特殊詐欺被害の防止に貢献するeラーニング研究所

警察が注意喚起してもなくならない特殊詐欺

特殊詐欺は、警察や自治体などが注意喚起をしてもなくなりません。
定期的に特殊詐欺で高額を騙し取られた高齢者のニュースが報じられ、それを不正だと表彰される銀行員やタクシー運転手などもいます。
後者のニュースは特殊詐欺の被害を防いでいるので喜ばしいものですが、これだけ注意喚起しても亡くならないのは大きな問題です。
そのため近畿二府四県の警察と製パン会社が協力し、商品パッケージに特殊詐欺を防ぐためのメッセージを印刷し販売しています。

ラッチパックで防げるかもしれない特殊詐欺

特殊詐欺を防止するメッセージが印刷された商品は、コンビニなどで販売されているランチパックです。
ランチパックは手軽に食べられる美味しいパンとして定番の人気を誇るベストセラー商品ですから、一度は食べたことがある人も多いでしょう。
コンビニやスーパーのパン売り場でランチパックを目にするだけで特殊詐欺の注意喚起が目に入りますし、商品を購入すれば嫌でも目にするので被害を防ぐ効果は高いと考えられます。
eラーニング研究所も世間で問題になっている特殊詐欺を防ぐために、こうした取り組みをできないか考えるべきでしょう。

eラーニング研究所ができる特殊詐欺を防ぐための注意喚起

特殊詐欺の注意喚起を行うことは、立派な社会貢献です。
被害者に落ち度があるとは言えば最も悪いのは犯人ですから、少しでも被害者を減らすためにはeラーニング研究所にもできる方法があるはずです。
まず思いつくのは、ランチパックのようにパッケージに注意喚起のメッセージを印刷することです。
しかしeラーニング研究所が提供しているサービスというのは、実態があるものばかりではありません。
ネット上で展開されているサービスも多いので、ランチパックのようにパッケージに印刷するのは無理があります。
そこでeラーニング研究所ができる方法として考えたのは、サービス内に注意喚起のメッセージを表示される方法です。
たとえば画面の片隅に特殊詐欺の注意喚起を表示しておけば、eラーニング研究所を使っていると自然止めに入ります。
常に目に入るところに表示させておけば頭の片隅に定着しますから、特殊詐欺の被害防止に貢献できるでしょう。

eラーニング研究所ならではのやり方もある

しかし画面上に常に注意喚起のメッセージが表示されていると、集中力をそがれてしまいます。
やはりeラーニング研究所はランチパックとは別のやり方で、特殊詐欺の防止に貢献するべきだと考えられます。
eラーニング研究所だからこそできる方法は、人々に必要な知識を植え付けていくことです。
特殊詐欺の被害というのは、知識があれば簡単に騙されません。
被害に遭う人のパターンを分析しそれを知ることによって、冷静に対処できるので簡単には騙されません。
eラーニング研究所は多くの人に教育の機会を提供していますから、それを使って被害を減らすのが正しい方法でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です