ねずみ講だと囁かれるフォルスクラブは警官の味方です

フォルスクラブとは何か、まずはそこから始めよう

フォルスクラブとはいわゆる通信教材で、パソコンやタブレットなど電子機器から接続できるインターネットを用いて学生たちが学んでいる国語や英語、数学といった教科から手話講座に教員採用のための勉強など幅広いコンテンツが用意されています。特に子供たちのための学習教材の充実化はこだわっており、幼児向けや小学生向けの英語のコンテンツも利用可能なところが特徴的です。教材の媒体も多種多様で、ゲームから動画など子供が好みそうな媒体から問題集など大人が図書館などの施設で用いても不便にならない媒体も揃っており、現在はサービスを収束させていますが、以前変わらずに運営を続けています。

ここまでこだわる理由はひとえにフォルスクラブの理念に従っているからです。

フォルスクラブの理念、それは格差が生み出す教育格差をなくす事に尽きます。例えば経済的な理由から塾に通える子供と通えない子供がいた場合、どちらの知性が磨かれるかは言うまでもないです。勿論通えない子供も読書をするなり独学で勉強に励むなり知性を磨く方法はありますが、学習環境のレベルによる差の影響は大きいとされています。それは成人しても同様で、だからこそ自由度が高いインターネットを通じてフォルスクラブは教育の格差をなくそうとしているわけです。

フォルスクラブがねずみ講だと囁かれる原因は何か

フォルスクラブを検索して調べると「ねずみ講」や「詐欺」など良くない言葉が浮上しますが、これはひとえに訪問販売のせいだと考えられます。訪問販売は文字通り、知らない住人の元へ訪れて特定の商品やサービスを紹介しつつ、利用を推奨するビジネスです。いわゆるマルチビジネスといっても良く、会員が増えると権利として収入が得られる仕組みとなっています。しかしマルチビジネスとねずみ講は他人に紹介するという点が同じであるため、よく混合されがちです。前者は合法ですが、後者は無限連鎖防止法によって違法とされています。

そもそも良くないイメージが付きまとうねずみ講とは何か

ねずみ講とは正式には「無限連鎖講」と呼ばれる金銭的なシステムで、分かりやすく言えば「楽して稼げますよ」と謳いながらも実質所属している組織のリーダーに全ての利益が吸収されてしまいます。現在は法律で犯罪とされていますが、1967年に「天下一家の会」こと内村健一が熊本県で始めた頃は取り締まりはされず、無限連鎖防止法が成立された1978年まで被害者は続出していたほどです。熊本国財局の強制捜査が1972年にされたものの、理論武装されて強固な態度を取っていました。しかし1983年に内村健一が収監された事で、事態は一応の収束をしたわけです。一連の事態は当時の社会の問題になるほどで、違法である事もさながら、この出来事の影が付きまとっていると言っても過言ではありません。

ねずみ講を取り締まる警察官のためにもフォルスクラブは専用の講座を用意していた

現在、ねずみ講は警察官たちが取り締まっています。
そんな警察官や消防士を目指す人のためにフォルスクラブでは専用の教材を用意していた時期があります。2009年の合格を目標にしていた人たち向けで、基礎知識に関して不安を抱いている人にうってつけの入門パックでした。現在この教材、もしくはシリーズがあるかどうかは不透明ですが、きっとねずみ講を取り締まっている警察官たちのなかにはこの教材にお世話になった人がいるはずです。

ねずみ講のようなチケットノルマがないフォルスクラブ

友人関係に悪影響を与えるチケットノルマとは

お芝居や音楽などのステージは、フォルスクラブのように観客の心を楽しませテンションを上げてくれるものです。しかしそうした舞台の裏側には、チケットノルマというねずみ講のようなシステムが存在することもあるといいます。チケットノルマとは、俳優やスタッフなどが、決められた枚数分チケットを売らなければならない、というものです。もしも売ることができなければ、そのチケットの料金を個人で負担しなくてはなりません。フォルスクラブにはチケットノルマなどというものありませんから、安心して遊ぶことができます。ねずみ講のようにチケットを売ったり、ノルマを気にしたりする必要はありません。好きな時にフォルスクラブを使って楽しんだり、学習をするだけですので、なんの心配もなく利用することができるのです。

