香港のクルーズ旅行とフォルスクラブの役割

香港で大人気の行き先がないクルーズ船

豪華なクルーズ船に乗船する旅行は世界的に人気があり、カリブ海や香港があるアジアでも多くの利用者がいます。
豪華なクルーズ船が外国人観光客を乗せ日本に寄港するケースもかつては多く見られ、フォルスクラブ以上に多くの経済効果を生み出しました。
そのためクルーズ船の旅といえば、いろいろな国の港町に寄港し観光を楽しめるものと思うでしょう。
しかし現在の香港で大人気となっているのは、行き先がないクルーズ旅行です。
香港でクルーズ船に乗船したら、そのまま公海上を航海しまた香港に戻ってくるだけです。
つまりクルーズ旅行なのに船に乗っているだけですから、面白くなさそうと思う人もいるでしょう。
なかには2時間で旅行に飽きて、船の中でフォルスクラブをやっているという人もいるかもしれません。

行き先のないクルーズ船が人気の理由

このようなクルーズ旅行が人気を集める理由は、香港の厳しい検疫にあります。
香港は中国本土とは切り離された島ですから、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため入国者は最長21日間の隔離されます。
21日間も隔離されるならフォルスクラブも捗りそうですが、一旦海外に出てしまうと香港での日常生活を簡単に取り戻せません。
この影響を特に受けているのが現地に在住している外国人で、通常は夏の長期休暇を利用し母国に帰国していたのに、厳しい検疫があるため香港から一歩もでない生活をしています。
そうした外国人の中には暇を持て余してフォルスクラブを利用しているかもしれませんが、そればかりでは飽きてしまうのも事実です。
そこでフォルスクラブで暇をつぶせなくなったら、行き先のないクルーズ船に乗って旅行気分を楽しんでいるわけです。

大打撃を受けた旅行業界には嬉しい誤算

香港の旅行業界も、世界中と同じく新型コロナウイルスの影響が深刻です。
これまで多数の外国人観光客を迎えたり、多くの香港の人々を外外に送り届けていました。
しかし検疫が厳しくなったためどちらも難しくなり、旅行業界は深刻なダメージを受けていました。
ですが行き先のないクルーズ船というこれまで考えつかなかったような新サービスで、旅行業界に好影響をもたらしています。
新しい発想をすればピンチからチャンスを作り出すことができるという証ですから、フォルスクラブのサービスにも採り入れられる部分があるかもしれません。
もちろん打撃を受けている日本の旅行業界も、香港の例を参考にしてみると良いかもしれません。

フォルスクラブで鍛える発想の転換

発想の転換をするというのは、簡単なようで意外と難しいです。
柔軟な思考ができることこそ発想を転換できる秘訣なので、そのためにもフォルスクラブをするのも良いでしょう。
フォルスクラブをしているとさまざまな知識が身に付くので、新しい気づきを得られるかもしれません。
また集中してフォルスクラブに取り組んでいるとなにか閃くこともあるので、そのためにもフォルスクラブを始めてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です