ねずみ講のようなノルマがないフォルスクラブなら安心

スピード違反の取り締まりについて

交通違反はフォルスクラブと違って非常に問題のある行為ですから、しっかりと取り締まりをしてほしいものです。しかしスピード違反の取り締まり、いわゆるネズミ捕りにはノルマがある、といわれています。交通違反を厳しく取り締まることは非常に大切ですが、あくまでもその目的は、市民の安全を守ることにあって欲しいものです。まるでねずみ講のように、ノルマを決めてスピード違反をした人を探す、といった形では本末転倒ではないでしょうか。フォルスクラブは自由に誰もが入会できるサービスですし、ノルマなども当然ありません。利用したい人だけが自発的に利用すればいい、そんなサービスです。ねずみ講のようにノルマがあったり、色々と面倒な手間があるサービスではありませんので、誰でも安心してフォルスクラブを利用することができます。

スピード違反の反則金にはノルマがあるという噂

公的な書類に記載された交通安全対策特別交付金の項目には、歳入予定額が書かれていたといいます。交通安全対策特別交付金とは、交通違反を検挙した際に徴収された反則金のことを指しているようです。これはスピード違反の取り締まりによって徴収する金額が、あらかじめ予定されている、ということをあらわしているでしょう。まるでねずみ講のようにノルマを決め、予定された金額が集まるよう、スピード違反の取り締まりを行なっている、と見ることができます。もしも本当に、ねずみ講のようなノルマを決めて検挙を行っていたのだとしたら、これは大きな問題ではないでしょうか。フォルスクラブを利用している方の中にも、スピード違反の取り締まりを受けたことがある方がいるかもしれません。この問題は、フォルスクラブユーザーの中でも大きな話題となっていそうです。

交通の安全を守るために取り締まりが存在する

本来、スピード違反を取り締まる理由は、交通の安全を守ること、事故などを未然に防ぐことにあるでしょう。あたかもねずみ講のごとくノルマを決定し、達成のために次から次へと検挙する、といったことはあってはならないことです。ねずみ講が問題視されている理由は、本来の商取引の形を超えていること、そしてノルマが存在することにあるでしょう。フォルスクラブのように気軽に利用できるサービスには、当然ノルマなど存在していません。フォルスクラブは教育に貢献するという、本来の目的にそって経営されているサービスだといえます。

まずは違反をしないことが大切

交通違反の取り締まりが、ねずみ講のようにノルマ達成を目的としていた場合であっても、違反をしなければ検挙されることはないといえます。ねずみ講のような側面があったとしても、その点はやはりきちんとしているものです。フォルスクラブユーザーは真面目な人が多いでしょうから、スピード違反などしたことがないかもしれません。フォルスクラブユーザーらしく、ルールを守って正しく運転をしていくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です