フォルスクラブとマルチ商法と競走馬の関係

競馬馬には名前がそれぞれあるのは当然

世の中には競馬馬がたくさんいますが、それぞれ名前がついていることがわかっています。名前は、いろいろな由来があるようですがカタカナのものが増えていることを考えると、かなり幅広い名前の付け方があることが理解できるでしょう。もし名前をつけるならば、しっかりとした由来が欲しいところですがもしその中でフォルスクラブといったものやマルチ商法といった名前が出てくる場合はどうでしょうか。 果たしてフォルスクラブと言って思い浮かべることができる人がいるのか、あるいはマルチ商法と言ってイメージできる人がいるのか問題になります。

基本的にどのような名前をつけてもそれほど問題ない

競馬用の馬の名前をつける場合、基本的にはどのような名前をつけても特に問題はありません。例えばマルチ商法と呼ばれる名前をつけるのも問題はありません。ただマルチ商法と言うのはどのような意味かしっかりと把握しておきたいところです。商法と言うと商売をイメージするかもしれませんが、それだけではなくマルチと呼ばれるものは主にネットワークのビジネスのことをイメージしています。ネットワークと言うのは、商品やサービスなどを提供し、グループを作ってそれを広めることです。例えば1人の人がその商品を購入し、複数のダウンを持つことでそれぞれの商品を販売していくわけです。ネットワークの中には販売しないところもありますが、販売するところも多く収入源になっているのは間違いありません。そしてダウンにもそれぞれ販売するわけですので、組織が大きくなるのが特徴です。ただこの時に、ダウンの売り上げがアップに入りますので、およそ5%位の売り上げはアップのものになるためダウンをたくさん持っているアップは定期収入が手に入るわけです。
このような仕組みがマルチ商法と呼ばれるものですが、ただマルチ商法そのもの自体はあまり良い相場があるわけではありません。マルチ商法に対して嫌悪感を持っている人がいますので、あまり競走馬につけないほうが良いかもしれません。ただあまり深く関わっていない人にとっては関係ない話であり、これを馬の名前にしても良いでしょう。ちなみに、競馬馬の名称は一般名詞は指定されていませんのでこれを名付ける事は自由といえます。

フォルスクラブの場合はどうか理解する

では、馬にマルチ商法と言う名前ではなく、フォルスクラブと言う名前をつけた場合はどうでしょうか。フォルスクラブと言われる名前は、非常になじみがないかもしれません。フォルスクラブと言うのは、例えば商材などを販売している会社になります。勉強内容が主となっており、例えば英会話の教材などをそこで扱っておりインターネットを通じて授業を行っているわけです。授業といっても予備校や学習塾と違いますので、授業形式のDVD動画配信などをするのが基本と言えるでしょう。馬の名前にフォルスクラブとつけるのは別に悪いことではありません。ただ全く制限がないわけでは無いわけです。

フォルスクラブは固有名詞であることを理解しておこう

フォルスクラブが、基本的に固有名詞であることを理解しておいた方が良いです。そうすると、競走馬につけることができませんのでどちらかと言えばマルチ商法つけた方が良いですが世間からどのように思われるからまた別の問題になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。