フォルスクラブの詐欺で困ったときは弁護士に相談

インターネット上には数多くの情報が流れていて、どれが正しいのかを判断するのが難しくなっています。当たり障りのない情報については、その真偽をきちんと判断しなくても問題ないのですが、あるサービスが詐欺まがいの行為をしているといった情報の場合は真偽の判断が不可欠です。最初の判断を誤ってしまうと、適切に利用することができなくなります。ただし、インターネット上の情報は全てが真実であるとは限らず、間違っているものも多く含まれています。発信者の勘違いで間違った情報が流れることもあれば、意図的に虚偽の情報を流す発信者がいるのも事実です。安易に信じてしまうのは禁物だといえます。

 

 

フォルスクラブに関する情報を集める

パソコンで手軽に勉強できるシステムとして、イーラーニングが注目を集めています。さまざまなサイトでイーラーニングを利用することができますが、人気の高い媒体の1つとして挙げられるのがフォルスクラブです。利用できるのが24時間365日なので、それぞれの人が好きな時間帯に勉強することができます。特別なソフトを導入する必要もなく、インターネットに接続できる環境さえ整えていればよいのが魅力です。フォルスクラブは、子どもから大人まで幅広い年代の人の勉強に適しています。

 

詐欺だと指摘されてしまうことがある

ただし、新しいタイプのサービスだからこそ悪質な情報も飛び交っています。たとえばフォルスクラブは詐欺だという指摘です。しっかりとフォルスクラブを利用していれば、それが詐欺ではないことが分かるのですが、名前だけを見て怪しいと思ってしまう人も少なくありません。これからフォルスクラブを利用しようと考えているときは、詐欺だという指摘を鵜呑みにしないことが大切です。ただし、詐欺かもしれないと疑うのは悪いことではありません。最初から詐欺だと決めつけるのは問題ですが、逆に詐欺ではないと決めつけてしまうのも好ましくないのです。

 

誠実な事業を営んでいるから安心できる

フォルスクラブは、公式サイトで商品を販売するシステムを取っています。このことが、慣れていない人には詐欺のように見えるわけです。しかし、いわゆるマルチ商法のような悪質な販売をしているのではなく、自由に勉強できるような体制を整えているに過ぎません。マルチ商法という表現を目にすると、それだけでフォルスクラブは怪しいような印象を持ってしまいますが、具体的な内容を確認した上で判断することが大切です。

 

詐欺に巻き込まれたら弁護士に相談する

もちろん、実際に詐欺の被害を受けてしまったときは素早く対応しなければなりません。フォルスクラブにはサポートサービスがあるため、弁護士に相談するのも容易です。法律専門家である弁護士に相談することができれば、詐欺のようなトラブルに巻き込まれても不安になることはありません。大切なことは、怪しいと感じた時点で相談することです。相談先延ばしすると損失が出てから対応することになり、後手に回ってしまいます。

フォルスクラブが詐欺と間違えられやすい理由

フォルスクラブが詐欺と間違えられることがある。
この理由として考えられるのがMLMという販売員が教材を売るというシステムを採用している事が考えられます。フォルスクラブは教材を販売員が売る事で販売員が利益を得ることが出来るシステムがあるので、これを詐欺と勘違いされることがあるようです。別に会社員でなくても教材を売る事は法律違反でも何でもありません。ただ、日本ではこうした環境がこれまで無かったので、こうした販売スタイルを見ると、詐欺のように感じてしまう人がいて、フォルスクラブが詐欺のような事をしていると勘違いする人がいるというだけの事です。日本は会社員が店舗で教材を売るという事が長く続いたので、そうでないものを見ると反射的に詐欺と思うような事が多くなってしまっているというだけです。

 

フォルスクラブは何をしている会社なのか。
フォルスクラブが教育サービスをしている会社です。サイトを運営していたり、教材を販売していたり、動画配信をしたり、資格取得向けのレッスンをしていたりと多角的に事業を展開しています。最近ではネットテレビを活用してのビジネスもしていて、近代的なビジネスモデルを作り出しているといっても良いかもしれません。この新しいビジネスモデルが詐欺と勘違いされるような事にもなっている要因かもしれない。

