フォルスクラブが詐欺と間違えられやすい理由

フォルスクラブが詐欺と間違えられることがある。
この理由として考えられるのがMLMという販売員が教材を売るというシステムを採用している事が考えられます。フォルスクラブは教材を販売員が売る事で販売員が利益を得ることが出来るシステムがあるので、これを詐欺と勘違いされることがあるようです。別に会社員でなくても教材を売る事は法律違反でも何でもありません。ただ、日本ではこうした環境がこれまで無かったので、こうした販売スタイルを見ると、詐欺のように感じてしまう人がいて、フォルスクラブが詐欺のような事をしていると勘違いする人がいるというだけの事です。日本は会社員が店舗で教材を売るという事が長く続いたので、そうでないものを見ると反射的に詐欺と思うような事が多くなってしまっているというだけです。

 

フォルスクラブは何をしている会社なのか。
フォルスクラブが教育サービスをしている会社です。サイトを運営していたり、教材を販売していたり、動画配信をしたり、資格取得向けのレッスンをしていたりと多角的に事業を展開しています。最近ではネットテレビを活用してのビジネスもしていて、近代的なビジネスモデルを作り出しているといっても良いかもしれません。この新しいビジネスモデルが詐欺と勘違いされるような事にもなっている要因かもしれない。

 

フォルスクラブの収益モデルは何か。
フォルスクラブの収益モデルは教材の販売などの教育サービスの利用料金という事になるのでしょう。安いサービス料金で教育資料を提供しているので、コストパフォーマンスを求めている人にとってはかなり魅力的なサービスとなっていると思われます。ただ、その安さも詐欺と考えるような人には怪しいという事をイメージさせる要因となっているとも考えられます。怪しいと考える人の場合は、それまでのビジネスと比較して違うところがあると理解できないという事になってしまうので、ネットでこうした新しい教材を提供するような物が出てくるとこれは詐欺か怪しいビジネスだということになってしまうのかもしれません。

 

フォルスクラブはねずみ講ではないのか。
フォルスクラブはねずみ講でもありません。ねずみ講は商品が流通することなく入会金が下から上に入るというだけのシステムで商品が流通することはありませんから、入会者が限界に達したところで終焉がきて終わるという事になっています。フォルスクラブでは教材というビジネスモデルがありますから、全くねずみ講のようなものではないという事が分かります。ねずみ講は商品が流通することはないので、違法ですし犯罪でもある。フォルスクラブが怪しいという人は、この三角形のピラミッド構造を見て、すぐにねずみ講というものを想像するのですが、組織を作れば三角形になるのは当然のことで、日本の著名な会社も全て三角形の構造になっています。そうなっていない方が怪しいのですが、一度疑うと何でも怪しく見えてしまう事になるのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です