フォルスクラブと詐欺商材は何が違うのか

◆インターネットには詐欺的な情報商材が溢れている

インターネット上には、詐欺的な情報商材が溢れかえっています。フォルスクラブと違って、たいして役に立たないような陳腐な情報を、さも価値があるように誇大な宣伝をして、高値で消費者に売ろうとしてきます。もっとも現在では、詐欺的情報商材の害悪がだいぶ広まってきているので、引っかかる人はそんなにいませんが、若い人やインターネットなどの知識があまりない人が今でも引っかかってしまっているようです。 情報商材をつくる側も、昔ながらの単純な手法ではあまり売れないので、内容や広告手法などを工夫しており、一見情報商材ではないように見えるようなものもあるので、ネットに詳しい人でも注意しなければなりません。

◆フォルスクラブと詐欺的情報商材との違い

情報商材は詐欺とはいうものの、実は詐欺商材と、普通の情報商品との線引きは曖昧です。どちらも情報・ノウハウなどを商品として売っているわけで、詐欺的なのかどうかの見極めは実に微妙です。情報商材といわれるものの中にも、実は優良な情報・ノウハウを提供しているものもあるからです。フォルスクラブは、詐欺的情報商材とは違い、優良な情報を提供していますが、利用する人によっては、もしかしたら情報商材だと感じてしまう可能性も否定できません。つまるところ、優良な情報商品と詐欺商材の違いは、内容と価格がつりあっているかどうかということなのではないでしょうか。情報の中身と価格がつり合っていれば、消費者は納得するはずです。情報の中身に対して、価格が高すぎると、情報商材のレッテルを貼られてしまうわけです。フォルスクラブが提供する情報は総合的に見てかなり優良ですし、価格も安価なので、断じて情報商材ではないでしょう。

◆フォルスクラブが詐欺的情報商材と誤解される危険

それでも、フォルスクラブが詐欺商材だと誤解される危険はあります。インターネットには、とにかく他人を誹謗中傷したり、企業の商品・サービスを理由・根拠もなく非難したりするのが好きな人種が、少数ながら存在しています。こういう人々は、もうどうしようもないです。フォルスクラブがこういう人達のターゲットにならないように祈るばかりです。批判好きの方々は、どうせするなら詐欺的な情報商材の方を狙えばいいのにと感じます。

◆詐欺商材はフォルスクラブのように長くは続かない

情報商材であふれかえっているネット世界ですが、しかし私はあまり心配はしていません。詐欺商材は、やなり長くは続かず、いずれは淘汰されていってしまうものです。一度騙された経験をした人は、もう二度と買わないように警戒するようになるでしょうから、変な詐欺商法はそのうち誰にも相手にされなくなってしまいます。一方のフォルスクラブのような優良な情報は、いろいろ非難されることはあるかもしれませんが、いずれ必ずその真価が評価され、多くの人々に受け入れられていくはずです。時間はかかっても、本物は必ず生き残るということでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。