 

フォルスクラブの収益モデルは何か。
フォルスクラブの収益モデルは教材の販売などの教育サービスの利用料金という事になるのでしょう。安いサービス料金で教育資料を提供しているので、コストパフォーマンスを求めている人にとってはかなり魅力的なサービスとなっていると思われます。ただ、その安さも詐欺と考えるような人には怪しいという事をイメージさせる要因となっているとも考えられます。怪しいと考える人の場合は、それまでのビジネスと比較して違うところがあると理解できないという事になってしまうので、ネットでこうした新しい教材を提供するような物が出てくるとこれは詐欺か怪しいビジネスだということになってしまうのかもしれません。

 

フォルスクラブはねずみ講ではないのか。
フォルスクラブはねずみ講でもありません。ねずみ講は商品が流通することなく入会金が下から上に入るというだけのシステムで商品が流通することはありませんから、入会者が限界に達したところで終焉がきて終わるという事になっています。フォルスクラブでは教材というビジネスモデルがありますから、全くねずみ講のようなものではないという事が分かります。ねずみ講は商品が流通することはないので、違法ですし犯罪でもある。フォルスクラブが怪しいという人は、この三角形のピラミッド構造を見て、すぐにねずみ講というものを想像するのですが、組織を作れば三角形になるのは当然のことで、日本の著名な会社も全て三角形の構造になっています。そうなっていない方が怪しいのですが、一度疑うと何でも怪しく見えてしまう事になるのかもしれません。

詐欺とは異なるフォルスクラブとは

●フォルスクラブは詐欺ではない
フォルスクラブは詐欺だと思っている人が少なからずいますが、決して詐欺ではありませんし詐欺まがいのものでもありません。
ごく普通の通信教育であり、全く詐欺要素のないものとなっています。
なぜ、詐欺だと思い込んでいる人がいるのかというと、名前が影響していると考えられクラブと名前がつくだけになにかの有料サークルだと思ってしまって、その延長線で詐欺だと思ってしまっている人がいるのではないでしょうか。
特に通信教育のサービスであることから、フォルスクラブの名前も相まって勘違いしているという可能性は十分に考えられます。
実際に日本ではクラブの名のつくものや通信教育は詐欺まがいのものも多く、勘違いしてしまうのも致し方ないといえます。

 

●フォルスクラブは非常に優れたサービス
フォルスクラブは勘違いされやすいものではありますが、その実態は非常に優れたサービスだと言えます。
企業として古くからeラーニングに取り組んできた実績もあり、レベルの高いオンライン学習をすることができます。
通信教育の印象が悪いことからどうしても怪しいと感じてしまいがちですが、eラーニングは非常に利点が多いものであり、これからの時代の学習法として無くてはならないものです。
フォルスクラブはeラーニングの利点を最大限に生かして、今までにはなかった学習を実現しているため効率よく勉強することができるのです。

 

●利用料金が手頃なのがフォルスクラブの強み
通信教育の持つ印象としてお金がかかるというものがありますが、フォルスクラブはお金がかからないのがポイントです。
入会金は1万円と高額なものではありませんし、月額利用料金も6000円しかかかりません。
しかも、家族全員で共有することができ5名まで利用ができるため、5人家族であれば1人あたり月額1200円の費用でしかありません。
家庭で使用しているPCをそのまま使用することができますから、高額な機器を購入させられるということもないので安心です。
専用のタブレットも販売していますが、これは購入が強制ではなく持っていない人が任意で購入すればいいので無駄な出費が発生するということはないのです。

 

●コンテンツが幅広く充実している
通信教育を受ける上で一番重要となるのは、コンテンツです。
どれだけ優れたシステムでも、肝心のコンテンツが乏しければ意味がありませんがフォルスクラブはコンテンツも充実していて、家族揃って高度な学習ができるようになっています。
幼児向けのものが豊富にあり小さな子供がいる家庭の学習に最適ですし、大学入試を控えている高校生がいる家庭で使うこともできます。
資格対策講座も用意されていますから、働きながら勉強をしたいと考えている大人にも役立ちます。
これだけ充実したコンテンツが揃っているため、従来の通信教育にありがちな勉強したいことが何もできないということは一切ないのです。

 

eラーニング研究所は詐欺なのか?

