フォルスクラブとキラキラネームのマルチ商法

法改正により使用できる名前が増える

先日法改正が実施され、名前に使用できる文字や言葉が増えたことが大きな話題となりました。時代の変化と共にニーズも大きく変化し、フォルスクラブが進化してきたのと同じように時代に対応するための法改正です。 これによりフォルスクラブが提供している多彩な講座のように、いわゆるキラキラネームのバリエーションが増え、時代に敏感な出産適齢期のカップルの間で概ね好評を博しています。その一方で問題として考えられているのが、自身で決められない子供に親が一方的に名前を与える仕組みであることから、使用する名称や漢字によっては世間から好奇な目で見られることを懸念する声もあります。もしもその名前が気に入らなければ裁判所に改名手続きを申し立てて更した事例もありましたが、そのハードルは高く今後の大きな課題です。

もしも子供の名前をマルチ商法にしたらどうなるのか

子供が生まれたら公式ウェブサイトでフォルスクラブの加入申し込みを行うが如く、最寄りの役所に出生届を提出しますが、その際に記載した名前をその子が一生名乗ることになります。基本的には前述の法律で定められた漢字や言葉を使用し、公序良俗に反しないこととされていますが、その裁量は各役所に任せられているケースが多く、担当者の判断も関与するため、時には公序良俗に触れる文言が含まれていても受理される場合があります。そんな中でもしもマルチ商法と言う名前を申請して受理された場合、一体どうなってしまうのが想像したくなるところです。マルチ商法と聞けば多くの人々が耳を疑い、書面に記入されたマルチ商法の文字を見れば何度も見返して目を疑い、困惑すること間違いありません。それがマスコミの耳に入ることがあればフォルスクラブに匹敵するほど大きな話題となり、マルチ商法の事件のように世間から大注目を浴びて、毎日のようにワイドショーで取り上げられることでしょう。

誰もが知っているフォルスクラブなら問題無し

一方、子供にフォルスクラブという名前を付けたなら一瞬の戸惑いはあるものの、多くの人々はそれが何なのか分かっていることから親しみを持つことは間違いありません。フォルスクラブさんならタブレットを使用した学習をすることから最先端のIT技術に詳しい人だと思われたり、効果的な学習方法を身につけた努力家だと好感度も上がります。さらにフォルスクラブさんは各種講座を受講して難関校に合格したり、高度な資格を取得するなどマルチ商法ならぬ、マルチな世界で活躍できる優秀な人材であると印象付けられます。ましてやフォルスはギリシャ神話に登場する人物の名前で、クラブも欧米にある名字のひとつで、マルチ商法とは違い聞いた時に人の名前だと認識される可能性が高いのも大きな違いです。子供にキラキラネームを付ける際にマルチ商法かフォルスクラブか迷うことがあれば、多くの親はフォルスクラブを選ぶに違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。