チケットノルマが問題になっている理由

チケットノルマは、劇団等に所属している人にとって、悩みのタネだといいます。なぜ問題となるのか、その理由は金額の負担が大きくなりやすい、ということにあるでしょう。2~3枚程度なら金額の負担もさほど大きくありませんから、身近な人に無料で配ってあげることもできます。しかし十枚以上のノルマがある場合、それを無料で配ってしまったら、金銭的な負担がかなり大きくなるでしょう。負担を避けるためには、知り合いや友人などに買い取ってもらう他はありません。久しぶりに会った友人がいきなりチケットを買ってほしいと言ってくる、そんな状況になるとまるでねずみ講のようだ、と感じるものです。ねずみ講のようなノルマがないフォルスクラブなら、友情や人間関係に悪影響をもたらす心配はありません。安心して使えるフォルスクラブを楽しんで、友人関係を大切にしたいものです。

チケットノルマによって友情にひびが入ることも

チケットノルマは厳密に言えば、ねずみ講とは違うものだといえるでしょう。しかしその影響によって友情にひびが入るかもしれない、という点では近い部分があるかもしれません。合うたびにチケットを買ってくれと言われる、そんな状況になれば相手に対する友情が薄れてしまうものです。ねずみ講のように人間関係に悪影響をもたらし、最終的には友達を失ってしまうリスクがあるでしょう。フォルスクラブのようにノルマなどないサービスに慣れていると、こうした行為には疑問を覚えてしまうものです。フォルスクラブユーザーの中にも、知り合いからチケットを買ってくれと頼まれたことがある方がいるかもしれません。

ねずみ講のような結果を招かないためには振り回されないことが大切

ステージや公演と関連が深いチケットノルマですが、ねずみ講のような結果にならないためには、振り回されないことが大切だといえます。負担が大きすぎる場合は主催者に相談するなど、無理のない形で問題を解決していきましょう。ノルマについて悩んでしまったら、フォルスクラブをプレイして気持ちをリセットするのも一つの手です。フォルスクラブに集中する時間を作れば、気持ちを切り替えることができます。

ねずみ講のようなノルマがないフォルスクラブなら安心

スピード違反の取り締まりについて

交通違反はフォルスクラブと違って非常に問題のある行為ですから、しっかりと取り締まりをしてほしいものです。しかしスピード違反の取り締まり、いわゆるネズミ捕りにはノルマがある、といわれています。交通違反を厳しく取り締まることは非常に大切ですが、あくまでもその目的は、市民の安全を守ることにあって欲しいものです。まるでねずみ講のように、ノルマを決めてスピード違反をした人を探す、といった形では本末転倒ではないでしょうか。フォルスクラブは自由に誰もが入会できるサービスですし、ノルマなども当然ありません。利用したい人だけが自発的に利用すればいい、そんなサービスです。ねずみ講のようにノルマがあったり、色々と面倒な手間があるサービスではありませんので、誰でも安心してフォルスクラブを利用することができます。

スピード違反の反則金にはノルマがあるという噂

公的な書類に記載された交通安全対策特別交付金の項目には、歳入予定額が書かれていたといいます。交通安全対策特別交付金とは、交通違反を検挙した際に徴収された反則金のことを指しているようです。これはスピード違反の取り締まりによって徴収する金額が、あらかじめ予定されている、ということをあらわしているでしょう。まるでねずみ講のようにノルマを決め、予定された金額が集まるよう、スピード違反の取り締まりを行なっている、と見ることができます。もしも本当に、ねずみ講のようなノルマを決めて検挙を行っていたのだとしたら、これは大きな問題ではないでしょうか。フォルスクラブを利用している方の中にも、スピード違反の取り締まりを受けたことがある方がいるかもしれません。この問題は、フォルスクラブユーザーの中でも大きな話題となっていそうです。

