フォルスクラブとネズミ講のシステム

スマートフォンは現代のアイテムであり、欠かすことが出来ない物です。仮に大正時代にスマートフォンがあったならネズミ講のシステムが通用したでしょうか。そしてフォルスクラブは人々の間に影響を与えることが出来たかという点を考えます。

【大正時代にフォルスクラブがあった場合】

仮に今から百年近く前にフォルスクラブがあったなら、世の中はどうなっていたでしょうか。当時の人々は驚いたに違いありません。日本は長い間鎖国をしていましたから、世界の発展途上国からかなりおくれを取っていました。もちろん当時の発展途上国であっても、かなり進歩は遅かったことがわかっています。ネズミ講のシステムなどは存在しませんでした。明治時代になって海外から日本を訪れる人があらわれます。日本人の風習を奇妙に感じた人も少なくありません。ちょんまげやお歯黒などです。文化はその地域独特のものですから、別の地域の人には受け入れがたいものがあるのも当然です。

【フォルスクラブは時代に適合させて生き残る】

フォルスクラブはその時の合わせた方針を採用しています。時代の移り変わりは非常に早く、今日さかんに提唱されていたことでさえ明日になれば反対のことが言われています。大事なことはそれに振り回されないようにすることです。何にでも飛びつくなら、主体性がなく振り回されます。信念をもって行うならネズミ講であっても損をすることはありません。人の寿命はそれほど長くないため、蓄積できる知識も限られています。その限られた知識の言いなりになるのは決して賢いことではありません。

【フォルスクラブやネズミ講は昔も今も変わらない】

仮に大正時代にフォルスクラブがあったとしても、根本的な方向は変わっていないはずです。人間が必要とするものも昔から変わっていないからです。真夜中に懐中電灯を持たずに歩くのはどんな気分ですか。一人では怖くてとても歩くことはできないはずです。携帯電話の懐中電灯機能が使うなら安全です。前方の様子がよく見えますし防犯効果にもなります。それと同様に懐中電灯のようなものが人には必要です。前に何があるかを教えてくれるツールです。ネズミ講がどんなものかを教えてくれます。たとえネズミ講であっても怖くありません。

【人間の必要を満たすフォルスクラブが行いたいこと】

人々は昔から、お互いに関わり合い興味をもち生きてきました。誰からも関心を示されないなら、孤独を感じ生きる意義さえ見失ってしまいます。しかし現代人はともすると、大海原に浮かぶ無人島での生活のようになってしまいます。ソーシャルメディアで人とメッセージのやり取りはできても、生身の人間が目の前にいると何を話せばいいかわかりません。もちろんネズミ講についても全くわからない状態です。ネズミ講について正しい理解をすることは社会人として不可欠です。そうすれば失敗をすることはありません。人生の中でお手本とする人を見つけることも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です