハードに向けて販売していますよね。

そうした仕様がかなり異なる機械でも動かせるものをマルチプラットフォームと呼びます。

 

そして、こうしたマルチプラットフォームの種類は大分増えてきていると言えます。

スマホを筆頭に、様々な機器が登場しています。

互換対応のアプリは必須ですが、今やスマホからワードを開け、かつ、編集することも可能です。

少し前までは閲覧すら出来なかったのに、スマホで出来ることは日増しに増えていると言えます。

 

そのうち、パソコン専用のフォルスクラブのコンテンツも、

タブレットやスマホで出来るようになるのではないでしょうか。

キーボードやマウスなどの入力装置をスマホに繋げる必要はあるかもしれませんが、

今後の技術開発により、スマホで全てのフォルスクラブのコンテンツが可能になるかもしれませんよ。

 

また、通年で使えるタイプのアンチウイルスソフトなどのアプリケーションは

マルチプラットフォームなことが多いです。

パソコンというものは寿命があり、早くて5年、長くても10年くらいが良いところと言われています。

毎日使っていれば、寿命はもっと早く来ます。

企業は法人向けのアンチウイルスソフトを業者から仕入れていますが、

OSを新品に交換するたびに新たにソフトも新品にするのは経費的に苦しいです。

そこでアンチウイルスソフトを取り扱う業者はマルチプラットフォーム式を採用し、

OSを変えても変わらずに同じソフトを使えるようにしています。

Microsoft Windows Vistaだけ使えるアンチウイルスソフトや、

Microsoft Windows 7だけ使えるアンチウイルスソフトでは使い勝手が悪いです。

全てに対応していれば、購入者も安心してそのアンチウイルスソフトを使えます。

 

もちろん、フォルスクラブはMicrosoft Windows 2000以降の全てのパソコンに対応しています。

最新のWindows 10でも難なくフォルスクラブを動かすことが出来ます。

勉強するならやはり、フォルスクラブのような互換性に秀でたものを扱いたいところですよね。

パソコンやタブレット、スマホ、ガラケーと多数のハードからフォルスクラブが出来ますので、

自分に合ったものを使って勉強に励んでください。

マルチデーに活用できるフォルスクラブ

マルチデーはあまり耳慣れない単語です。

複数日と直訳することが可能で、マルチデーパスポートやマルチデー化粧水があります。

 

製品をいくつか分類していくと、一日で使い切るものや数日に渡って使えるもの、

いつまでも使い続けるものがあります。

食品などは一日で消費しますが、漫画やゲームなどは飽きるまで楽しめます。

大学入試の勉強に必須な赤本は、全部やりきるのに数日かかりますが、

大抵、一度やったら用無しです。

シングルデー、マルチデー、パーマネントデーと色々とありそうです。

 

フォルスクラブは恒久的に使える勉強ツールになりますので、パーマネントデーと呼べそうです。

フォルスクラブには多数のコンテンツが収録されていますので、

二、三か月あっても全部やり切るのは難しいと言えます。

ただし、実際に一人が使用するのは一つか二つだと思います。

フォルスクラブは、家族全員が勉強できるをコンセプトにしていますので、

それぞれの年代に向けたものを用意しています。

なので、どちらかと言ったら、フォルスクラブはマルチデー用と言えそうです。

 

子供の勉強は高校卒業まで、成人の方が利用する資格の勉強もその資格を取得するまでです。

それなりに長い期間、フォルスクラブで勉強できますが、いつかは終わりが見えてきます。

もしくは循環させるのも良いかもしれませんね。

子供が大人になり、結婚して家庭を持ち子供を産み、そうやって世代を交代していけば、

フォルスクラブを恒久的に使い続けることが出来そうです。

マルチな世代に人気のフォルスクラブ

大抵の通信教材は一個人を対象にしたものが多いです。

進研ゼミなどの通信教材は、対象の年齢に合わせた勉強道具になりますので、

仮に兄弟が居てもそれで勉強することは出来ません。

予習や復習にはなるかもしれませんが、

基本的に通信教材は一人ひとつが基本になります。

 

フォルスクラブは違います。

勉強道具なのは変わりませんが、全ての学年が初めからセットで付いてきます。

小学一年の勉強から高校三年の勉強まで。

そして、幼児を対象にした育脳や社会人に有用な各種資格などを

フォルスクラブひとつで学ぶことが出来ます。

あらゆる年代にマルチに活用できるのがフォルスクラブの強みです。

 

全ての世代がプレイ可能になると、ひとつ問題が生じます。

それは学習環境が混雑するという問題です。

フォルスクラブをはじめとするeラーニングは、

主にインターネット環境のあるパソコンを用います。

ノートパソコンを複数持つ家庭は多いかもしれませんが、

ネットに常時接続可能なパソコンは、まだまだ一家に一台のところが多いです。

ひとりがeラーニングをしていたら、他の方は待機するしかありません。

これではマルチに活用できる利点が薄らぎます。

 

そこでフォルスクラブはパソコン以外からの接続も可能にしています。

扱えるコンテンツには限りがありますが、

フォルスクラブはスマホやタブレットからもプレイすることが出来ます。

タブレットもまだ普及しているとは限りませんが、

スマホは名実ともに一人一台の時代だと言えます。

中には一人二台所有している方もいるかもしれません。

このようにフォルスクラブはマルチに利用しやすいツールなのです。

マルチに就職支援を行うフォルスクラブ

先日のニュースにて、フォルスクラブの「資格対策講座」が

求人検索エンジンと連携したことを知りました。

これにより、「資格対策講座」でそれぞれの資格を勉強しつつ、

そのアプリ内で効率良く仕事を探せるようになりました。

まだ勉強している最中かもしれませんが、どの企業があるのかを知ることが出来れば、

その後の就職活動に役に立つというものです。

 

この「資格対策講座」はマルチにコンテンツが収録されています。

アプリのマークに「9」の数字がある通り、

全部で9つの需要の高い資格を学ぶことが出来ます。

特に嬉しいのは、このアプリは無料でプレイ出来るということです。

課金もありませんので、掛かるのは通信費くらいです。

試験モードと記憶定着モードがありますので、熟練度に合わせてお使い下さい。

 

これはスマホ用のコンテンツになりますので、

パソコンの前に座ってじっくり勉強したい方には通常のフォルスクラブがオススメです。

対応している資格が少し異なりますが、

ゆっくりと腰を落ち着けて勉強できると人気を獲得しています。

フォルスクラブならマルチにコンテンツが搭載されていますので、

行政書士から手話、英語の勉強まで、多種多様に学ぶことが可能です。

スマホアプリ用と併せて使うことで、より効率的に学べると思います。

 

資格を学べる無料のアプリはたくさんあります。

そうしたものは大抵、対応している教材が1つだけなので、

マルチに資格を取得したいなと思っている方は、

株式会社イー・ラーニングが提供している「資格対策講座」を

インストールするのはいかがでしょうか。