交通の安全を守るために取り締まりが存在する

本来、スピード違反を取り締まる理由は、交通の安全を守ること、事故などを未然に防ぐことにあるでしょう。あたかもねずみ講のごとくノルマを決定し、達成のために次から次へと検挙する、といったことはあってはならないことです。ねずみ講が問題視されている理由は、本来の商取引の形を超えていること、そしてノルマが存在することにあるでしょう。フォルスクラブのように気軽に利用できるサービスには、当然ノルマなど存在していません。フォルスクラブは教育に貢献するという、本来の目的にそって経営されているサービスだといえます。

まずは違反をしないことが大切

交通違反の取り締まりが、ねずみ講のようにノルマ達成を目的としていた場合であっても、違反をしなければ検挙されることはないといえます。ねずみ講のような側面があったとしても、その点はやはりきちんとしているものです。フォルスクラブユーザーは真面目な人が多いでしょうから、スピード違反などしたことがないかもしれません。フォルスクラブユーザーらしく、ルールを守って正しく運転をしていくことが大切です。

フォルスクラブでお金がもらえたらねずみ講並のヒットに

基本的にねずみ講は損をします。アップダウンの関係で損をします。ではこのアップダウンの関係が逆になるとどうなるでしょうか? 逆ピラミッドは経済の概念上ありえませんが、もしもそんなねずみ講があればフォルスクラブは爆発的な大ヒットになるでしょう。

 

【プレイをしない手はない】
フォルスクラブをプレイすることによってお金がもらえるとしたら、これは利用しない手はありません。
本来であればお金を払って受けることができるサービスですから、それが無料というだけでもありがたい話なのに、ましてやお金がもらえるとなるとしない理由がないと言えるでしょう。
元々自ら進んでお金を払って受けるサービスが、お金がもらえるとなるとやらなければ損ということになります。
フォルスクラブをプレイしてお金がもらえるとなれば、本来フォルスクラブを利用したいと思っていた人でなく、興味がなかった人でも利用をすることになりますから、あっという間にねずみ講レベルで利用者が増えることになるでしょう。

 

【お金だけでなくためになる】
フォルスクラブが逆にお金になるのであれば、お金をもらって自分磨きをすることができるわけですから、ねずみ講の比ではないほどに爆発的に普及をすることになるでしょう。
世の中にはお金を払ってでも勉強をしたいと考える人がいるのに、フォルスクラブを利用することによってお金になるとなれば良いことしかありません。
これが何の役にも立たないものでしたら、時間のほうが貴重なのでフォルスクラブをプレイしないという人も出てくるかもしれませんが、自分のためになると考えるとねずみ講ばりに普及をするのは目に見えて予想できることだと言えます。

 

【口コミであっという間に広まることに】
ねずみ講はいくら上手い話であっても怪しげな部分がありますから、警戒をして手を出す人はそれほど多いものではありません。
しかし、フォルスクラブはそれ自体が怪しいものではありませんから、気軽に試してみようとする人が一定数現れることになりますし、利用をした人の口コミからあっという間に利用者が増えていくことになるでしょう。
自分は何も損をすることなく得しかしないとなれば、すぐに口コミは知れ渡ることになりねずみ講の何倍もの早さでフォルスクラブの利用者が増えていくことになります。
ねずみ講はいつかは飽和状態になって破綻をきたすといいますが、フォルスクラブでお金になるなら、ねずみ講よりも早く飽和状態になるのは間違いないと言えます。

 

【無料でもプレイヤーが増える】
現実的にフォルスクラブをプレイしてお金がもらえるという甘い話は、それこそねずみ講ばりにありえないことですが、無料だったとしたらどうかと考えると、これもやはりプレイヤーが増えると考えられます。
お金がもらえないならプレイしないという人もいますから、お金がもらえるときほど増えるわけではありませんが、優秀な学習システムを利用したいと考える人はかなりの数がいますから、無料でも利用者が増えることは確実だと言えます。
世の中には無料でもいらないというものだってある中で、無料なら利用をしてみようかなと思わせることができる、フォルスクラブは非常に優れた学習システムということになります。

