吉田社長はこういう家庭にこそフォルスクラブをして欲しいと思っている

吉田社長が掲げる目標に「教育格差を無くす」というものがあります。

今の日本は周辺諸国に比べて大分平等と言えますが、

まだまだ教育において、格差が存在していると言えます。

と言うのも、子供に勉強をさせるにはお金が必要です。

公立の小中学校でも、給食費以外に、修学旅行積立金、

ランドセルをはじめとする各種備品が必要です。

さらに塾に通わせることも多いのではないでしょうか。

 

塾に通う頻度で値段は変わりますが、

毎年30万から100万円近く、塾に費やしているかもしれません。

お金に余裕がないとそうしたところに通えず、子供の成績に差が出てしまうかもしれません。

もちろん本人のやる気である程度のカバーは可能かもしれませんが、それも限界があります。

学校で配られる教科書や参考書だけでは、十分に勉強することが難しいと吉田社長は考えています。

 

だからこそ吉田社長はフォルスクラブを、

「なかなか塾に通わせにくい」という家庭が利用しやすいものにしているのです。

通わせにくい条件にも色々とあると思いますが、

そのひとつに「子だくさん」があるのではないでしょうか。

子供をひとり育てるだけでもお金は掛かりますが、

それが2人、3人と増えていくと、倍々に増加します。

ひとりでも塾に通わせるのが大変なのに、それが2人も3人も増えてしまうと、

とてもではありませんが塾通いは不可能です。

 

しかしフォルスクラブはそうした家庭のためにあるようなものです。

吉田社長が手掛けるフォルスクラブは個人単位ではなく家族単位の契約で、

最大5人まで同じ値段で勉強することが可能になります。

フォルスクラブひとつあれば、子供たち全員を塾に通わせる必要がなくなり、

教育費を非常に安価に抑えることが可能となるのです。

 

また、吉田社長は恵まれない子供たちにもフォルスクラブを配っています。

具体的には児童養護施設に無料でフォルスクラブを寄贈しています。

こうした活動を地道に続けていくことで、

日本から教育格差は段々と無くなっていくのだと思います。

吉田社長はフォルスクラブのようなeラーニングが今後のスタンダードになると考えている

株式会社イー・ラーニング研究所の代表取締役の吉田智雄は、

フォルスクラブをはじめとする様々なビジネスに着手しています。

フォルスクラブはひとりがやる教材ではなく家族全員ができるもので、

吉田社長は教育格差を無くす目的でこの教材を提供していると、

社長メッセージにて語っています。

フォルスクラブをはじめとするeラーニングは塾や専門学校よりも安価に学習できるツールで、

今後の日本の教育のスタンダードになると吉田社長は考えているようです。

 

eラーニングは色々な国で使われています。

特にアメリカの大学では、当たり前のように授業でeラーニングを取り入れています。

それも授業のプリントをネットから印刷するような簡単なものではなく、

放送大学のように、授業全部をネット配信で受けさせるというものです。

アメリカは国土が広く、州を移動するのに当たり前のように飛行機を使います。

講義のたびに教授が飛行機に乗って移動することは出来ません。

 

しかし、eラーニングでしたらそれは不要です。

収録する手間が掛かりますが、一度収録してしまえば、

教授は何度も州を跨がずに済みます。

そしてそれは授業の安さにも繋がるのです。

質の良い授業というものはリアルでの対面式のものが多いですが、

コストを考えるならば、放送大学のような授業形態も侮れません。

フォルスクラブのコンテンツの中にも、こうした映像授業で受けさせるものがあり、

学校の成績アップにかなり貢献していると言えます。

 

