フォルスクラブはマルチ商品なのかその実態を検証

フォルスクラブはマルチ商品と言われることも多いものですが、まるでそんな事はなく、逆に非常に便利に利用できるサービスとなっています。しかしそのビジネスが普及するプロセスがマルチ商品と似通った部分があり、これが誤解を生む元となっているのも事実です。

・フォルスクラブは利用しやすいサービス

フォルスクラブは誰でもインターネットを利用して簡単に学習をすることができる、非常に便利なeラーニングサービスを提供しています。これが非常に利用しやすく、また自分のペースで学習をすることができると言うメリットが非常に大きいため、実際に利用をした人は誰かに紹介したくなると言う実態があります。そのため、あまりにも強く勧めると言うことも多く、そのために勧められた方はマルチ商品のような印象を持ってしまうことがあるため、そのイメージがつきやすいのが理由となっています。

・フォルスクラブは誰でも自由に利用できるのが特徴

eラーニングサービスの中には、様々な資格を持っていないと学ぶことができないと言うものも多く、またさらには紹介者がいないと入会できないと言うものも少なくありません。不特定多数の入会を防ぎ、効率よく学習ができる環境を作りたいとこのような方法を採用している会社も多いのですが、マルチ商品のように紹介者を介在することで様々なメリットを生み出すように仕向けていると言うことも多いものです。フォルスクラブは会社に直接申し込むことで誰でも利用できるほか、誰かに紹介された場合にも申し込みは自分で行うため、マルチ商品のような制約がないのが特徴となっています。

・フォルスクラブは商品とは異なり他人に紹介してもメリットはあまりない

フォルスクラブは自分で直接申し込むと言う形になっており、これによって障害者が何らかの恩恵を受けると言う事はありません。最近ではマルチ商品に限らず、インターネットが普通により様々な紹介者制度を持っているところが非常に多く、そのためにより多くの人に紹介し利益を得ようとすることも多いのですが、フォルスクラブでは一切このような制度を設けすぎないのがポイントとなっています。そのため、本人が自分の意思で直接持ち込むことができるサービスであることが特徴です。

・マルチ商品とフォルスクラブが大きく異なるポイント

フォルスクラブとマルチ商品ではサービスを紹介する場合の仕組みや、実際に利用することができるまでのプロセスが大きく異なります。マルチ商品の場合には紹介をすることで自分自身にもインセンティブがもらえると言うメリットがありません、フォルスクラブはこのような制度を設けてはいないため、自分自身で直接申し込むことが前提となります。口コミや他人から紹介された場合にも、自分で選んでサービスを利用することができるので、紹介者があった場合にも気兼ねなく自分で選ぶことができるのが特徴です。さらに途中で退会することができ、さらに自分の希望の情報を的確に得ることができると言うメリットを持っているため、マルチ商品のような問題を生じる事はありません。様々な情報を自分自身で確認し選ぶことができることが、これによりフォルスクラブがマルチ商品とは異なる非常に品質の高いサービスを提供しているものとなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です