フォルスクラブがねずみ講であるという噂について

フォルスクラブがねずみ講であるという噂がインターネット上に散見されていますが、それは誤りである可能性が高いです。理由としてフォルスクラブがねずみ講を行っていたとして、それが正常に機能していた場合はすでに地球上に存在している全人口がフォルスクラブの会員であることになります。特にフォルスクラブが設立された時期を考慮するとおよそ2ヶ月程度で地球上の全人口が会員であることになってしまうのです。もちろんねずみ講として正常に機能していない場合であっても、そのような営業が行われていた場合は公安によって厳しく処罰される対象になるでしょう。しかしそのような情報はインターネット上に存在しませんし、公安に直接お問い合わせしてもフォルスクラブを摘発した例や捜査に関しては全く行われていないと言われています。フォルスクラブが設立されて数年が経っていますが、未だにそのような具体的な法的措置が行われていないことを考慮すると、フォルスクラブがねずみ講を行っているという噂は、事実無根である可能性が高いです。実際にセールスマンなどによって営業方法がねずみ講のように行われていたとしても、クーリングオフ制度を活用すれば、誤った契約を解除することが可能です。もちろんクーリングオフ制度を活用した契約解除に関してはフォルスクラブではきちんとした対応を行っているので安心して利用できます。実際にクーリングオフ制度を活用して、サービスなどの契約を解除した顧客も存在します。スタッフはそれらの要望に関しては真摯に対応しているので安心して利用できるのです。しかし、フォルスクラブではなく組織名を騙った個人が行っているねずみ講のような営業方法が存在することがあります。例えばフォルスクラブを騙った営業を行うことによって利益を手に入れようとする悪徳商法を行っている組織があるとするなら消費者は特に注意が必要です。これらの個人やフォルスクラブに関係のない組織で行われているねずみ講などの行為に関しては、国民消費者センターに通報したり弁護士や公安機関に通報することによって対処しましょう。ねずみ講として認められれば、返金や契約解除などの適切な法的措置が行われます。以上のことからフォルスクラブがねずみ講であるというインターネット上のはほとんどが誤りであるという可能性が高いです。ほとんどが個人や関係のない組織で行われているものであり、それによってフォルスクラブは風評被害を被っています。フォルスクラブのサービスは公式サイトから安全に利用可能ですが、フォルスクラブを騙った悪質な商法が個人間で行われている可能性があるので、それらの商法に巻き込まれてしまった場合は決して躊躇せずに国民消費者センターや弁護士などの相談をしましょう。弁護士の相談や国民消費者センターへの通報などは無料で行うことができるだけでなく消費者の個人情報も保護されるので安心です。

なぜフォルスクラブはねずみ講に適していないのか

口コミで評判を集めるフォルスクラブ
ねずみ講ではないフォルスクラブは便利な通信教育サービスとして、多くの人に愛されています。このサービスの優れた点はネットワークを介していつでも好きなタイミングに、勉強ができるという点にあります。学びたいことがあってもセミナーや講義に通う時間がない、そんな悩みを抱える人が現代には大勢います。気になるスクールをチェックしてみたが通う自信がなく諦めてしまった、そんな経験がある方も多いでしょう。フォルスクラブの通信教育サービスは、忙しい現代人にとって多数のメリットをもたらしてくれるのです。こうした質の高いサービスは口コミ投稿によってその評判が広まり、さらに多くのユーザーを獲得することになります。フォルスクラブのような人気の高いサービスなら、たとえばねずみ講のようなシステムを組み込むことも可能ではないでしょうか。なぜそうした流れになっていないのか、その理由はフォルスクラブのサービス内容がねずみ講に適していないことにあると考えられます。

 

質の高い通信教育サービス
通信教育というものは商品を販売するサービスと異なり、ある程度継続利用をしないと評価をすることができません。たとえばアクセサリーやインテリア用品の質を評価する場合、重要となるのはまず見た目です。もちろん耐久性といった部分も大切ではありますが、見た目のセンスが良い商品であればそれだけで人気を集めることができるでしょう。一方通信教育サービスの場合、まずは利用してみないとその質を判断することができません。継続利用をしてはじめて、「自分に合う」「質が良い」などの評価を下すことができます。
つまりフォルスクラブのような通信教育サービスは、ひと目で判断できない部分に真価があるため、ねずみ講のような形で宣伝をしても商法としては上手くいかないということになります。ただ物品を売るだけのサービスならねずみ講によって利益を得ることもできますが、サービスそのものを提供するとなると状況が変わってきます。フォルスクラブをねずみ講によって広める、というのはなかなか難しいことだといえるでしょう。

