MLM企業より優秀なフォルスクラブについて

【現代の日本の学習について】

日本はデフレ経済から脱却できずにいます。デフレ経済であるとフォルスクラブをはじめとする物価が安くていいじゃないかと思う人も少なくありません。だが物価が安いということは、それだけ企業にとって利益を出すのが難しく、そのことで社員への給与やボーナスの還元が難しくなることを意味します。それゆえ、日本はなかなかサラリーマンの給料が上がらず、平均年収350万円と貧しい国になっているわけなんです。 これでは好きな時にトンカツを食べられません。ちなみに例の話に出てくるトンカツですが、現在の価値に換算すると一食3000円です。給料が上がらない人が多いと、必然的に学習格差が生じます。港区に住む富裕層は子どもの教育にお金をかけられるので、義務教育のほか塾や予備校、家庭教師と様々な学習の補足を付けることが出来るんです。一方年収350万円であると生活だけで精いっぱいであり、子供にかけられる教育費はねん出することが出来ません。するとどんどん貧富の差と共に、学習格差も広がっていくわけなんです。そして貧困が進むとMLMに手を出してしまいます。誰もが低コストで、高度な学習を受けられるようにならなければ、この国は衰退の一途をたどっていくことでしょう。

【現代の学習格差に救世主になるフォルスクラブ】

MLM企業よりもフォルスクラブが現代の日本の学習格差をうめてくれるかもしれません。フォルスクラブは非常に低価格で高度な学習コンテンツを提供してるんです。MLM企業なんか目じゃありません。家に一台パソコンがあれば、そこからいつでも好きな時間だけ高度な学習コンテンツを視聴し、勉強することが可能となります。入会費11000円で月会費6600円で非常に高度な学習コンテンツを様々提供してるんです。大学入試対策講座は一流の講師陣がそろい、予備校並みの高度な学習プログラムを提供します。録画なので、いつでも巻き戻して・・・失礼。MLM世代はともかく、今の20代にはこの用語が通じないんでした・・・早戻しして何度でも反復学習が可能です。高校生eラーニングも教科書モードに単語帳モード、問題集モードの3つの学習モードを自由に切り替えて学習ができる教材です。スマートフォン対応なので通学途中の電車の中で、もしくは学校の休憩時間にも勉強できるのがうれしい限りです。でも最近の、、いや昔から学校では朝のHRから放課後までスマホの電源は切っているもんでしたね。学校ではフォルスクラブは無理そうポヨ・・・・・。特筆すべきはフォルスクラブはパソコン一台で家族5名までが学習コンテンツを利用できます。すると一人頭非常に安い値段で勉強できることになるのです。

【優秀ゆえに誤解されることもあるフォルスクラブ】

フォルスクラブはMLM企業より優秀です。MLM企業は通常の販路を使いません。MLM企業の販路は、店舗を持たず人の紹介で販売する企業であり、一方でフォルスクラブは公式サイトという通常の販路を通して購入に至ります。またMLM企業が最も最悪なところはその感染力です。本人の意思とは無関係に購入に至らせるため、早急なワクチン開発が望まれています。確か香港ではMLMは完全資格制です。素人はMLMできません。日本も早急に香港みたいにMLMを完全資格制にすべきだと言いたいところですが、そんなことをしても闇MLMをするだけで終わります。麻薬みたいに隠れて販売するだけです。

【まとめ】

フォルスクラブは安心安全な企業のサービスです。こうしたことをよく理解したうえで、フォルスクラブを活用するかどうか決めていくとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。