フォルスクラブとMLM企業とはどう違うのか

フォルスクラブとMLM企業の違い
フォルスクラブはインターネットを活用して資格の教材などのサービスをしている会社ですが、この会社とMLM企業とは明確に違うという事が言えます。まずフォルスクラブはサービスを販売しているのであって、それは会員からというわけではありません。MLM企業は会員に自社のサービスを販売させるというシステムを採用しているので、この時点でフォルスクラブはMLM企業は明確に違うという事が言えるわけです。

 

フォルスクラブは何故MLM企業と勘違いされることがあるのか?
これについては、勘違いをしている人の問題なので想像するしかありませんが、会員登録というシステムがあるので、そこを勘違いしたという事になるのかもしれません。若しくはフォルスクラブではプレミアム会員となると教材を販売するという事が出来るようになるので、ここでMLM企業というように勘違いをしたのかもしれない。会員が企業の商品やサービスを販売できるというスタイルは、MLM企業のシステムですから、これについては確かにそうかもしれません。ですが、プレミアム会員には誰でもなれるというわけではなく、ごく限られた人間という事ですから、誰でも会員になって販売できる権利を持つMLM企業とは明確に違うという事が言えるでしょう。

 

フォルスクラブはねずみ講ではないのか?
フォルスクラブはねずみ講とは全く似ても似つかないものです。まずねずみ講には商品がありませんからこの時点で違う事が分かります。ねずみ講はひたすら新規加入者を獲得して上が儲かるように考えられたものなので、組織の中で商品が流通することはありません。フォルスクラブはサービスを提供しているという事をしていて、しっかりとしたビジネスモデルを確立していますから、ねずみ講とは全く違うというわけです。基本的にねずみ講はビジネスをしていませんから、比較すること自体が出来ないぐらいに違うと言わざるを得ません。

 

フォルスクラブはマルチにはならないのか?
フォルスクラブはマルチにはなりません。マルチというのは連鎖販売の事で会員が下の会員を募って商品やサービスを売るというモノで、この事自体は違法性はない。日本の全ての会社が組織を作って会社員を募り、下の者が販売しているという事を考えれば、広い意味で全ての会社がマルチと言えなくもありませんが、そうした意味でならフォルスクラブもという事になるかもしれません。ですが一般的に言われているマルチというのは、組織販売で下の者から不当に上の者が利益を巻き上げてしまうというモノですから、これには該当しないという事です。そもそも、フォルスクラブはインターネットを活用してのサービスですから、組織で会員を募ってというような事はしていません。ですから、マルチとは全く違ったものという事が言えます。ピラミッド型の組織ですからそれを見てこのような事を考える人がいるのかもしれないだけです。

eラーニング研究所がマルチ商品であるという話の真相は

●eラーニング研究所はマルチ商品ではない
最初に結論から書くとeラーニング研究所とマルチ商品は全く関係がなく、別物でしかありません。
eラーニング研究所はeラーニングに関する事業を行っていて、通信教育のサービスなどを展開していますが、マルチ商品の販売などは一切していないのです。
eラーニング研究所で提供しているサービスをより快適に使用ができるように、専用端末などの販売は行っていますが、それを購入するかどうかは利用者の自由であり、購入しなければならなかったりあるいは別の誰かに進めるというものでもありません。
特にネット上ではマルチ商品を扱う企業と思われているフシはありますが、全く関係はないのです。

 

●eラーニング研究所がマルチ商品とされる理由
eラーニング研究所がマルチ商品だと思われていることは完全な誤解でしか無いのですが、なぜ誤解が生まれたのかと言うと企業名と事業内容にあると予想されます。
世の中には研究所と名前はついていても、実際に何をしているのかよくわからないという組織があり、そのような組織に限ってマルチ商品などのいかがわしい商売をしているケースは多くあります。
eラーニング研究所のeラーニングという概念も最近になってできたばかりの言葉であるだけに、怪しいと思ってしまう人は少なくありません。
また、eラーニング研究所が手がけている事業として通信教育がありますが、これは古くからマルチ商品として扱われることも多かったため、この2つが結びついてマルチ商品であるという誤解が生まれたものだと考えることができます。