 

「ラジオを聴いていると流れてくるeラーニング研究所のCМ」
私はジムに通っていて、そこで良くラジオを聴きながらトレーニングしています。

そこで必ず流れてくるのがeラーニング研究所の教材の宣伝です。

聞き流すだけで英語が話せるようになるというのです。

テレビコマーシャルでも以前プロゴルファーをイメージキャラクター採用して流していましたが、

調べてみると詐欺という言葉が結構出てくるんですよね。

ラジオでは想像をしながら聞く事になりますので、言われたことをそのままイメージしてeラーニングがどういうものか想像しているのですが、

赤ちゃんが言葉を話せるようになるのと同じメカニズムだと言っていますが、本当なのでしょうか。

詐欺というのは大げさかもしれませんが、その料金システムに疑わしいところがあるのかもしれません。

 

 
「eラーニング研究所は無料で試せるところからスタートできる」
詐欺というワードも出てきますが、eラーニング研究所のアイテムは、無料でCDを届けてもらうことができるので、

それで納得して始める分には問題ないのではないかと思います。

私も英会話が出来たらよいなと、海外旅行をして何度も思ったことが有りますが、

英会話教室に通う時間はあまりないのです。

それを考えると、電車通勤をする際に教材を聞き流すだけで本当に英語を習得することが出来たら

それは素晴らしい事ですよね。

多くの方が成功しているのも事実としてあります。

しかし、思うように効果が出なかったという方も中にはいます。

口コミは最終的には自分で確かめてみないと分からないので、詐欺かどうかも正直分かりません。

 

 
「楽をして英語を習得したいと思います」

とにかく学生時代から英語は苦手でした。

苦手意識があるだけではなく、実際に単語力も無ければ文法もほとんど覚えていない状態なので、

いまさら英会話教室に通ってもちんぷんかんぷんです。
そこで今とても興味があるのがeラーニング研究所の教材です。

詐欺ということを言っている方もいますが、実際自分で試してみないと詐欺なのかどうかは分かりません。

しかし、eラーニング研究所の教材は無料で試すことが出来るので、その段階まではセーフでしょう。

まずはお試しをしてみることから始めてみたいと思っています。

 

 
「eラーニング研究所は信頼できる会社なのか」

なんとなく胡散臭い、詐欺なのではないかという疑問も少々ありますが、楽をして英会話を習得したいといのはあります。

聞き流すだけで耳に英語が入ってきて、それがいつの間にかすらすら話せるようになるといううたい文句のeラーニング研究所の教材は、楽をして英会話を習得したい私にはぴったりです。

多分詐欺と言われているのは、その購入や支払方法にあるのでしょう。

教材を一気に購入しなければならないというのはやはり勇気がいります。
しかし、それによって実際効果があって英会話を習得された方も多くいるという事を見ると、
必ずしも詐欺ではないのではないかという期待もあります。

 

 

eラーニング研究所が詐欺と思うのは間違い

 

eラーニング研究所は何をしているのか
インターネットで検索してみると、eラーニング研究所のことを詐欺という記述をしている内容が見受けられます。でも、まず何をしているところなのかを知らないでそのように評価をしている事が多いです。では、実際に何をしているのかというと、リーズナブルな価格で家庭用のeラーニングを利用できるサービスや教えたい人と学びたい人をつなぐeラーニングのマーケットプレイス、あるいは資格試験対策アプリの提供、無料レッスン動画なの配信などです。学びたいけれども時間がなかったり、学ぶ場所がないという人に対して、最適な学びを受けることが出来るサービスを提供しているわけですが。子どもにとっても大人にとっても「学ぶ」ということは大切ですから、少なくともeラーニング研究所のやっていることは魅力的なサービスの提供といえます。

 

 

無料でも学ぶことが出来る
詐欺ではないかと言われてしまう理由として、皆からお金を集めて還元していない金儲けをしている会社であるということが書かれています。でも本当にお金のことだけを考えている詐欺会社であれば、子供たちのために無料で学ぶことが出来る無料のレッスン動画を提供する事があるでしょうか。有料のオプションサービスがあるとは言え、それは強制ではないのだから無料動画だけでしっかりと勉強できる子どもも少なくありません。そのような貢献をしているeラーニング研究所がお金儲けの会社であるでしょうか。