 

フォルスクラブを始める理由
実際にフォルスクラブを利用している人は、どのようなきっかけでサービスを知ったのでしょうか。フォルスクラブの口コミを参照すると、知り合いや家族などから評判を聞いて興味を持った人が多いとわかります。口コミ評価によって人気が広まっているため、ねずみ講と勘違いされてしまうこともあるようです。フォルスクラブとねずみ講に共通点はありませんが、人と人との交流を介して広まっているという部分が似ているため、誤解を受けることもありえます。

 

各方面から大きな注目を集めているフォルスクラブ
人気の高まりとともに、フォルスクラブに興味や関心を持つ人が増加しています。ねずみ講のような商法とは全く異なるフォルスクラブのシステムは、今後も各方面から大きな注目を集めることになるでしょう。

フォルスクラブとねずみ講の関係について誤解がある

【フォルスクラブとねずみ講は関係していない】
フォルスクラブをねずみ講と呼ぶ人がいますが、全くの別物です。フォルスクラブを運営している株式会社イー・ラーニング研究所は2002年9月に設立されており、16年の歴史があります。そしてねずみ講は詐欺で、詐欺をしている会社が16年も続くはずがありません。インターネット上への書き込みは匿名でもできます。電話サポートなどでの対応が気に入らなかった人、フォルスクラブのサービスを利用したけど成果が出なかった人などが嫌がらせで悪い書き込みをしていることもあります。資格対策講座を利用したからといって絶対にその資格がとれるわけではないですが、残念ながら逆恨みをする人もいるのが現実です。資本金も1000万円入っており、大手とは言えないものの社会的に信頼できる会社です。

 

【もしもフォルスクラブにねずみ講対策講座ができたら?】
もしもフォルスクラブにねずみ講対策講座ができたら、よく誤解されているマルチ商法との違いについて解説されるでしょう。マルチ商法とねずみ講はよく似ていますが、中身は全くの別物です。ねずみ講はなにも中身がないのに、人から人へと紹介料をとることでお金を集めます。ピラミッドの上位にいる人は恩恵を受けられますが、下位になるほど損失のほうが大きくなり、ピラミッドの最下層の人はただお金をとられるだけです。これは詐欺と一緒であり、犯罪となります。一方のマルチ商法では詐欺ではありませんが、ねずみ講と似た構造をしています。ただし、こちらは商品やサービスの内容があり、一定の価値があるものを販売しているという部分などが相違点です。犯罪ではないので警察は動けませんが、悪質商法として注意が促されています。

 

【フォルスクラブの印象がもっと良くなる?】
フォルスクラブはインターネット上の悪い書き込みによって損をしている部分があります。もしも人々がねずみ講対策講座によって誤解をなくしたら、フォルスクラブの印象がもっと良くなるでしょう。しかし、この会社に悪いイメージを持っている人はそもそもねずみ講対策講座を受講してくれないかもしれませんね。最低でも、フォルスクラブのサービスに興味を持ってくれることは条件となるでしょう。

 

【無料体験コースを用意することで問題は解決?】
興味を持ってくれさえすれば、後は無料体験コースを用意することで解決するかもしれません。興味はあるけど怪しいと感じている人でも、無料のコースなら気軽に受講できるでしょう。ねずみ講対策講座は完全に無料にして、その講座を受講して安心した人が資格取得講座などを受講してくれるという流れにするといいでしょう。やはりフォルスクラブのウリは子供向け教材や資格対策受験講座となります。インターネットで悪い評判も見つかりますが、逆に言えばそれでも16年も営業を続けている会社となります。実際に利用をしてみたらイメージが全く変わるという人も多いでしょう。

