フォルスクラブが詐欺集団と誤解されてしまう理由

〇フォルスクラブの学習システムで教育格差を解消できます

フォルスクラブという学習システムが存在します。フォルスクラブの学習システムはスマートフォンやパソコンが手もとにあれば、だれでも気軽にどんな場所からもアクセスでき勉強をすることが出来るんです。フォルスクラブの学習システムは入会金の他月額費用6600円で利用できてしまいます。パソコン一台で家族五人までフォルスクラブの学習コンテンツを使うことができ、一人頭の月費用は1300円と非常に安いんです。 収入が低い家庭であってもこの費用ならフォルスクラブのコンテンツを導入し、高度な学習を行うことが出来るのです。フォルスクラブのコンテンツの中には大学受験対策講座もあります。これは大手予備校講師人を招き、高度な授業が行われているので、フォルスクラブの導入で充分大学受験対策となるわけです。また株式会社イーラーニング研究所が手掛けるアプリには、大人に向けた資格試験対策アプリなどもたくさんあり、宅建や行政書士など受験対策が出来るようにもなってます。

〇フォルスクラブが詐欺や詐欺集団と言われてしまう理由を説明します

フォルスクラブが詐欺であるとか、詐欺集団であるというのは誤解であり、真っ赤な嘘であると断言できます。なぜ詐欺や詐欺集団と誤解されてしまうのか、それはフォルスクラブの独特の販路によってそうした誹謗中傷を受けることが考えられるのです。フォルスクラブは店舗を構えず、口コミや紹介によって学習コンテンツを販売してます。このようにほかの企業とは違う販路であると、胡散臭いと感じてしまい詐欺だ、詐欺組織だと短絡的に考えてしまう人が一定数居るのです。フォルスクラブは単に店舗を構えない信頼のおける企業なんです。

〇現在の日本の教育の問題点などをご説明します

日本の教育は、決して充実しているとは言い難い状況です。それは高校進学や大学進学には、非常に費用が掛かってしまうからです。先進国の中でもこれほどまでに学費が高い国も少ないと言えます。ほかの先進国では大学卒業まで教育費が無料であったり、奨学金も返済義務がないなど非常に充実していて、だれもが希望すれば自分の学びたいことを好きなだけ学べる社会が構築されてりのです。しかし日本は、経済状況と教育は切り離すことができない関係性であり、お金がなければ学びたい勉強も学べず、大学など進学することができません。家庭の経済状況が悪くて、無理して大学などに進学してしまうと奨学金という名の借金を抱えることになり、卒業後何十年もその学費を返済していかなければならないんです。奨学金の返済の圧迫でなかなか結婚できなかったり、家計が火の車になっている家庭も少なくありません。また日本はデフレ経済で年収が400万円前後のサラリーマン家庭も多いです。一方少数ではあるものの、起業して数千万円や億を稼ぐ家庭も存在します。こうした収入格差は教育格差に直結していて、収入の低い家庭では学校の勉強の遅れを塾や予備校で補足できなかったり、十分な大学受験対策がお金がないことでできないといったことも起こっているんです。さらに、新型コロナ感染拡大によって学校の学習もオンライン授業になっていて、慣れない環境での勉強は子供たちの学習の遅れにつながってきています。このような世界でもしっかりと教育を届けるためにフォルスクラブは今日も活躍しているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。