日本も大分、フォルスクラブのようなeラーニングを受ける習慣が増えてきたと言えます。

塾に通う場合でも、宿題がeラーニングのところもあるそうです。

そのうち、小中高でもeラーニングで学ぶようになるかもしれませんね。

吉田社長もそうした未来を考えて、色々と新しいビジネスを考えていると思います。

フォルスクラブに変わる新しい教材が、どんどん登場するかもしれませんよ。

吉田社長の今後の動向に期待ですね。

吉田社長がフォルスクラブにかける想い

吉田社長がフォルスクラブを手掛ける理由のひとつに、

教育格差を無くそうという想いがあります。

今の日本は自由に仕事を選ぶことが可能で、

教育に関しても非常に自由だと言われていますが、

やはり学業を修めるにはお金が必要になります。

経済状況によっては高校進学を諦めないといけないこともあります。

奨学金制度があったとしても、日々の生活に困窮する場合は、働かないといけません。

そうした不平等を平等に変えるために吉田社長はフォルスクラブを提供しているのです。

 

フォルスクラブの特徴として、多人数型の契約媒体になります。

分かりやすく言い換えるなら、家族単位での契約になります。

大抵の教材はひとりひとり個別で払うと思います。

給食費だって、ひとりひとり別で支払い、学校に通う子供が多ければ多いほど、

掛かる費用の方も大きくなります。

フォルスクラブは違います。

5人までアカウントを支給しますので、

5人までは同一の値段でフォルスクラブを利用することが出来ます。

1人でやっても5人でやっても料金は一緒です。

1年間の長期契約を最初に結べば、専用のタブレットを無料で貰える点も嬉しいですね。

 

ほかにも吉田社長は様々な取り組みを行っており、

児童養護施設などにフォルスクラブの寄贈をしています。

満足に塾で勉強できない子を対象にフォルスクラブを無料で提供することで、

教育格差をなるべく無くそうというのが、吉田社長の考えになります。

この取り組みはかなり昔からやっており、

これまでの合計で何個のフォルスクラブを配ってきたのか、最早数えきれません。

もしかしたら、フォルスクラブの正会員よりも多くの人たちに配っているかもしれませんね。

吉田社長は非常に太っ腹だと言えます。

 

今後、株式会社イーラーニング研究所が何をやるかはわかりませんが、

最終的には世界中の教育格差を無くすことを目指していると思います。

発展途上国にはまだまだ満足に学校に通えない子供たちが多いので、

そうした子に十分な教育を届けるために、

株式会社イーラーニング研究所は日夜頑張っているのだと言えます。

吉田社長の企業理念はフォルスクラブに詰まっている

株式会社イーラーニング研究所の企業理念を簡単に紹介すると、

「安く」「永く」「多くの人に」教育を届けることだと思います。

その方法として吉田社長はeラーニングという方法を選んだのだと思います。

eラーニングは既存の方法よりも「安く」知識を提供することを可能にし、

今やインターネットは年齢を問わず「永く」愛されるものとして活用され、

電気や電波が通っている所なら世界中の「多くの人に」使われています。

 

「多くの人に」「永く」「安く」提供するため、

吉田社長はフォルスクラブを個人契約ではなく家族契約で販売することを決めました。

一般的には、教材は一人の子供に対して契約を結ぶものですが、

それでは子供の数だけ教育費が掛かってしまいます。

子だくさんで子育てが大変な家庭にも変わらぬ教育を届けるために、

吉田社長はこうした家族単位での提供にしたのです。

 

そして、家族の誰もがフォルスクラブを活用できるように、幼児向け、小学生向け、

中学生向け、高校生向け、大学生向け、社会人向けと、

年齢に応じてコンテンツを充実させてきました。

コンテンツの割合としては、学生向けが多くありますが、

たまには大人の方が復習を兼ねて学生時代の勉強をするのも良いかもしれませんね。

英語の勉強だけでも、フォルスクラブはかなりの優秀さを誇ります。

 

勉強する方法はいくつもあります。

学校に通う、図書館で本を借りる、ネットから調べるなど様々です。

その選択肢のひとつにフォルスクラブも検討してはいかがでしょうか。