eラーニングのフォルスクラブの香港市場進出

私たちの生い立ち中での学習は、先生の授業を受けノートをとり、帰宅後に宿題やノートを見ながら復習するというプロセスが主なものでした。学校での単位制の考え方も、アメリカの労働者が働く時間を基準に、授業の前の予習に授業時間と同じ時間をとり授業を受け、帰宅後に授業時間と同じ時間復習を行うというものが基本での学習です。この様に現在の学校の授業時間の考え方は、基本的にこれまで行われてきたような先生が教室で授業を行うというモデルの上に成り立っています。


しかし、学ぶ事が爆発でき増えてきている現代においてこの様な学習時間のモデルは成り立たなくなりました。また、その知識についても教室の中だけでは表現できないものも多く出てくる様になってきました。この様な事に対応する為に少し前から授業中にテレビを用いる事が盛んに行われるようになりましたが、実際の授業とは異なり情報がテレビから生徒への一方通行となり、不備が指摘されています。


この様な事も含め、また近年インターネットが急激に普及してきた事もあり、インターネットを用いたeラーニングの導入が試みられています。eラーニングとはインターネットにつながった自分のパソコンやスマートフォンにソフトウェアをダウンロードして、送信会社と自分との間で画像と音声の送受信を行い勉強を行うシステムです。必要な機器は、インターネットにつながったパソコンやスマートフォンだけですので、この環境整備を行うだけで日本中のどこにいても移動中でも授業を受ける事が可能です。その為、自宅でなくても喫茶店の様な場所での学習もできます。フォルスクラブは、この様な時流を的確にとらえてeラーニングを積極的に展開しています。フォルスクラブのeラーニングコンテンツは様々の分野に及んでいますが、特に優れていると言われているのが英語学習コンテンツです。eラーニングでは語学学習に必要なネイティブの発音をつぶさに聞く事と繰り返し学習を効果的に行う事ができます。現在は国内のみ活動ですが、この様な強みを持つコンテンツを有する事からフォルスクラブは世界的な事業拡大を試みています。


その中で、フォルスクラブが目指している事に香港市場への進出があります。世界の中でもアジア地域やアフリカ地域は成長が著しい地域で香港市場もその1つです。その為、世界中の様々の分野の企業が香港市場への進出を行っています。また、この様な事から香港市場では巨額の資金調達が可能となる為に、フォルスクラブの様な国際的活動の為の資金を求めて数多くの企業が進出を目指します。


フォルスクラブの香港市場への進出が可能かどうかについては、ひとえにフォルスクラブの活動が香港市場で認知されて賛同をえられるかにかかっています。その為には、フォルスクラブは香港市場において他企業がどの様に活動しているかの調査は重要になります。いくつかの関門を通過できた後にフォルスクラブの香港市場への進出は達成されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です