フォルスクラブと株式会社イーラーニング研究所

●フォルスクラブというクラブは存在しない
フォルスクラブという名前を聞くと、そのようなクラブが存在するのかと思ってしまうものです。
しかし、これはあくまでも名称でしかなく実際にそのようなクラブは存在しません。
例えば雑誌の名前のようなものであり、〇〇クラブという名前があったとしてもそのようなクラブが実在しないのと同様に、フォルスクラブもサービスの名前でしかないので実際の組織があるわけではないのです。
もちろん、運営している企業というのは存在しますから、全く架空の存在というわけではなくフォルスクラブは株式会社イーラーニング研究所によって運営されているサービスのひとつとなっています。

 

●株式会社イーラーニング研究所の中核のひとつ
株式会社イーラーニング研究所はその名前からもわかるように、イーラーニングの研究を行っている企業です。
この言葉が世に出る前から研究をしていて、教育に役立てることができないかと試行錯誤してきた企業であり、IT全盛の今の時代になってそれまでの研究の成果があらわれ始めた企業でもあります。
フォルスクラブは中核の一つであり、どこにいながらでも優良なコンテンツを利用して高度な学習をすることができるというのは、株式会社イーラーニング研究所が長年思い描いていた理想であり、技術の進歩によってそれが実現をすることができるようになったわけです。

 

●株式会社イーラーニング研究所の事業は多岐にわたる
株式会社イーラーニング研究所といえば、フォルスクラブが真っ先に連想されるほどにフォルスクラブの印象は強いのですが、行っている事業の内容はそれだけではありません。
基本的には通信教育事業を中心としていますが、必ずしもそれだけではなく実際のスクール事業も行っています。
イーラーニングで培った技術を実際のスクール事業に役立て、逆に現場で培ったノウハウをフォルスクラブにフィードバックをしているからこそ、株式会社イーラーニング研究所の提供しているサービスはどれも高品質なものばかりとなっていて、万人に平等の学習機会を提供することができるおのとなっているのです。

 

●ますます成長していく株式会社イーラーニング研究所
IT全盛の現代ですがこれから先も更に発展を遂げることになり、その中でも特にイーラーニングの重要性というのはますます増していくことが予想されます。
それだけに株式会社イーラーニング研究所もこれから先、更に成長をしていくことになりフォルスクラブもより使いやすいものになっていくことでしょう。
類似のサービスは現状でもいくらでもありますし、これからも続々と登場をしてくることでしょうが、黎明期から研究を続けてきた株式会社イーラーニング研究所には一日の長があります。
それだけに今の段階から、株式会社イーラーニング研究所のことを知っておくというのは自身の成長のため、優良な学習機会を得るために役立つことだと言えます。

フォルスクラブを証券会社のように扱って株を買いたい

フォルスクラブで株を買えたらどれだけ便利でしょうか?
フォルスクラブで株の勉強をするのではなく、
フォルスクラブを証券会社のように扱って株を買うということです。
ネット証券があるのですから、
フォルスクラブだって株を買えても良いですよね?
フォルスクラブを運営する会社が、
証券外務員などの資格を取る必要はありますが、
フォルスクラブのコンテンツをプレイする感じに、
気軽に株の売買が出来たら便利だと思うのですが、如何でしょうか?

もっとも、便利になるのが良いとは限りません。
例えば、ワンクリック系のサイトがありますよね。
ポチっとスイッチを押すだけで振込を完了するとっても便利なボタンです。
ただし間違って押す方が続出したため、
こうしたワンクリック系は禁止されるようになりました。
スマホアプリの簡単決済でも、必ず4桁のパスワードを求めますよね。
他人のスマホを拾っても、簡単には課金できないようになっているのです。

フォルスクラブで株を買う際も、あまりに簡単だと、
間違って買ってしまう方がいるかもしれません。
株式売買はクーリングオフが出来ませんので、
間違って購入ボタンを押したら大変です。
仮に、「本当に買っても大丈夫ですか?」という質問を
クドイくらい聞き返す機能を搭載させても、
買う側は何も考えずに「ハイ」を連打することでしょう。
フォルスクラブで株を買えるようになったら、
しっかりと情報収集せずに買う方が続出すると、筆者は考えます。

簡単に買えないようにする機能を搭載させるなら、
その銘柄に関するテストを課すのが良いかもしれません。
現在の株価と、1年半前の株価、そして1年半後の予想値を記載し、
かつその予想値を決めた理由を論文形式で記入します。
そうすれば、確たる信念と意思で買うことになりますので、
「間違って買った」は確実に防げます。
しかしそうなると非常に面倒なので、
多くの方が普通に証券会社で買うことになるでしょう。