ネズミの絵本の謎とフォルスクラブ

ネズミをモチーフにした絵本の多さ

動物をモチーフにした絵本は、数多く存在しています。その中で意外と多いのが、ネズミを主人公にした作品です。猫や犬など身近な動物とは違い、ネズミはどちらかといえば害獣だといえます。げっ歯類はかわいい生き物ですが、普通のネズミといえば家の屋根裏や下水道などに住み着く、あまりきれいではない動物だというのが一般的なイメージではないでしょうか。 フォルスクラブをプレイしている時、屋根裏からネズミの鳴き声が聞こえてきたら落ち着かない気分になるものです。フォルスクラブに集中できなくなってしまう、なんとかして駆除したいと考えるものでしょう。

家の中で害をもたらす存在といえば

日常生活をおびやかす害のある生き物といえば、あの黒いツヤツヤした虫です。台所であの虫を見てしまったら、思わず恐怖で悲鳴をあげてしまう人も多いでしょう。部屋の中をあの虫に歩かれたら、フォルスクラブどころではなくなってしまいます。害虫は衛生面に悪影響を及ぼしますし、何よりも見た目の恐ろしさがストレスになるものです。しかし実際のところ、危険度の高さでいえばネズミのほうが上だと考えられます。ネズミは病気を運ぶといわれていますから、あの虫よりはるかに害が大きいといえます。しかし不思議なことに、あの虫をモチーフにした絵本はあまり存在していません。

様々な危険をもたらすネズミという害獣

ネズミが持つ危険性は、病気の媒介だけではありません。電線等をかじってしまうことがあるため、漏電のリスクも高まるのです。かじられたコードから火花が散って、火災が発生するということも考えられます。フォルスクラブをプレイするためにはタブレットなどが必要ですし、それを起動させるためには電気が必要です。もしもネズミによって電線が切られてしまったら、フォルスクラブを利用することはできなくなってしまいます。ネズミは不衛生なだけでなく、日常生活をおびやかすこともある危険な害獣の一種なのです。

フォルスクラブで勉強してもわからないこともある

ばい菌と病気を運んだり家屋に被害を与えるなど、様々な危険を持つネズミですが、なぜ絵本では人気モチーフとして扱われているのでしょうか。害の少ない生き物よりも数多く絵本に登場する理由は、まったくの謎です。見た目がかわいい、と考えることもできますが、かわいくて身近な動物なら他にもたくさん存在しています。たとえば公園によくいる鳩や雀、きれいな蝶やてんとう虫などが挙げられるでしょう。こうした害のない可愛らしい生き物よりネズミのほうが人気となっている理由は、いったいどこにあるのでしょうか。ちょっとしたわからないことなら、フォルスクラブで勉強をすればすぐに理解できるものです。しかしネズミが人気者である理由は、フォルスクラブで学んでも一向に理解できません。絵本の主な読み手である、小さい子供の目線になってみたら、その理由がわかるのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です