 

 

有名企業とも手を組むeラーニング研究所
eラーニング研究所が詐欺であることを大声で言う人が多いですが、本当に詐欺を行っている会社であればサービスを提供するためにいくつもの大手企業と提携する事ができるでしょうか?個人であればともかく大手企業であればそれなりの調査能力を持っています。詐欺害者であれば、提携をすれば自分たちに被害が及ぶということは誰でもわかります。それにもかかかわらず上質のサービスを提供するために力を合わせているのです。これだけでもeラーニング研究所が詐欺であると思うのは、間違いであることがわかります。

 

 

eラーニング研究所が倒産してしまう可能性
詐欺だと言っている人たちがリスクと考えているのが、eラーニング研究所が倒産してしまうことで投資したお金が回収できないということです。でも2002年に設立して順調に成長してきて、将来はどうなのかという心配をするときに大手企業との提携が最近行われたばかりということは大きなポイントです。まだまだ成長できる余地がある中で、かんたんに倒産してしまうというのは考えられません。確かに投資をするときにはある程度のリスクを覚悟しなければいけないわけですが、事業内容をみればネットで詐欺だと言っている人たちが騒いでいるほどでは無いことがわかるはずです。正しくラーニング研究所を評価したいのであれば、憶測ではなく自分で詳しく調べることが大切です。

 

 

eラーニング研究所は詐欺ではないので問題ない

eラーニング研究所で検索をしようとすると、検索候補に詐欺といった文字が入っていることがあります。検索の予測候補にこのような文字が入っているということは、多くの人がeラーニング研究所は詐欺なのではないかと気になっていることを表しているといえるでしょう。しかし結論から言うと、eラーニング研究所は詐欺ではありません。eラーニング研究所は、在宅で学習をすることができるサービスを提供しています。スマートフォン向けアプリで資格の対策講座を提供していたり、ウェブ動画で小中学生向けの無料講座を配信していたりします。これらはまっとうなサービスであり、まったく詐欺であるとは言えません。

 


eラーニング研究所の詐欺という話題で上がってくるのが、勧誘に関してです。一般会員はeラーニング研究所のサービスを利用するだけですが、一部のグレードだとeラーニング研究所のサービスを販売することができて、それによって権利収入が得られる仕組みをとっています。その勧誘の際にトラブルとなった方が詐欺だと言っているようです。eラーニング研究所のこのような商売はマルチ商法であるため、イメージは悪いかもしれません。しかし、マルチ商法はネズミ講と違って違法ではありません。きちんと商品を販売しているからです。こちらの場合は、教育システムを利用できるタブレットを実際に販売しているわけなので、詐欺ではありません。権利収入を得られるかどうかという問題はマルチ商法なのであります。末端の人間はまずうまく権利収入を得ることはできないでしょう。これはマルチ商法自体の問題であって、eラーニング研究所の問題ではありません。それに、紹介することができたら収入を得られることは確かなので、詐欺であるとは言えないでしょう。自分で理解したうえで入会するのなら、まったく問題なくサービス自体は利用することができます。

 


サービスも、幼児向けから大人向けまで広く取り扱っているため、家族全員で利用することができます。英会話などもアプリを利用して勉強しやすくなっているので、効率的な学習をすることができるでしょう。最近はeラーニング研究所はラインナップを充実させてきているため、これからもコンテンツが充実してくることがうかがえます。

 


以上のように、eラーニング研究所が提供しているサービスはまっとうなものであって詐欺では決してありません。また、販売して権利収入をえることについても、自分の判断で入会するかどうか決めればよいだけなので、それで利益が得られなかった、というのは自分の判断ミスであることになります。マルチ商法は勧誘を成功させないと利益にならないのは当たり前です。そのことについては勧誘する側も言っているはずです。それを了解したうえで入会するのであれば、やはり詐欺とは言えないでしょう。
結局は、自己判断できちんとサービスを利用することができる方ならば、何らの問題もないということができます。