フォルスクラブはねずみ講と呼ばれるが実態は異なる

フォルスクラブはねずみ講ではない教育システムを提供
フォルスクラブと言うと近頃人気がある俳優がインタビューを受けたり広報誌の表紙を飾ったりしたことで認知度が一気に高まり、教育に興味がある方だけではなくファンの方たち間でも注目を集めていますが、フォルスクラブのことを説明するときには非常に優れた教育プログラムのことを欠かすことは出来ません。教育が受けられる機会が誰にも等しく与えられることをフォルスクラブは目指しており、公平にお手頃な値段で教育を受けることが出来るシステムを構築しています。

 

フォルスクラブは何故ねずみ講と呼ばれるのか
一部のネット掲示板などで、ねずみ講と呼ばれていることがあるのですが、これは独自性がある販売システムが取り入れられていることが原因かも知れません。ねずみ講と呼ばれることがあるフォルスクラブですが、ねずみ講というのは販売する商品が一般的には存在しておらず、会員の人数を増やしていくことによって最初から参加している人物が儲かるシステムで、これは法律によって禁じられています。

ところがフォルスクラブで取り扱っているのは教育向けの教材です。ちゃんとしたサービスや商品が存在しているのにも関わらず、どうして、ねずみ講と呼ばれてしまう場合があるのかというと競合他社からのやっかみであったり、サービスを実際に利用していない方から言われているからと考えられます。

 

家族の人数が多い家庭ほど魅力的なフォルスクラブ
フォルスクラブは、安く抑えられた値段で自分の家に居ながらにして小さな子供から大人までの全ての世代の人生の役に立つ色々な学習を受けることが可能な仕組みです。子供が2人いる4人家族ならば4名分の学習システムを1ヶ月あたり6000円で活用することが可能なのがフォルスクラブが持っている特徴になります。

一般的には子供だけではなく大人も学習をする場合は学習塾やカルチャースクール、予備校などに通う必要が生じますし、そのような場合、月謝として1人あたり月に数千円から1万円以上の費用がかかりますが、ねずみ講ではないフォルスクラブは家族全員合わせても月に6480円しかかかりません。進学にかかる費用を確保しておく必要がある親にとって、とてもリーズナブルな価格設定であると言えます。

 

フォルスクラブはリーズナブルで人気がある
ときどき、ねずみ講と呼ばれてしまう場合があるフォルスクラブではありますが、お手頃な値段で様々な世代の人の受験や音感教育、資格取得など生活スタイルや年齢に応じた学習を行うことが可能な魅力のある教材を販売しています。インターネットに接続できる環境さえ整っていれば、どなたでも利用することが可能ですし、何か困ったことなどがあったときに税理士や弁護士などと連携して、その問題を解決に導くことが可能なシステムも取り入れられています。普段の暮らしを快適に贈ることが可能な環境を整えることは大切な事ですし、この環境を当然のように提供するのがフォルスクラブです。

フォルスクラブはねずみ講とは全然違います

会員になったら会員を集めるのか
ねずみ講と言えば、会員になったらどんどん会員を増やしていくために、どんどん会員が増えていきます。テレビなどのコマーシャルで有名と言うこともないために、フォルスクラブはこのようなことをしていると思っている人は少なくありません。
たしかに、よくわからない企業の名前を聞くと不安になってしまうのも仕方がないです。怪しいのではないかと思う人が多いことも否定はできません。
これは、あくまでも知らないから怪しいと思うのであって、よくどのようなサービスを提供しているのかを知れば決してフォルスクラブがねずみ講ではないことがわかります。知らないことでどんどん悪い妄想をする人がいるために、怪しまれることもあるのかもしれません。

 

そもそもねずみ講とは何のことか
聞いたことがあるけれど、あまりよく知らない人も多いのですが、ねずみ講は無限連鎖講のことです。会員が無限に人を勧誘していき、利用者が増えていきます。フォルスクラブもこのようなことをしているのではないかと思っていませんか。
どちらもあまり詳しいことを知らない人は多いです。無限連鎖講と言われていますが、ねずみがたくさん子供を産むために名前に付けられています。それくらいどんどん人が人を勧誘し続けるからです。短期間で巨大になることも考えられます。

 