 

●eラーニング研究所が提供しているサービス
フォルスクラブはeラーニング研究所が提供する代表的な家庭向けのeラーニングサービスであり、誰でも公平に教育を受けることができ、しかもそれでいて安価という特徴があります。
IT社会の現代では学習法もIT時代にそった方法を選ぶことが重要であり、eラーニング研究所ではいち早くその重要性に気づき、早い段階から取り組みを行ってきました。
その結果として誕生したのがフォルスクラブであり、今までにはない安価で良質な教育を受けられる仕組みが生まれたのです。
子供から大人まで年齢性別問わずに学習できるフォルスクラブは、マルチ商品とは全く無縁の存在です。

 

●社会貢献活動にも力を入れている
多くの人に良質な教育を届けたいという思いを持っている企業であり、事業内容もより効率的な教育を受けられる仕組みを提供しているのがeラーニング研究所ですが、それだけでなく自社の取り組みを通じて社会貢献活動もしてきてます。
近年はeラーニングのハードルがだいぶ下がったとはいえ、専用の端末が必要になるなど、誰もが気軽に試すことができるものではありません。
そこで、eラーニング研究所では少しでも教育格差を是正するために、児童施設に自社の学習システムやパソコンやタブレット端末を寄贈する活動を行っています。

マルチ商品とは無関係のeラーニング研究所

●eラーニング研究所の事業内容
eラーニング研究所はマルチ商品を扱う企業だと言われることもありますが、全く無関係であり企業の名前の通り様々な学習法を提案している企業です。
家庭向けのeラーニングサービスであるフォルスクラブを筆頭にeラーニングポータルサイトである学デジ、皆で作る学校情報サイトの学ログから、資格試験対策アプリの資格対策講座といった様々な学習に関するサービスを提供しています。
これらはどれもマルチ商品とは一切無縁であり、世間一般で噂されていることは事実無根となっています。
まだまだ、新しい取り組みであるだけに誤解されやすい部分もありますが、eラーニング研究所はこれからの時代を担っていく企業なのです。

 

●マルチ商品と誤解される理由
eラーニング研究所がマルチ商品として誤解されてしまう理由としては、eラーニング研究所のことをよく知らずに勝手にマルチ商品だと思いこんでいる人が多いためということがあげられます。
更にeラーニング研究所のことを調べるときにはネットで情報を集めることになり、そうなると最初にマルチ商品だと言った人の情報を目にすることになり、それを見た人が同様にマルチ商品だと思いこんでしまいます。
知名度の高い企業であれば誤解も解けるのですが、eラーニング研究所は新しい企業であると同時に事業内容的にも理解されにくい部分があることから、誤解されてしまいやすいためマルチ商品だと誤解を生んでいるのです。

 

●魅力的なサービスが多いeラーニング研究所
誤解されがちなeラーニング研究所ではありますが、実際に提供されているサービスは非常に優れていて魅力的です。
その中の一つに挙げられるのがフォルスクラブで、家族全員で共用をすることができ家庭内でハイレベルな学習をすることができる通信教育となっています。
eラーニングの特長をうまく活かして、年齢性別を問わず誰もが学力向上に役立てることができ、更にリーズナブルな価格というのが大きな魅力です。
従来の通信教育にはなかった高品質と低料金を両立させ、学力を伸ばしたい知識を身に着けたいという願いを実現することができるサービスです。

 

●社会貢献活動も行っている
eラーニング研究所はeラーニングに関するサービスの企画や制作、開発販売を行っていますが、それを活かして社会貢献活動にも取り組んでいます。
日本は比較的教育格差が少ない国ではありますが、それでも地域家庭環境によって差があるのは紛れもない事実です。
特に近年重要視されているeラーニングは初期費用が大きくなりがちであるため、地域によっては全く電子機器を用いた学習ができないというところも珍しくありません。
そのようなところにeラーニング研究所では、フォルス学習システムやパソコン・タブレット端末の寄贈活動をしていて、少しでも教育格差をなくそうとこのような面からも教育問題に取り組んでいるのです。