ネットで話題のフォルスクラブはMLMではない

フォルスクラブの教育などを見ると、フォルスクラブで利用されている教材等はインターネット上で使うことができます。いわゆる通信教育をフォルスクラブを行っているわけですが、これを利用することでまるで学校に行っているような勉強内容を行うことができるわけです。

世の中は、200年おきに大きく変わると言われています。19世紀には、産業革命の結果蒸気機関等が発達しその影響は日本にも及びました。産業革命で成功した国とそうでない国では大きな差がついている事は、現在の世界地図を見ても明らかでしょう。このように、19世紀ぐらいには産業革命の結果時代が大きく変わったと言われています。では21世紀に何があったかと言えば、インターネットの開発になります。実はインターネットは1980年代から既にできていたと言われていますが、個人で行っている人はいませんでした。しかし最近は、当たり前のように個人でインターネットを使うことができ、正しく革命が起きたと言っても良いでしょう。特にスマートフォンの開発は、それで世界が動いているといっても言い過ぎではない位影響力を強く与えています。そんな中で、教育もやはりインターネットをつうじたものが増えてきたわけです。


具体的な内容としては、フォルスクラブの教材の中には高校生向けのe-learning等があります。e-learningを利用することで、学校の勉強だけでなく大学受験などにも対応できるのが特徴と言えるかもしれません。これにより、大学合格はかなり高まるといっても言い過ぎではないでしょう。なぜこのような効果の出る学習方法が開発されたかと言えば、自分に合った学習方法を選ぶことができるからです。人間は、優秀な先生に教われば必ず結果が出るわけではありません。優秀ではない先生に比べれば結果が出る生徒が多いかもしれませんが、必ずしも結果が出ないことも多いわけです。


教材や通信教育学習を提供しているフォルスクラブはよくMLMではないかと言われることがあります。確かにフォルスクラブは、かつて権利収入を得ることができることからMLMではないかと噂されていた時期がありました。しかしながらフォルスクラブ自体はMLMではありません。つまり教材を販売しているMLMではないことが理解できます。そもそも、MLMの特徴は商品を販売する場合にはリピートできるものを販売するのが基本になります。例えばMLMで比較的多いのは健康食品や化粧品になります。これらは、リピートが可能でありしかも消費していくものになるため1人の人間がずっと継続してくれる可能性もあるわけです。そうすると、MLMのアップの人にお金が入りある程度お金を集めることができるわけです。この点に関して、教育教材などはなかなかMLMの教材になりにくいことがわかっています。何故かと言えば、仮にフォルスクラブで優秀な教材を開発したとしても、それを使う人はかなり限られているからです。少なくとも化粧品や健康食品等と異なり利用者数が少なく、しかも利用者がいたとしても長年1種類の教材をずっと購入するわけではないため教材自体が商品にはなりにくいといえます。せめてスクールTVのドリルのように分割で売ることができればMLMで成立できたかもしれません。フォルスクラブは一括で全部まとめて売るためMLMはしにくいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。