フォルスクラブが勘違いされるのはなぜか
全然関係ないとは言え、なぜフォルスクラブはねずみ講と勘違いされるのでしょうか。もしかしたら、プレミアムメンバーを誤解している人が多いのかもしれません。
フォルスクラブにはプレミアムメンバー制度があります。実は、プレミアムメンバーは誰かを紹介して入会させるといくらか報酬がもらえます。どんどんノルマをこなしていかなくてはならないと言うわけではありません。ただ、せっかく良いサービスだから知り合いに紹介してみんなで利用できないかと考える人はいるはずです。そういう人がプレミアムメンバーになって友人たちを勧誘するのを見てねずみ講だと勘違いした可能性はあります。
一見、怪しげに見えるかもしれません。プレミアムメンバーはれっきとした個人事業主となりますし、勧誘すればそれなりの報酬が出ます。メンバー自身もある程度費用が必要ですし、20歳以上でないといけないなど条件もあるのであまり怪しむ必要はありません。

 

安心してフォルスクラブを利用しよう
ねずみ講ではないかと思って利用したことがない人も多いでしょう。ノルマがあると思ってしまうとフォルスクラブに入会することをためらっても仕方がありません。決してねずみ講ではないので気になる人は安心して利用できます。
スマートフォンやタブレットなどを使って楽しく勉強してみませんか。いつでもどこでも勉強できる良いサービスです。家族みんなで利用している人もいます。英語を学びたい、手話を覚えたいと思っているのであれば、ねずみ講の心配をせずにフォルスクラブに入ってみませんか。

フォルスクラブとねずみ講とは根本的な違いがある

●ねずみ講には商品は流通していない
まずねずみ講というものでは商品を全く流通していません。単に人を加入させて入会金を上の組織で分けるというのがねずみ講なので、ネットでさまざまな教材を提供しているフォルスクラブとは全く違うものということになります。基本的にビジネスをしているのとそうでないものとでは比較にならないので、ビジネスをしていない、ねずみ講とは比較することすら無意味なのですが、フォルスクラブをねずみ講と勘違いする人は少なからずいるので、まずビジネスのあるなしで明確に違う事が説明出来ます。

 

●フォルスクラブはビジネスをしている
当たり前ですがフォルスクラブはビジネスをしていてサービスを提供して、そのサービスに納得をした人が代金を支払うというシステムになっています。人を紹介することでお金が動くねずみ講とはこの時点で違うという事が分かるでしょう。他のビジネスでも当たり前ですが、サービスを提供して、その料金に納得した人が代金を払うという至極まっとうなどこにでもあるビジネスモデルであることが分かります。

 

●フォルスクラブにはプレミアム会員制度がある
フォルスクラブにはプレミアム会員制度があり、この会員は販売員のようなものと考えると分かりやすいでしょう。フォルスクラブのサービスを販売して報酬を貰う事が出来るというわけです。知人や友人に売る事が出来るわけで、ここでねずみ講と勘違いされることが起きるわけですが、別に知人や友人にモノやサービスを売ってはいけないというようなルールは無くビジネスにおいては、勧誘や広告をしてサービスを販売することは当然の事ともいえます。ですから、これをもってして、違法な事をしているというのは勘違いもいいところです。会社員でなければ販売員になれないというようなルールがあるわけでも無く、誰でも販売員になればその会社のサービスを紹介して成果がでれば報酬を受け取るというのは至極当たり前の事であって、何も問題はありません。というより、そのことを問題にする事自体がおかしいと言っても良いぐらいです。

 

●組織がねずみ講に似ている
まず組織がピラミッドのような三角形になっていて、これがねずみ講に似ているという事なのでしょうが、組織があって、集団で一つの事をしようとすれば必ず組織というものはピラミッド型になります。そうならないものは機能しませんから、フォルスクラブの組織がねずみ講に似ているというのであれば、この世にある全ての会社はねずみ講に似ていると言わなければなりません。ですから、このことをもって法に違反しているなどと言えるはずもありませんし、実際に違法ではありません。怪しいと感じる人は怪しかった組織と似たところを探して、そこと同じようだというのが常なので、このような事を言うのでしょう。当然の事ですが、フォルスクラブの組織がこのような形になっていたからといって全く問題はありません。